(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
サイバーホビーのF6F-3 その2
原子力規制委員会が、何を血迷ったのが実際には日本一危険な原発ではと広く囁かれている鹿児島の川内原発を、安全基準に合致しているから再稼動は問題ないとの見解を出しやがった! これはますますド腐れ安倍を喜ばすだけじゃないか。

何しろ基本である半径30kmの住民避難に対する計画が何一つなく、それでよく安全だと抜かしやがったな。お前らは規制委員会じゃなくて、寄生委員会と名を変えたほうがいいぜ。そんなに安全ならば東京にでも作ればいい。議員会館の付近がベストだな。

でもって、与党の議員連中の庭には安全だといい続けている核廃棄物を収めたドラム缶を、少なくとも1本置けばいい。それが国民のための公僕だろうが。ってことはできっこない。国民がどうなろうが、手前らだけがよければいいという奴らなんだからにして。

さて今日は18日。にもかかわらず来月の10日ぐらいが締め切りのチーフテン原稿を6枚近く書いてしまったぜ。なんて偉いんだ、オヤジは。って馬鹿なことを言っていないで、そろそそハイボールタイムにでも入ろうかと思ったのだが、まだ4時前なのでそれはないだろう。

というわけでこのブログを書いている次第。やはり呑みタイムは5時を過ぎなきゃね。一応オヤジもある程度の常識はあるのだ。にもかかわらず、花火大会の陣取りとして、河川敷にスプレーで名前や囲みを吹きつけるド阿呆が生息しているというのはどういうことか。

しかも悪いことに、罪悪感がまったくないこと。これじゃ日本もどんどん三等国への途を辿ることになるな。歩きスマホや危険な自転車、そして許せない脱法ハーブなどなど、とにかく非常識な劣悪人が多すぎるゼ。

オヤジとしてはこんな奴らはひと括りにして、カンボジアにでも人間地雷処理器材Mod.0として送り込みたいぞ。少なくとも今よりは人の役に立つのだからな。逝った後は、鳥の餌にもなるしいいと思うよ。

さてここからは、一回飛ばしたサイバーホビーのF6F-3といこう。気になる箇所は前回に書いたところだけではない。まずコクピット後方の小窓の前後長が短すぎて、実機らしさがまったくないこと。さらに3型と称していながら、風防が5型のものとなっていることも気になる。

確かに3型でも、1ヶ月ほど5型と並行生産していたために一部の機体ではキットと同じ風防を使用した例も存在する。しかし数十機にも満たない少数生産のため、まったく一般的ではない。

また3型の生産中に姿を消して入るが、やはり3型とするのならばカウリング側面排気口の下に設けられている、小さな小判型のフェアリングもセットしてほしかった。組立て説明図には描かれているというのにネ。

というわけで、このキットを手をかけずに組むとするのならば、どこかでデカールを調達し5型として製作するのが一番だろう。無論デカールは山ほどあるしね。

素性としては決して悪いキットではないのだが、やはり中国製のキットだけあって愛を感じることができない。この問題を克服することが、中国のメーカーにとって一番大切じゃないのかな。

ぜんぜん余談になってしまうが、先頃モデルアートを読んでいたらSH-2Fシースプライトをミッドナイトブルーで塗るとの記述が見られた。おいおい、朝鮮戦争じゃないんだぜ!

確かに説明書ではそのような指示がなされていたが、それに従うことはないだろうよ。あの色はエンジングレイといい、それが半艶になるとシープレーングレイ、艶消しになるとダークゴーストグレイと名を変えるが、いずれも青みなどまったくないダークグレイなのだ。

それが艶ありのため、空の青を反射してダークブルーかのように写真には写るのだが、そばで見れば青みなどまったくないのだ。というか、解説を書くのならば少なくとも当時の塗装規定を調べる必要があるだろう。

まあ今のモデラーの多くは、機体を作るのではなくキットを組むのが好きなんだろうな。そんなことを怒るオヤジのほうがいけないということなのか。わからんゾ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
-3と-5の違い
この記事読んで、ハセガワ72を組んだとき、-5にするときはカウリングのふくらみを削れ、って指示があったのを思い出した…
そのまんま無視して組んだけど(爆)

>>あの色はエンジングレイといい、それが半艶になるとシープレーングレイ、艶消しになるとダークゴーストグレイと名を変える
…いま、この色を見ることは日本国内ではほとんどないですからねぇ。
強いて言えばP-2Jの展示機とかくらいでしょうから。
ガルグレイでさえもすっかり遠い記憶の彼方ですよ。

今の海自のP-3Cがそれに近いかな?
どうなんでしょ。
2014/07/18(金) 17:38:59 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/52-811d75ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック