(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
許すまじ甘利
今日2月27日は、確かに先週の予報どおり少しは暖かく空調の必要はない。現在進めているHJ誌の仕事はもう半分以上終わったし、だから今はニュースを見ている。だったら終わらせろよといわれるかも知れないが、ひとまずのんびりしているので、ブログでも書こうと思った次第。

その時点ではひとまず何を作るかはわからなかったのだが、今日の夕食に使えるように鶏の胸肉を解凍しておいたので、思案の後に鶏すきを作ることにした。これなら野菜や豆腐なども食せるし、何よりも温かい食事を楽しむことができる。心はともかく、せめて食事くらいはね。トホホ。

このところ野々村元議員の法廷が話題になっているが、確かにあれはまずい。しかしド腐れ阿部のお先棒担ぎ、ド戯け甘利の1,200万円疑惑に関する返答のほうがもっとふざけているぞ! 

まあこれは阿部だろうが、菅だろうが皆がやっていることなので、甘利からすればばれたのはまずいよなという程度だろう。奴からすれば、その程度の金額はオヤジの1円20銭程度なのだからな。

しかしオヤジが怒りたいのはその答弁で、甘利の野郎は1週間で記憶を整理してお答えしますといいやがった。ざけるなよ! ちゃんといえよ、1週間でうまく騙蔵化して何もないことに収めようとしてるんだよと。

野党も、そして国民ももっとこいつを吊るし上げて辞職に追い込めよ。こんな腐れ野郎どもに、国民がいくら金を払ってんだ。どうせ東日本大震災の復興金も、まだ応急暮らしをしている人が大勢いるというのに、手前らにキックバックがあるものだけに金を使ってんだろうが!

さらにむかつくのが、ド腐れ阿部の野郎が自分に決定権を持たせろと要求してきやがった。これはまともな政治屋でもちょっとなと思うのに、あんな極悪野郎に決定権などを持たせたら、一体どうなってしまうんだよ。

数の多さだけを背景に、ちゃんと民主主義に正しく則っているなどと抜かす詐欺政権野郎たちは、早く消えてほしい。これではまるでヒトラーが、政権を奪取したドイツの状況と全く同じじゃないか。

いつも行くチトカラの福屋のセンター、姫のおばあちゃんが今の状態を、まるで太平洋戦争直前の日本のようだと話したという。さもありなん。ド腐れ阿部は、本当に日本を駄目にしようとしている。

とオヤジがいっても、蟷螂の斧にしかならないのが悲しいぞ。それでも選挙があれば、自民党に票を入れるのだからどうなっても自業自得ということなのか。と今回は怒ってしまったが、次回は先回書いたようにホンモデルのZSU-23-4のキットを書きたいゾ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
お怒りですねー

まぁ争点は「貰う貰わない」以前に特別な政治的配慮があったか否かですから今後に着目しましょう。

政治献金はその規制法に触れなければ「合法」です。
庶民感情で「何やら権力に胡坐をかいて金貰ってやがるなー」としか思わなければ、それは単なる妬み嫉みにしかならないので、『蟷螂の斧』もかくや…ということに。

そもそも、金を渡す方の「思惑」に問題はないのか?
その恩恵にあずかる「庶民」は一人も居ないのか?
それらを問う人は『なかなか現れない』というのも僕は深刻な状況だと思いますね。
救い難い結論ですが、この政治家等がいて、この国民あり ですな。
2016/01/28(木) 16:37:11 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/92-f41924c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック