(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
結構、新めなC-130本
ようやくGP誌の8tハーフトラックに続き、4連装2cm機関砲Flakvierling38/1も終わったので、今日中に校正してから送れば本文は終了する。でも13日には写真解説130枚が届くので、完全に終わるのは16日頃になりそう。もう少しだね。頑張ろう。

その校正前の、気分転換というか、イメージチェンジのためこうしてブログを書いている次第。これからコーヒーを淹れ、ってインスタントだけれど、オヤジはこれで十分満足しているのだ。おかげで痛風のアタックも出ないしね。で、今飲んでいる。

今日の昼飯は、冷蔵庫にかき揚げが1枚入っているので、これに長ネギと卵を足して、オヤジの好きな味噌煮込みうどん。で夕飯はというと、どうせ夕方から呑みタイムなのでやる気がなくなることを見越し、これまた冷蔵庫でお休みになっている塩鯖を使った鯖サンドだな。うん、充実した一日にはなりそうだ。

朝から原稿を書いていると、夕方にはもう疲れてしまい呑むことが楽しみとなってくる。もちろん手の込んだ料理などできるわけはなく、冷蔵庫にあるもので簡単に作ることになる。といいながら、書いていないときにはちゃんとした料理を作るのかというと、これまた呑んでしまうので何もできない。要はだらしがないということなのだ。

ただ今日は校正だけなので、味噌煮込みうどんを食した後は、この前に購入したスロークッカーを使って、台所に放置されていたサツマイモから焼き芋を作ろうと思う。これって、以前から作ってみたかったんだよね。

鍋に材料を入れて電源をON、あとは数時間放置しておけば完成するという、オヤジに最適な調理器具なのだ。これが送料込みで2,000円以下というのは、結構凄くないかい? 
 
さて今回は、先ごろ購入したエアーライフ出版の「Lockheed C-130 Hercules」を紹介しよう。不恰好といわれるC-103だが、オヤジは物心ついたころから実機を見ているので、好きな機体なのだよ。なんせ、愛嬌がある顔立ちだしね。

本当はクロウウッドのC-130本がほしかったのだけれど、5,500円近いため次善であろう本書を購入した。先ほど調べたら出品者価格で5,000円近く、オヤジが購入したときは送料込みで2,000をわずかに切っていたので、少し得をした気分になった。

ただしオヤジは、同社の他の本と同様の作りかと思って購入したのだが、手にとって見るとまったく違う本だった。といっても、別に駄目というわけではなくイメージと違うというだけに過ぎない。でも構造に関して、ほとんどふれられてはいなかったのは残念なのだが…。

また開発の経緯も10ページ足らずと極めて少なく、それでは何が売りかというと、各型式別の詳細な解説であろう。何しろ基本型と派生型が膨大な機体だが、それらのレイアウトに加えて各種データやシリアルなどもきちんと記述されており、民間型に関してもちゃんと網羅されている。

また随所にトピックス、例えばCVA-59フォレスタルにおける離着艦試験の詳細などが記述されており、思っていたものとは違うが、これはこれで役立つ一冊だろう。

総ページ数は240ページなので結構ボリュームがあり、フルカラーではないが写真の点数も多く、C-130ファンならばお勧めの一冊だろう。ただし今の価格ではちょっと…、といったところか。
スポンサーサイト
コメント
コメント
C-130と言えば
やっぱり海自C-130が一番ホットな話題でしょうが、これを作ろうとしたら、イタレリなんですかねぇ?

ハセガワ200はH型なので、小さいくせに手間だけ馬鹿みたいに食いそうな気がしますが、どうなんでしょう?
2015/03/11(水) 18:38:56 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/73-3ed4829c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック