(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
「Villers-Bocage: Autopsie d'une Bataille 13 juin 1944
 梅雨が明けたというのに、このところ少々天気がいまいちで今日30日は朝から雨が降っている。その結果として窓を全開にすることができないのだが、ここはひとつ我慢することで、財布の負担を少しでも軽減してやろう。

 BSスカパーでは、1年ごとに1か月間無料視聴チャンネル・サービスがあるのだが、オヤジの場合は8月がそのサービス期間にあたっており、しかも1日からの視聴開始なのだが、実際には28日から見ることができた。これはありがたいゾ。

 しかし国会閉会審査を2日間見ていたら、ド腐れ野郎安倍とその詐欺政権の答弁には唖然とした。何しろまったく答えにはなっていないし、何かというと記憶にないの連発だ。これがあいつらの実態なのだな。嘘と出鱈目で武装してやがる。

 まあ人間だから、忘れるということはもちろんあろう。それはいい。しかし公の場において、自分は1年前の記憶もない無能でございますと恥じることなく発言したのだから、こんな奴らの給料は即刻1/10に減額すべきであろう。これも当然のことだ。

 むかついたのはこれだけではない。国家社会主義日本労働者党から金をもらっている御用ジャーナリスト田崎史郎がTVに出てきて、ド腐れ野郎の擁護に終始していること。まったくふざけているよな。こんな野郎はもう出すなよ。TBS。

 さて今回は、昨年5月にフランスのエイムダル出版から刊行された「Villers-Bocage: Autopsie d'une Bataille 13 juin 1944」を紹介しよう。そのタイトルからもわかるように、ヴィットマンとそのティーガーによりイギリス第7機甲師団第422機甲旅団が惨敗した、ヴィレル・ボカージュの戦闘を1冊に凝縮した本なのだ。

  当時の戦況から項を起こし、ヴィットマンが第2中隊長を務めるSS第101重戦車大隊のカーン方面への移動、ヴィレス・ボカージュ付近への到着と布陣、7月13日朝におけるヴィットマンの攻撃、ヴィレス・ボカージュ町中での戦闘状況、213高地への攻撃、装甲教導師団の反撃、101重戦車大隊第1中隊の戦闘行動、ヴィレス・ボカージュでの戦闘再総括、戦闘後のヴィレス・ボカージュの各章で構成されている。

 そして未発表写真を多数交えながら総括的に戦闘の実態が綴られ、CGによる写真の着色加工や合成などを駆使して、これまでの本には見られないリアルな仕上りも本書の特徴だろう。町中に放棄されたヴィットマン車の後方から撮影された写真の掲載されているが、画質が非常に悪いのは残念だ。

 加えて巻末には追補として、当時におけるSS第101重戦車大隊の編成と車輌番号、そしてその車長一覧や、戦闘に参加した第1、2中隊の戦術マーク・カラー図、午前中の第2中隊戦闘状況、装甲教導師団の戦闘状況、7月14日から16日にかけてのティーガー戦闘状況、町中に放棄された撃破戦車のその後、ヴィットマンの略歴、戦闘直後のヴィットマンへのインタビュー、ヴィレス・ボカージュの破壊状況、そして資料一覧が用意されている。

 本書によりこれまで不明であった数多くの事実が明らかとなったが、それは商業誌に書く予定なのでここでは触れない。しかしヴィットマンに興味のある方ならば、ぜひとも入手をお勧めしたい本だろう。

 オヤジはコメントをくれる楠木君に頼んでイタリア・アマゾンから購入してもらったのだが、この出版社の常としてまず英語版は出ないと思われるため、フランス語の辞書は必須だ。そう、フランス語というのが、本書最大の欠点なのだ。
古い友達に会った感じ
 今日13日も、昨日同様に朝から暑い。そして朝からHJ誌の原稿を書くことになったので、やむを得ず空調を入れた。ただ最近少しは利口になって、温度は26度に抑えているので少しは電気代の節約にはなろう。まあ気休めだがな。

 オヤジはいつも7時からTBSの朝ちゃんを、自動的に電源オンとするように設定しているのだが、今朝その中で最近回転寿司のご飯を食べずに、上のネタだけを食べることが話題となっていた。

 オヤジからすればそんな奴がいるのかと思うのだが、インタビューの中でダイエットのためといい、自分の金だから残すのは自由だといいやがった女たちが複数いた。とんでもない下種な女たちだとしか思えない。

 まずダイエットならば最初から食べる必要はないだろうし、食べるのならば自分の食べられる量を最初から選び、きちんと食べる。そうしなければ人間の口に入ることにより失われた命と、それを生産している人たちに対して失礼ではないか。

 日本人は食事をする前にいただきますというのだが、それは作った人への感謝の気持ちに加えて命に対する謙譲の言葉なのだが、さっき書いた女たちの親は、自分の娘にいったいどんな躾をしてきたのだろうか。こんな奴らは地球上に生きていく資格はないゾ、早く去ね。

 さて今回は、エアロファックス出版の「Boeing kc-135 Stratotanker」を紹介したい。その刊行は1997年と約20年前と古い本だが、なぜ紹介するかというと、それにはオヤジなりの訳があるのだよ。

 もちろんリリースされてすぐ購入した本だが、エアワールドが会社をたたむ際にその無能編集者たちが置いてあったオヤジの本1,000冊以上を、何の連絡もなく売り飛ばし手前らの飲み代にしたため、再購入に相成った次第。もしエアワールド終息時の編集者にあったならば、蹴りでも見舞ってやってくれ。

 KC-135シリーズはオヤジの好きな機体のひとつなので、売り飛ばされた後は探していたのだが、すでに絶版になって久しく価格はかなり高い。今アマゾンで調べると、出品者価格で11,000円を超えるバカ高い値段がついていたほどだ。

 そんな中で10日にKC-135の本を検索していると、突然本書が信じられないほどの価格で見つかった。何と送料込みで500円というのだ! これにはオヤジも驚いたね。今月もまた余裕はないのだが、さっそく注文して昨日届いた。そう日本の出品者からの購入なので、わずか3日で手に入ったのだ。凄いゾ。

 20年前のリリースなので当然ながら最新情報、例えば改修により2040年まで運用が続けられるといったことなどは記述されてはいないが、本書刊行以前にすでに生産が終了した機体なので、その開発経過や構造、そして各型の変遷などの基本情報に関しては何ら問題はない。ただし配備状況はその限りではないのだが…。

 前述のように最新情報はないのだがその内容は今でもピカ一で、KC-135の資料としては最高の一冊であることは間違いない。しかし224ページの本所がわずか500円とはね。本当に驚かされた。嬉しく思います。

 
American Missiles: The Complete Smithsonian Field Guide
 東京はさほどではなかったものの、島根、そして福岡と大雨が降り続き、かなり辛い状況となっている。自然の驚異の前に人間が極めて脆いということはよくいわれることだが、ひとまず安全だけには注意していただきたい。

 先ほど冷蔵庫に入れておいた小松菜を取り出し、ひとまず丁寧に洗ってから水けを切り、ペーパータオルでよく拭いてから3等分にカットしてジップロックに収め、冷凍庫にしまった。こうするとある程度は長持ちするのだよ。

 昨日は近くのCOOPに買い物に行く予定だったのだが、のんたらしていたらめんどくさくなって、外に出ないまま呑みタイムに突入してしまった。なあに、冷蔵庫にはスパゲッティ・サラダが入っているし、豆腐もあるのでつまみにはまず困らないのだ。

 しかし今日6日は、スパサラダと豆腐は残っているものの、今ひとつ盛り上がりに欠けるので、やはり面倒でもこれは買いに行かなければなるまいと朝9時の時点では思っている。

 先頃ド腐れ野郎安倍一派の麻生ヘスが、マスコミは好きなことばかり言って何も責任はとらないし、嘘ばっかり書くとぬかしやがったが、この言葉はそいっくりそのまま詐欺政権にお返ししたい。さすが国家社会主義日本労働者党だけのことはあるな。

 改憲ともど、ド腐れ野郎のもう一つの悲願である言論統制がますます近づいてきた感さえあり、こんな詐欺政権を野放しにしておくわけにはいかない。しかし悲しいかな、オヤジは蟷螂の斧、ごまめの歯ぎしりにしかならないのいで、詐欺政権の支持者が減ることを祈るばかりだ。

 さて今回は、頼んでいた「American Missiles: The Complete Smithsonian Field Guide 」が届いたので、こいつを紹介しよう。336ページという結構なボリュームにもかかわらず、その出品者価格は送料込みで1,800円弱と安価だったので、ミサイル好きのオヤジは早速購入した次第。


American Missiles: The Complete Smithsonian Field Guide

 そして昨日、発送から12日間で届いたのだが、なんか薄いぞと封筒から取り出してみてみると、176ページしかないではないか。まさかイギリスからの輸送中に半減したとは思えないので、これはアマゾンのミスということになる。まっいいけどね。

 本書はタイトル通り、アメリカ3軍のミサイルを一堂に会したもので、MM-1マタドールからRIM-174 ERAMまでを、AIM-9などの例外を除きそれぞれを1ページで記述している。生産型だけではなく試作や計画に終わったもの、そして非推力型のウォールアイなどの誘導式滑空爆弾など、ミサイルの分類記号が冠されているものも収録されている。

 それぞれに写真と主要データが用意されてはいるものの、わずかではあるが写真がないものもあり、データと解説すらないものもある。残念ながらその解説は貧弱で、これは少々期待外れだった。

 数字が若い順に記述されているので、開発や実戦化など時系列的にずれているものもあるが、まあアメリカ3軍のミサイル史をまとめた本としてはまずまずのものではないだろうか。

 先ほどアマゾンで調べたら、出奔者価格で送料込み3,850円程度とすでに倍になっていた。キンドルだと1,620円だけれどね。洋書専門店価格は9,000円をわずかに超えるので、オヤジしてはまあお買い得だったと思うぞ。
MITSUBISHI T-2/F-1
 今日は朝から仕事が入ったので、奮起して昼前には無事終わらせた。今日は図書館に本を返しに行くため久々にチトカラるのだが、今日はいつもの福屋ではなく、駅前の「なんで屋」で友人と呑むことにする。これはタクシー代の節約だな。

 昔「なんで屋」は、揚げたての串カツが売りだったのだが、最近では串カツはセットのみとなってしまい、その意味では少々寂しくなったのは否めない。しかし刺身やトンペイ焼きなどがあるので、それはそれで十分楽しめることができるのだ。

 オヤジは料理番組が好きで、ほとんどの番組を見ているのだが、その中にNHKの「あさいち」の中で放映される「解決ごはん」という番組がある。この番組の女性アシスタントが、駒村多恵といい、知っている人も多いと思うぞ。

 オヤジがお気にの、日本TVのアナウンサー水トちゃんが少々年をとったらこうなるのかなという雰囲気で、結構好きなのだこれが。しかしオヤジはまったく知らなかったんだが、実は彼女元アイドルとしてデビューし、何枚かCDも出しているのだ。さすが元アイドルだけあって、今でも十分可愛いゾ。オヤジの目では、不細工な藤田ニコルや大味すぎるアン・ミカなどよりは、なんぼかよいのだ。

T-2/F-1写真集 さて今回は、最近ホビージャパンが刊行を開始した航空自衛隊写真集シリーズ第2弾の、「MITSUBISHI T-2/F-1」を紹介しよう。いずれもすでに退役して久しいが、国産初の超音速機として時代を作り上げた機体でもある。

 本自体が大判なのに加えて、写真も大サイズで掲載されているので迫力溢れる仕上がりだ。ディテールなど1/4程度はモノクロ写真だが大半はカラーで、3ページのカラー側面図と4ページの飛行隊パッチも用意されている。

 また両機ともに飛行隊創立の記念塗装とマーキング、そしてF-1は戦技競技会向けのスペシャル塗装が多いことでも知られるが、本書ではこれらをカラー写真で紹介しており、前述したディテール写真と併せてモデラーに役立つことは間違いない。

 現在では1/72、1/48ともに秀作キットが流通しているので、これを機会に今は姿を消した日本の翼を、机上に再現するというのも一興だろう。その際には本車が恰好の資料となること請け合いだ。お勧めの一冊ではあるな。
Dieppe Through the Lens of the German War Photographer
 昨日も暑かったが、今日12日はもっと暑くなるとのこと。ところが明日は一転して雨になるという。でも今日は、少し暑いものの気持ちよい一日を楽しむことにしよう。もちろん窓は全開さ。

 今日の昼は6枚切りの食パン1枚と侘しかったので、夜は白菜サラダと鶏の胸肉とブロッコリー、それに玉ねぎを加えたケチャップ炒めを作ろうかと考えている。ちょうど鶏肉の解凍も終わったことだしね。

 ここ3日間は物理的な問題から酒を抜いていたが、昼前にセブンイレブンからウイスキーが届くので、今日はいつものように4時から呑みタイムといこう。このブログを書いてから呑みタイムまでの間は、撮り溜めた映画を見ようか。

 しかし北朝鮮と、全身これ毒まみれの豚野郎にはもう辟易した。直接攻撃するというのは駄目だけど、その昔に台頭した民族自決主義に委ねたらいかがだろうか。つまり人道主義的な見地から、各国が送っている米や医薬品などをもう送らないことだ。

 それで国民がどうなろうと、豚野郎にために死ぬといっている人間達なのだから、本望ではないだろうか。ミサイル開発に多額の金を投入し、自分の享楽のために浪費する豚野郎が存続する限り、もはや国自体が地球には必要ないのだからな。

 さてあんな豚野郎は放っておいて、ここからは前回の続きで「Dieppe Through the Lens of the German War Photographer」を少し詳しく紹介しよう。横長本で、ページ数は64ページとさほどのボリュームなので、寝転んで読みにもちょうどよい。

 本書は先回に記したように、1942年8月19日にフランスのディエップ海岸における、カナダ第2歩兵師団カルガリーを主力とした連合軍の上陸作戦ジュベリーの顛末を、ドイツ側の写真で追ったもので、その中核として最終的に海岸に累々と無残な姿をさらした、チャーチル歩兵戦車Mk.I/II/IIIの姿が並べられている。

グランドパワー 少し前にGP誌で、チャーチル歩兵戦車を記述した際に本書があったならば、もう少し深い解説ができたと思うが、その時はアマゾンでの取り扱いはなかったのだ。残念ではあるが致し方ない。

 本書の10~11ページと最後のページには、イギリス空軍のスピットファイア偵察型が撮影した俯瞰写真が配されており、個々の戦車の写真ではわかり難かったその位置関係を、一目で見ることができる。

 最初の7ページで作戦の背景と上陸訓練中の写真を配してから、後は海岸の各所に放棄された車輌と、それらを運んできたものの、これまた放棄されたLCTの写真で綴っており、LCT各艦に搭載されたチャーチルそれぞれのニックネームと、戦車乗員の階級と氏名をまとめた表が用意されている。

 イギリス戦車ファンには少々酷かもしれないが、資料的な価値は非常に高く、古い本ではあるが今でも色褪せることはない。何しろ送料無料で550円で買えたということが、オヤジは嬉しいゾ。なお今日の価格は、3,000円前後となっている。

 しかし本書があまりにもマニアックすぎたのが、残念なことに2冊で刊行は終了したようで、以後新刊の姿を見ることができなくなったのは残念だ。復活を強く望みたいシリーズではある。