(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
CHALLENGER 1 MBT
このところ、以前と比べてはるかにコーヒーを飲む機会が増えた。おかげで痛風の発作が起きなくなったが、これもポリフェノール効果なのだろうが。さらに、カプセルのココナッツオイルも入れて飲んでいる。これも少しは、体に良いことなのだろうな。

もちろんコーヒーは簡単なインスタント粉なのだが、先ごろ間違えてドリップ用の粉を買ってしまった。家にはコーヒーを淹れる器具がないので、さてどうしたものかと考えた結果、茶漉しで漉して作ることにした。

最初はボールに入れて作っていたのだが、今一つ具合が宜しくない。ということで、アマゾンにサーバーを頼み今ではこれと茶漉しで淹れている。もちろん通常のインスタント粉も購入したので、毎日それぞれ1杯ずつ飲んでいる次第。味が変わって、それなりに楽しいぞ。

さて今回は、チャレンジャー戦車を書くことになるだろうとの判断から、昨年11月に刊行されたオーナーズ・マニュアルシリーズの近刊、「CHALLENGER 1 MBT」を購入したので、紹介しておこう。すでにカゲロウ出版の2部作と、ニュー・バンガードシリーズのチャレンジャー2は手元にあり、加えてチャレンジャー・モデリングを注文しており、これは到着待ちだ。

これらに加えて、コピーではあるがチャレンジャー・スコードロンとチャレンジャー1、ジェーンAFV年鑑が届くはずなので、まずは十分な資料であろう。

本題であるオーナーズ・マニュアルのチャレンジャー1は、著者が元イギリス陸軍の戦車乗員で、16歳で入隊して以後20年間以上の長きに渡り、チーフテン、チャレンジャーのクルーとして任務に就いており、まずは記すのに適任だろう。

そのうちに書くのだろうからここではふれないが、これまできちんと記述されていなかったMk.1~3の変更箇所や、詳細な開発と構造、そして湾岸戦争と興味深い記述が満載されている。また写真も個人ソースが多く、キットの製作には欠かせない存在だ。

さらに特筆できるのが、60点を優に超える取扱説明書からの転載図と写真の存在だ。前述したカゲロウ出版の本にも掲載されていたが、本書ははるかにそれを上回っており、これだけでもチャレンジャー戦車のファンならば購入する価値があるというものだ。

オヤジは現用戦車で一番好きなのがこのチャレンジャー1で、その昔にリリーズされたばかりのタミヤ製キットを作ったこともある。ただし砲塔を換えた2になると、途端に嫌いになぅてしまう。あの砲塔はどん臭いよよな。どう見ても…。

アマゾンで価格を調べたら4,663円と結構高いのだが、出品者からの購入だと2,927円+送料257円の計3,184円と、オヤジが購入した際の3,350円より少し安くなっている。ケッ! 面白くないぞ。

スポンサーサイト
コメント
コメント
楽しみっす、チャレンジャー1
五角形の溶接砲塔が好きっす。
勤め人が長くなってしまい、いつのまにか2となり、ゴテゴテのこけおどし感バリバリなモノに成り下がっちゃいましたね。
2016/02/08(月) 21:30:53 | URL | スキンミラー #- [ 編集 ]
新品が欲しかったので.COMの方で買いました。
送料の方がちょっと多くなるという(^^;

到着までちょっとかかるけど楽しみにしています。
2016/02/09(火) 10:55:01 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
だから新品だってば
古本じゃないですよ。近刊はみんな新品ですよ。
2016/02/09(火) 11:17:07 | URL | 後藤 #- [ 編集 ]
それは失礼!
出品者=中古という
妙な刷り込みがありました
すんません。
2016/02/10(水) 11:22:21 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
グランパ5月号の
記事冒頭写真のフィンランド(魔)改造版Flak38は
シートとクモの巣照準器が2つずつありますが
これもしかすると旋回と俯仰を
二人羽織でやるんでしょうかね

2016/04/09(土) 16:57:43 | URL | kitsamuramasa #- [ 編集 ]
コメントありがとうございます。自分もあんな写真は初めて見たのでわかりませんが、4連装FlaK38の俯仰と旋回ハンドルの配置から考えて、おそらくそのようにフィンランドで改造したものと思われます。
2016/04/09(土) 17:11:42 | URL | 後藤 #- [ 編集 ]
なかなかのボリュームでした
読みごたえ感があります!
2は分冊にして欲しい位です。

今までまとまったモノがなかったせいかギリ一冊で購入でき売れているようです。
2016/05/30(月) 20:24:13 | URL | スキンミラー #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/96-60e58fd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック