(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
「分解博物館21」もなかなかざんす
このところ穏やかで、春らしい日が続いている。そりゃあもう、桜も散ってしまったので当然か。このところ仕事もなく、毎日最低1本は映画を見て、昼間は購入したモーツァルト大全集を3枚聴きながら、本を読んで知的好奇心を満喫している。

まあその結果として、このように頻繁なブログの更新が可能となるので、それはそれでよいか。先のことを心配しても仕方ないしな。何だがアフラックのTVCMに出てくる黒鳥のようになってきたのか…。

というか、もうほとんどブラックニッカ2.7リットルが底をついてしまい、16日に頼んだ2本が到着するまでは呑むのを控えざるを得ない。まあ合わせて5.4 リットルもあれば3週間ほどは保つだろう。炭酸水も20本ほど残っているし、乾きものや缶詰、チーズも結構あるのでつまみには困らない。

しかしまあ、メールで注文すれば即食料などが届くというのはまったくありがたいシステムだ。本来は国が率先して行わなければいけないことなのだが、手前らにキックバックがないことなどやるはずはない。

さらにむかつくのは、このところTVCMで消費税増税分は社会保障に使うなどとのたくっているが、これまでの経験から金輪際そんなことはないだろう。国が国民を平気で騙しているのだから、もはや何をいってもしょうがない。

さて今回は、最近購入した本の中から「分解博物館21」なる辞典を紹介しよう。例によっえアマゾンを眺めていたら見つけた本で、その名のとおり宇宙から生物、植物、地球、物理、建築物、アート、スポーツなど様々な項目に分けて写真とイラストを駆使し解説を進めている。

分解ということからも想像できると思うが、地球などの場合は断面図を、生物では骨や断面図、工業製品では各部を分解し、それぞれに英語を付記することで、新しい感覚の辞書として使えるようになっている。何しろ図版が用意されているのだから、理解もたやすくなり通常の英和辞典よりもはるかに役に立とう。

その昔似たような本があったが(オヤジはなぜかちゃんと持っている)、本書ははるかに洗練されており、図版類はすべてカラーでその情報量は極めて多く、オヤジの知的好奇心を十分満足させる一冊なのだ。

本書はすでに初版とその改訂版に続く第三刷なのだが、21世紀を示すと思われる数字をタイトルに加え、前刷で未監修のまま出版してしまった鉄道と車の項を監修して改めている。まあそれのほうが嬉しいよな。

総ページ数780ページ(うち592ページ以降は索引などに充てている)という大冊で、刊行時の価格は7,400円と結構高いものであった。これでは赤貧オヤジには無理だが、ありがたいことに出品者から送料込みで1,000円そこそこで購入することができた。これはお買い得だな。

しかし先ほどアマゾンで見たら、送料を加えると4,000円を超える価格となっていた。ちょっと得したようで嬉しいぞ。旧版は送料込みで出品者から1,250円で買えるので、先の問題を気にしなければこちらでもよいだろう。
スポンサーサイト
コメント
コメント
何でも分解!
機械オタならそこにしびれる憧れ…なのかな?

それはともかくも、私自身はネットで生鮮食品ってねぇ…
最近はイオンのネットスーパーとか生協のトドックとかありますけども、どうにも違和感が。

感覚が古いのですかねぇ?
2014/04/11(金) 21:18:16 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/40-a2f1a800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック