(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
1/144のF-4J
今日は今年最後となる洗濯をしたので、せっかくだからブログも更新しようと思い書き出した次第。今年もまあいろんなことがあったけれど、無病息災とまではいかないものの,病気らしい病気は3日ばかり風邪を引いただけで、後Jは何もない年となった。

しかも毎朝コーヒーを飲んでいるからか痛風の発作はなく、これも嬉しいことだ。オヤジにとってはね。まあ木星貧乏なので生活は苦しいけれど、少なくとも食事ができないということはなく、家でちゃんとウイスキーも呑んでいる。

今年最後のブログなので、ド腐れ野郎安倍とその詐欺政権に関しては何も書かない。書きたいことは山ほどあるのだが、まあこれも一つの見識であろう。普通の人間ならばこのあたりで来年の抱負は…、などと書くのだろうが、夢も希望も一切ないオヤジには関係ないことだ。

それでも今日29日は、古くからの友人達と福屋で一献傾けるし、明日は100円ローソンで年始用のおせち各種、それにチトカラで年越し蕎麦や雑煮用の野菜と鶏肉あたりを買い込んで、年末から三が日を過ごすつもりだ。といっても、休むのは元日だけで、あとは原稿書きに勤しむのだけどね。

さて今回は、年末最後のプラモデルとして購入した、プラッツの1/144 F-4Jを紹介しよう。オリジナル彩色済みの食玩で、それを無塗装、未組み立てとしたもので、このスケールでF-4Jは初のキット化と思うので迷わずに購入した。

2機で1セットとされ、デカールは3機分が用意されている。やや太めではあるがパネルラインは筋彫りで表現され、金型の最終課程をサボったために梨地仕上げとなっているのが少々残念なので、これは一皮むいたほうがよいだろう。

スナップフィットのため、仮り組みの際し注意しないとあとで外れなくなってしまいそうだ。コクピットはシート一体式だが、このスケールなのでダークガルグレイト黒に塗り分ける程度で十分だろう。一応乗員も付属しているが、なにせ144スケールなので、ツタンカーメンやシペースジョッキーのようだな。

脚は開閉選択が可能で、庫内も一応窪んでいるので問題はない。内翼パイロンにはAIM-9のランチャーが一体で再現されているが、型抜きの関係でパイロンの中央部ではなく下端となっているので、パイロン下部を追加したいところだ。もちろん武装類は一切用意されていないぞ。

また燃タンは翼下の370galしかなく、やはり海軍型ならば胴下の600gal燃タンでしょうということで、これはF-4EJのキットからスカウトしよう。ただし間違っても、F-15Jと共用のハイGタンクは使用しないこと。

デカールはCVW-6時代のVF-84と、CVW-11時代のVF-114、そしてCV-59フォレスタルに搭載されたVMFA-451がセットいされ、色調もなかなかのものでかなり細部まで印刷されており、このデカールだけで1,000円ぐらいと見れば、送料込で1,800円で購入したオヤジは1機あたり400円ということになる。

数字類もちゃんと海軍仕様の60度カットとされ、各種コーションデータはインテイク周りなど必要最小限だが、このスケールならばこれで十分だ。また塗装指示も結構詳しく、かなりの好き者が手がけたようだ。

まあ今年もなんとか生き延びた。皆様本年は本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。それではよいお年を。
スポンサーサイト
コメント
コメント
>師匠
コメント遅れてすみません。
坂西を実家まで送って、ちょい寄り道してから、この1時間ほど前に帰宅しました。

今宵は楽しかったですね。あと本の贈呈感謝いたしますです。



1/144のF-4J良さそうですな、燃タンがないってのはチョット辛いですけど。
といっても最早入手困難ですから僕は48で頑張ります。
大晦日にもう一回更新予定なので年末の挨拶はしないでおきますね(笑)
2015/12/30(水) 02:03:44 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/89-6cba86ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック