(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
中国の防空識別圏設定について考えよう
まだ12月になったばかりだというのに、毎日寒い日が続いている。電気代削減のためにオヤジはまだ暖房を入れていないので、16度前後というのはチト辛い。さていつまで頑張れることやら。

またぞろ隣の三等国が、くだらないことをしやがった。長い間、日本の防空識別圏として認識されている中に、勝手に自国の防空識別圏を設定したのだ。当然尖閣列島がらみのことなのだが、たいがいにしろよ。

自国の領土というならばその証左を見せろといっても、絶対に出そうとしない。いや、それは違うな。出そうと思っても無いものは出せない。例によって武力を背景とした、恫喝以外の何ものでもないのだ。

そういう国が、よく日本のことを右傾国家だとか軍国主義の復活だとかいえたもんだ。だいたい超独裁全体国家なんだから、さすが自国の国民を3千万人以上殺した幼児偏愛爺いの毛沢東が支配し、その悪弊だけが残された国だけのことはある。

そんな国が日本の企業に中国進出を求めるというのは、どういう神経なのだろうか。握手をしながら、反対側の手で殴るというその常軌を逸脱した根性には辟易した。

もはや国家の体をなさず、日本ハム論のこと世界中に迷惑をかけまくっている三等国なのだから、いっそうのこと春秋時代に戻って国内で殺し合いでもやっていたらいかがだろうか。それが一番お似合いだとオヤジは思うぞ。

先頃アメリカのTVインタビューの中で、子供が中国人はみんな死んでしまえばいいと発言したことで、在アメリカの中国人が抗議行動で大騒ぎしたが、それはオヤジもわかる。そんなことを平気で流したTV局が悪いのだ。

しかし反対に考えると、あんたらのやっていることはそれよりもはるかに酷い事なんだぜ! 昨年日本のスーパーなどが襲われたという事実を忘れる日本人はいない。そんな奴らが何を言ってももはやカス以下だ。

最近では煤煙を垂れ流し、しかもそれを直そうとすることが技術的には無論のこと、国家として問題視していないんじゃないかという気配さえ十二分に感じさせてくれる。その漂う煤煙が大挙して飛来するのが、この日本なんだぜ。

確かに中国は人口が多いから儲けもあると日本の企業は考えるのだろうが、やはりここら辺で矜持を正し、これからの付き合い方を真剣に検討する時代が来たんじゃないだろうか。約束は無論のこと、平気で契約を破ることに何ら罪悪感を感じない国民性なのだから。

前にも書いたが、中国人が日本人はいなくなればいいといった。よろしい。それならば中国人は地球から消えてくれとオヤジは言いたい。国家も国民も常識というものない国は、存在意義もないはずなのだから。
スポンサーサイト
コメント
コメント
お疲れ様です…
まぁ師匠の仰る通りなんですけど、じゃぁその通り『しね』とか『消えてしまえ』ってやっちゃったら日本も同じレベルになり下がっちゃうわけで…
大気汚染とか実害がある分はデータをきちっととって、国際環境保全団体なり機構なりに訴えかけるなどが必要ですが、
下らない挑発には『あぁ、またなんかやってるな…』って感じで世界中で生温かい視線で眺めていれば良いんじゃないかと…。
外国のマスコミに目を向けると、ちゃんと公平に見てくれてますから、激情に駆られた過剰な反応はむしろマイナスにしかならない…というのが私見ではあります。
幼稚な外交政策で太平洋戦争の二の舞は真っ平ですからね…。
2013/12/01(日) 14:04:25 | URL | Sheen #- [ 編集 ]
お弟子さんにまとめられてしまった件ww
…とはいえ、ありゃどーみても『侵略宣言』ですからねぇ。
ないに越したことはないが『いざ鎌倉』に備えた軍拡はやむを得ざるところか。
いくらこっちはやる気がなくとも、あっちがその気ならしょうがないので。
実際フォークランド紛争の例もありますし。
日本政府の本気度が試されますね。
2013/12/01(日) 16:27:52 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/32-4a3e4b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック