(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
またもや低価格の大冊を購入したゾ
クーラーが昇天なさったことはすでに書いた。ありがたいことに不動産屋さんに連絡したら即取引先の電気屋さんが訪れて、8月8日の金曜日に新型と交換とあいなった。まだ十二分に暑いだけに、これはまったくありがたいことだ。

しかも今度は手元での操作が楽なリモコン付、信じられないだろうが以前のクーラーは25年ほど前の機種なので、そんな立派なものは備えておらず操作には傍にセットされているスイッチをいじらなければならないという、とんでもない代物だったのだ。

現行機種なのでエコもそれなりだろうし、様々な機能が用意されており、ようやく快適な環境で仕事ができるようになった。そして急遽購入した扇風機は、クーラーを止めてから回していると寒いぐらいに部屋を涼しくしてくれて、これはこれで役に立つ存在だ。

連日追われていたチーフテンの原稿も、佳境を過ぎてようやく終わりに近づき、11日には校了の予定。でもそれが終わっても、今度は写真100枚ほどを解説しなければならず、型式判断が極めて困難な車輌だけに苦労しそうな予感がする。

しかし炎熱地獄の中で書いていたあの頃を考えると、今は天国だ。除湿にしているだけで十分涼しく、今日も仕事が終わったのでハイボールたいところだが、肝心の炭酸水がない。なんてこったい。くそっ。泣けるぜ。

今日は日曜で、明日11日はチトカラで住職さんと呑むのだが、例によって原稿料の前なのという赤貧真っ只中なので、買い物もままならない。まあこれはいつものことなので、あまり気にはしないのだが…。

さて今晩は何を作ろうか。もうお米も研いだので後はメインのおかずだけなのだが、餃子にしようかコロッケにしようか迷っている次第。いずれにせよ、どちらも冷凍食品なんだけれどね。仕事で力尽きたので、簡単なものしかできなくなっている。悲しいことだが、それが現実なのだ。

さて今回は、先日購入した「Encyclopaedia of the Second World War」でも紹介しよう。タイトルからわかるように、第二次大戦に関する百科事典なのだが、どちらかといえばそう高度なものではなく、便覧と呼んだほうが近いようだ。

アルファベットごとに、兵器や作戦、人名などがずらりと並んでおり、要所要所に写真や地図などを挿入して理解度を高めてくれる。また表現もさほど難しくはないので、スラスラとは行かなくともそれなりに読みやすいというのもオヤジは嬉しいゾ。

何といっても452ページという大冊ながら、送料込みで1,022円という価格に引かれたのだ。その刊行は1989年と結構古いが、なあに、その前に第二次大戦は当に終わっているのだからにして、まったく問題はない。

それに新事実がどうのということは、各項目の記述量を考えると言うほうがおかしいのだ。いずれにせよ何か調べる際には何かと便利な本だろう。実は似たような本はすでに持っているのだが、どこかに潜って所在不明となっているのでこれから何かと重宝しそうだ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
えっと…
甚だ失礼ながら、一回書棚を整理したほうがいいような気がします…

時々ですが、同じ本を買っちゃったりすることがあるんですよねぇ。
私の場合…
本が溜まるとかえって不便ですから、これもこれで。
2014/08/10(日) 19:40:18 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/55-452174f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック