(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
少しだけど、フジミの観音殿
先回、ムラウチに象印の廉価版IH炊飯器最新機種を発注したことを書いたが、なんとメーカーの在庫切れで来年1月半ば以降となることが判明した。これではいかんともしがたいため、急遽キャンセルし同じIH炊飯器でも2年前の型落ちを発注した。

今回は西友のネットサービスを使ったのだが、その理由は送料と手数料込みでわずかに1万を切ることと、なんとおまけにお米が2kgついてくるということ。まあお米はいくらあっても困らないから、これはこれでいい買い物だろう。

このような紆余曲折を経ながらも12月日には炊飯器が届いたのだが、まだ使ってはいない。一応4日に福屋った際に炊き込みご飯用として油揚げと牛蒡を買ってはきたのだが、どうも仕事を終えて夕方になるとやる気がなくなって呑みタイムとなってしまう。困ったもんだ。

あり難いことに、まあこれは予想していたことなのだが、以前の炊飯器の内釜がそのまま使えることが判明した。これはご飯用と他の煮込み料理などに分けて使えるということで、煮込みの後に洗ったとはいえご飯を炊くというのはどうもと思うオヤジには嬉しいぞ。

ついでに空調費を抑えるため、アプロ綿カーボンヒーターなる暖房器具も購入した。150Wと300Wを切り替えることができ、部屋中が温まるというわけではないが、仕事机、まあ食事机でもあるのだが、のそばに置いておけば150Wでも結構暖かく、これまた優れものではあった。

ここまでは7日に書いたもので、ここからは18日にか改めて書いた。というのいも、GP誌のセンチュリオン派生型の原稿を終わらせなければならなかったので、すぐ続きを書くことができなかったのだ。相すまぬ。それでも呑んではいるのだが…。

残念なことに、総選挙はド腐れ安部が率いる自民党の圧勝に終わった。大企業の利益のためのみに機能する、詐欺内閣を何で支持するのだろう、この国民達は。阿倍の野郎はもう来年の憲法改正を語りだしたぞ。ボケ野郎が。

デフレ脱却と喜んでいるが、そのおかげで国民は何とかやってこれたんだ。そしてインフレが始まった。とにかく値上げの嵐で、給料が上がったとほざいているが、それは自分に都合のよい数字を採っただけに過ぎず、物価値上がりを超える給料をもらうどころか、あがらないというほうが多いと思うぞ。

とにかく嘘と出鱈目で国民をだまし続ける詐欺野郎達なんだから、今後なにをしでかすかわからない。あいつらは国民は黙って税金だけ納めてろ! 後は俺達と大企業が儲かればいいんだから…。これがド腐れ野郎達の本心なんだろうな。きっと。なんで国民不在政権に投票するのか、オヤジには理解できない。

だから安部のパシリを嬉々として演じている麻生なんて根馬鹿が、とんでもないことを平気で言うようになるんだよ。まずお前達がすべて全員年収300万、領収書の取れる必要経費のみ承認という形態に改めない限り、国民のことを考える政治屋は出るわけなんかない。議員数削減すらできない、いやしないんだから、あいつらは。

さて今回は、送料込みで500円強と安かったので購入した、フジミの1/150銀閣寺を紹介しよう。オヤジは派手な金閣寺よりも、侘しさ漂う銀閣寺のほうがはるかに好きなのだ。

というか、銀閣なる言葉は江戸時代に出てきたもので、あくまでも俗称であり銀箔を張ろうという意思など、建てた弟の義正は毛ほども考えていなかったはずだ。今では一般化してしまったが、やはり観音殿の呼称で呼びたいぞ、オヤジは。

1/150というスケールなので手のひらサイズに毛が生えた程度だが、フジミの建築シリーズの中では結構上質の仕上がりなのだ。ただし問題も結構あり、実物に近づけようとするとかなりの工作が必要となるのもまた事実だ。

まず屋根だ。表と裏でモールド色を変えているのは褒められるのだが、屋根表面のモールドがいけない。キットは上端の露盤から軒方向に細い線が縦にモールドされているがこれはまったくの誤りで、実際には柿の板を用いた杮葺 で仕上げられている。

これは軒に並行する形で、薄く細い柿の板を軒から露盤に向かって重ねながら貼っていったものなので、その再現はスケールを考えると無理としても、少なくとも軒に並行したモールドで再現すべきだったのだ。(以下次回)
スポンサーサイト
コメント
コメント
フジミの建物と言えば
札幌時計台もありまっせww

建物というか、その系統では河井商会の箱庭シリーズも有名ですが、こちらは現在マイクロエースから発売されております。

こちらの方が師匠にピッタリかも??
2014/12/18(木) 19:34:29 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
>大企業の利益のためのみに機能する
お言葉を返すようでアレなんですが、ならば
『貧乏人を優遇する政策』でどれほどの経済の活性化が促せると仰るのか?伺いたいところです。かつてのイギリスが高福祉政策で二進も三進も行かなくなった過去をお忘れではあるまいでしょうに…。
師匠に対し恐縮な物言いになりますが、対案がない不満など『物乞いの愚痴』と変わりありません。安陪内閣として、まずは規模の大きい所から優先するのは、その後の雇用創出や投資や産業の活性化を視野に置けば当然行わなくてはならない論理的な政策ですよ。
消費税に関しても、今はベンツ買っても大根買っても同じ8%ですが中途半端であるからそうなのであって、10%台に乗せるのを機に食料品など生活物資には無税乃至減税(欧米式)に持っていこうというのが真の狙いだと思うんですが、何でそれを嫌がる人が多いのか理解に悩みます。
議員が多いのもそもそも委員会に人手が掛るような複雑なシステムにしている官僚の存在が諸悪の根源であって、国民が尻ごみしてそこを叩かない現状では何も解決しないでしょう(苦笑)
2014/12/20(土) 20:08:38 | URL | Sheen #- [ 編集 ]
グランパの特集
>GP誌のセンチュリオン派生型の原稿を

センチュリオンARVの項で、「AVR」となっているところがありますが、アレは全部「ARV」ですよね?
2014/12/31(水) 01:08:37 | URL | kitamuramasa #- [ 編集 ]
ごめんなさい
すみません。これは勝手な脳内変換で、頭の中ではARVと書いたのですが、指がAVRと打っていました。お恥ずかしい限りです。トホホ。
2014/12/31(水) 11:49:44 | URL | 後藤 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/66-b324665e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック