(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
今年初の調理器具
1月に入っても結構暖かい日が続いていたのだが、ここ数日寒くて我慢していた空調を使うことになった。電気量が嵩むので好きではないが、そうそう布団の中に入っているわけにもいかず、やむおえず使っている次第。来週から、ちなみに今日は20日、暖かくなるというのでそれを期待しよう。

今年初の調理器具ということで、先頃アイリスオーヤマの無加水鍋を購入した。と友人のブログGO NAVY(乙)にコメントしたら、売るほど鍋を持っているのに買うことはないでしょうといなされてしまった。

なので数えてみたら、電気鍋を含めて14個、フライパンは6個が確認できた。確かに独身の男としたら決して少なくはないが、さりとてギネスに載るほどでもない。なんせコレクターなんだからな。

しかし五生分ほどのストックキットを持っていて、さらに毎月複数のキットを購入し続けている君がそんなことをいう資格はないんじゃないかな。別に怒っているわけでは全くないので、そこんとこよろしくね。まあどちらも、単なるコレクターということなのだろう。

なぜオヤジが無水鍋(アイリスでは無加水鍋と称しているが、これは同じものだ)を購入したかというと、その昔に浜田山に住んでいたころ無水鍋が結構重宝しており、また欲しくなったのだ。

実は無水鍋も2個持っているのだが、あっ、これは買ったにではなくもらったんだよ、念のため。柄が取り外し式で強度が不足しており、一度部屋の中で運搬中に取っ手が外れ中身をぶちまけそうになったため、以後使ってはいない。

また家には小さいか大きいかのいずれかで、手頃なサイズの鍋がないのでどうせ買うならば無水鍋にしようと考えた次第。オヤジが購入したのは24cm深型で、結構なサイズにもかかわらずかなり軽いのが嬉しい。

本当はバーミキュラが欲しかったのだが、2,5000円近い高額な製品なので毎日を生きるのに必死なオヤジにはとても手が出ない。しかもIHでの使用が前提なので、最終的にアイリスオーヤマと相成った。まあ妥当な選択ではあるな。

アマゾンで購入するよりも600円ほど安く買ったのだが、シリコン製の鍋掴みがなく、これだけを単体で買うと1,200円を超えてしまう。しかしこのサイズの鍋を部屋の中に運んでくることはまずないので、これは問題ではない。欲しければ100円ショップで、同様の品を2個買えばいいことなのだ。

というわけで、さっそく図書館に無水鍋料理の本を2冊ばかり予約した。なので今日取りに行き、ついでにお使いと福屋ろうと考えている。本当はようやく届いたホンモデルのZSU-23-4でも書こうと思っていたのだが、これは次回に回すことにしよう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
だって部屋を訪ねた時に
あんなところや、こんなところにまで!って感じで鍋が格納してあるのを見てしまったんですもの…

僕はプラモをあんなとこやそんなとこに積んでませんよーだ(笑)

でもまぁーお互いコレクターですからね
仕方ないですね


2016/01/22(金) 12:40:08 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/91-92545740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック