(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
BLACK KNIGHTS RULES!
せっかくクーラーが新型となったというのに、もう寒くなってしまいその活躍期間は極めて短時間となってしまった。まるで零戦だね、これじゃ。残暑もあまりないし、電気代の面からもそれはそれでありがたいことなのだが、うーむ…。

まあオヤジは9月生まれということもあり、秋が好きなのでそれでよしとしよう。校正や短いIV号戦車の原稿が終わったら、今度はGP誌の空挺戦車ときたもんだ。というわけで、今日28日から書き出し13枚ほど書いたので、今日はこれまでとしよう。

数日間酒を空け、あっ、これは物理的なこと、つまり単に酒がないというだけでオヤジの意思ではないのだ。本来ならば2.7リットルの黒ラベルを2本買いたいところなのだが、何せ赤貧ゆえ支払いは来月回しとなるセブンイレブンに、焼酎1枡とブラックニッカを頼んで、数日間やり過ごすこととした。

来月の初めには振り込まれるであろう、生かさず殺さずの稿料を当てにしながら待つとしよう。ケッ、ホント貧しいよな。だったら仕事しろよっていうかも知れないが、何せこの仕事、ほとんど需要がないんだよね。トホホ。まだあるだけよしと考えたい。

今日は酒がくるとわかっていたので、昨日から鶏の胸肉を冷凍庫から冷蔵庫に移しておいた。まあ今の時点では唐揚げを考えているんだけれど、さてどうなることやら。あと生揚げがあるので、これをグリルで焼いてネギと生姜、それに大葉を載せて食べようではないか。これで今日のつまみはOKだな。

さて今回は、先ごろ購入した「BLACK KNIGHTS RULES!」を紹介しよう。VF-154って最高というタイトルからもわかるように、日本でもお馴染みのアメリカ海軍飛行隊VF-154の写真隊史であり、ギンター出版のアメリカ海軍飛行隊隊史の最新刊なのだ。

といっても、シリーズ番号は301とあるので以前に300が出ていたとなるのだが、恥ずかしながらオヤジはその存在を知らない。出ていたとしたならば、ぜひご教授していただきたいものだ。ただしアメリカ・アマゾンで探しても見つからなかったのだが…。

実はこの本、今年の5月末に刊行されたのだが、日本の洋書店では8,000円を超えており、アマゾンでも5,000円以上、まあアメリカでの価格がほぼ50ドルなのでアマゾンの場合は納得できるのだが、赤貧オヤジにはちょっと厳しい。

というわけで、指を咥えるしかなかったのだが、あっ、実際に咥えていたわけじゃないよ、念のため。先頃アマゾンのアウトレットで3,200円を切る価格で出品されており、数日は我慢していたのだが結局ポチしてしまった。なにしろ、水飴のような意志だからな、オヤジは。

137ページでカラー写真が主体なのだが、まあモノクロも結構ある。1946年7月1日付で新編された予備役飛行隊VBF-718から始まり、現在のF/A-18F飛行隊VFA-154までの同隊の歴史を、写真中心に追って所々にはカラー側面図も用意されている。ただしFJ-3までだが。

CVG時代におけるCVG-15の第4飛行隊ということからVF-154と名づけられ、F8Uクルーセイダーへの機種変更に併せて、隊の愛称とエンブレムを十字軍兵士にちなむものに変えたが、そのエンブレムの変遷もパッチの写真で用意されている。

そしてCVGからCVWへの組織改編により隊の呼称も固定化され、第4飛行隊から第2飛行隊となったF-4時代、そして機種をF-14Aに換えたCVW-14時代と厚木基地に移動したCVW-5時代、そして現在のCVW-11時代と、同隊の歴史を一目で見ることができる。

最後に4ページをCAG機に充てているが、いまひとつ派手なマーキングの機体がないのは残念だ。って、それは本書の責任じゃないけれどね。また歴代の飛行隊長リストも用意されており、今後このシリーズが続けられるものと思われ、オヤジとしては大いに期待したいゾ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
VF-154といえば
日本でなじみの深い飛行隊ではありますが、F-4時代の塗装もカッコよくて私は好きです。

日本だとどーしてもVF-151/161やVF-51,84,96とかに人気が集中してしまいますが…

センスがよくていいと思うんですがねぇ。

どうなんでしょ?
2014/08/28(木) 18:38:07 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
おお、黒騎士ね…
図らずも最後に並んで記念撮影した実機がここのCAG機でしたわ…

F-4時代はCVW-2でしたか…
そういや一回も作ったことないVFだー

2014/08/28(木) 21:29:03 | URL | Sheen #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/59-236dfc6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック