(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
サイバーホビーのSH-3H
今日から11月。気持ちのよい一日から、だんだん寒い一日へと変わりつつある今日この頃、少し仕事に追われていたら更新が滞ってしまい、まことに相すまぬ。

何か毎日、ド腐れ安部のことでむかついていたら、もうどうでもよくなってしまった。最近は政治と金が話題となっているが、これは政治屋とは切り離せないものであり、単にばれていないというだけでみんながやっていることだろう。

大臣になったばかりの元総理の娘が、大臣職を辞任した。その際に阿部政権に何も貢献できなかったといっていたが、それはとても正しいことだったと考えたほうがよいだろう。

なぜならば、ド腐れ安部を頂点とする自民党がやっていることは、目的ではないにせよその結果は国民を困窮させることであり、これからもさらにそれが強化されるのだから。

消費税を上げることはすでに法律で決定されたといいやがり、しかも増税分は社会保障にすべて充てるといいながら、実際にはもう他に転用していることがばれてしまっている現在、何を言おうがまったく信じることなどできはしない。

だいたい憲法を勝手に変更する集団自衛権はあっという間に決めやがったくせに、手前らが損をする議員定数の削減などはまったく無視していやがる。もう好き勝手に、もはやお馴染みとなったでたらめをやっているとしかいいようがない。

酒のメーカーから嘆願されたからといって、安い発砲酒の税を上げるなんざあ現政府は大企業のためにだけしか機能していないと言って、なんら間違いではないぞ。

まず手前らが交通費だの文書費だのの特権をすべてなくし、年収も350万円程度にしてから、消費税の値上げを論議しろよ。少なくともド腐れ阿部は給料なしで、国民に迷惑をかけたので毎月1千万ほど国に還元してもらいたい。

どうせ何らかの形で企業から裏金が入るのだから、その程度は屁とも思わないだろうよ。とにかく嘘しか出てこないその姿勢にはもううんざりなのだ。早くでたらめ政権は消えてほしい。これはオヤジ以外も同様だと思うのだが、いかがなものだろうか。

さて今月は、サイバーホビーからリリースされた72のSH-3Hシーキングを恵んでもらったので紹介しよう。といっても、例のごとく褒めるわけにはいかないのがチト悲しいぞ。オヤジは。

SH-3Hはシリーズの集大成であり、フロートを大型化して右後部MADを、左後部にマーカーをそれぞれ収め、胴体下面後部にはソノブイを装備するなど、外見的にもそれまでのD型と比べていっそう凛々しいスタイルとなっている。

そこでサイバーホビーのH型だ。基本的にはそれまでリリースされていたキットにH型での変更部分を追加したものだが、特筆できるのはそれまでの対戦型でまったく無視されていたキャビン内の各種コンソールが、完全ではないにせよ追加されたこと。

これはありがたい。もちろん当然ではあるがスパンが伸ばされた水平安定版も正しく再現されている。ただし褒められるのはここまでで、これから先は書いていて悲しくなることばかりとなってしまう。ある程度ならば、オヤジは我慢もするんだけれどね。

今日はここまでで、ウイスキーは絶えたけれどまだ3本ほどビールが残っているので、冷蔵庫に入っているピッツァとチーズをあてにして、呑みタイムに突入しよう。(以下次回)

スポンサーサイト
コメント
コメント
お疲れ様です。

サイバーホビーはねぇ…
中華製は散々お弟子さんが毎度毎度お金出して苦労してますので、ここでは触れませんが…

もし、仮に決定版を作ろうとするなら、古いフジミとニコイチとかいう事になるのでしょうか?

デカールに問題があるのなら、古のマイクロスケールをとかを探すことになるのでしょうが…
はてさて。
2014/11/01(土) 19:34:14 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
ご苦労様です。

安倍政権に関しては、そもそも元を辿ればデモクラシーとは何ぞや?って所の国民一人一人の認識を改めねば絶対に改善されないと思います。師匠が攻撃する『政治家』だけの問題ではないと思います。

たとえばブラック企業ひとつとっても何故日本では『全日本飲食業労働組合』といったものが出来ないのか?とかですね。
誰か他の人が頑張って自分たちの生活を良くしてもらわないと…と考えてる人ばかりでは100年経とうが状況は変わりません。
もちろんそういう『甘え』の構造が国民全員ある限り、政治家、官僚だけに『自律や自制』を求めても片落ちです。ヨーロッパやアメリカがそうでないのは、草の根でそういうものを許さない体制や精神があるからです。
フランスのTGVという新幹線…窓が凄く汚れてます。車内も清潔にはしていますがのぞみなどに比べると今一です。同じことを日本でやったら文句言う人が出るでしょう?
フランスは何故そうならないか…それを望めば料金に反映するからと皆判っているからです。
はてさて、このたとえ話が何故ここで出てくるか?理解できる日本人が何人居るでしょうか?
2014/11/02(日) 10:43:22 | URL | Sheen #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/63-0931d878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック