(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
US Guided Missiles
昨日の日本シリーズは、結局1-2でわが軍が負けてしまった。まあそういうこともあるさ。そんなことを気にしていたら、巨人ファンなってやってられないのだよ。しかし日本シリーズ放映のおかげで、シルシルミシル・サンデーが中止されたのは惜しかった。

番組ではメーカー探訪をよくやるのだが、中で紹介される数々の食品製造マシーンには本当に驚かされる。よくこんなものを考え、そして実用化する日本の技術は、間違いなく世界最強だ。

ただひとつ気に入らないのが、昔女子プロレスラーをやっていた北斗何たらという女性とその家族が出てきて、食べ放題の店で食いまくるというシチュエーションがある。これがオヤジにはどうにも気に入らない。

先ず北斗何たらがオヤジの嫌いな女性ベストテン(これはそのうち紹介しよう)でも高得点を収めているのに加え、とにかく食事の仕方がむかつくのだ。これはもうひどすぎる。

人間には深い業があり、他の命を殺して食さなければ生きていけないというのにもかかわらず、この北斗何たらはそんな感謝などどこ吹く風で、とにかく元を取るまで食いまくるという精神、そしてその食い方がまさしく貪欲という表現の具現としか思えない。

まあこれを見て面白がる人もいるのだろうが、オヤジにはとても我慢ができないのだよ。あれさえなければ、とても面白くためになる番組だけに本当に残念だ。まあ出てきたらすぐ消してしまえばいいことなんだろうけれど、それは違うと思うぞ。

さて今回は、最近購入した「US Guided Missiles」を紹介しよう。そのタイトルからも察しがつくように、アメリカ軍の誘導ミサイルをまとめて一冊にしたものだ。アマゾンのレビューでは英語であまり褒めてはいなかったのだが、先ずは購入してみた。

索引と自社広告を含めて256ページと結構なボリュームで、その創世記から刊行された2012年の時点までにおける各種ミサイルをずらりと並べ、掲載されている写真は大半がカラーで上質紙を用いているので印刷も綺麗だ。

最初にアメリカ軍がミサイルの開発に着手したところから項を起し、時代で変化が見られるミサイルの制式呼称、今では信じされないだろうが接頭記号にBやFを用いていた時代もあったのだ。の基本システムを解説してから、いよいよ本題の各ミサイルの記述に進む。

普通この種の本では開発年代や、メーカー順に話が進められるのだが、本書では最終的に末尾にミサイルを示すMが与えられた、つまり「MはミサイルのM」に続く番号順に記述が行われている。

すなわち最初に来るのは、1963年から配備が開始されたMGM-1マタドールとこれまでの常識を無視したスタイルとなっている。ただし番号順なのでそれが間違いというわけではまったくないのだが、少々奇異な感を受けることは事実だろう。

それぞれに対して写真が1~数点用意され、基本データなどが表として加えられるという構成で、一番最新のものは現在試験が進められている陸軍のドローンMQM-175だが、計画のみに終わったものもM番号が用意されたものは掲載されている。

またM番号ということでPQM-149無人機や、ADM-141曳航デコイも掲載されている反面、無誘導のロケット弾AIR-2シーニーなどは取り上げられてはない。

巻末には追補として、クラシック誘導ミサイルのタイトルでラスカルとスナーク、そしてナバホが解説され、さらに対ミサイル・ミサイルの運用や各種呼称変更表、そして参考資料とウエブサイトがリストアップされている。

参考図書の中で自著が一番多いというのは笑わせてくれるが、アメリカ軍の誘導ミサイルを扱った本としてはお勧めでき、1979年に刊行された「Illustrated Encyclopedia of Rokets and Missiles」を持っていれば、ことアメリカ軍の装備に関してはまずは十分だろう。

先ほどアマゾンで調べたら3,389円、オリジナルの価格が$34.95なのでほぼレートに則った価格といえる。
スポンサーサイト
コメント
コメント
師匠wwタイトル
いやね、師匠に言ってもしゃーないんだけど…
Guided MissilesじゃなくてRoketにしてくれたらマニア狂喜だったんじゃないかと(サイドワインダーの旧称がGAR-2だったっけ?)そういう細かいところ突っ込んだら負けっすかね…

もっともMissileって単語自体が『飛翔体』って意味だから、間違いじゃないんだろうけど。
それでは今研究中のの誘導砲弾なんかどうなるんだろう…

まあ、そこまで考える必要はないのでしょうけど。
2013/10/28(月) 17:49:10 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/28-79af02c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック