(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
Kagero出版のHeinkel He219 Uhu その2
先回に阪神のことをヤクザ球団と書いたら、友人から抗議のメールをいただいてしまった。オヤジとしては昔から巨人ファンの間だけで言ったいたことを書いたのだが、それで気を悪くしたのにはここで謝意の意を表する。

もちろん阪神は巨人の良きライバルだと思っているし、球団や選手、そして関係者諸氏を嘲ったり、馬鹿にしたり、ましてや非難しているわけではなく、単に書いてしまったというだけだ。

もちろん文章は言葉と同じで取り消すことはできないから(物理的には可能であっても)、ここは反省するということでお許し願いたい。ごめんなさい。

今日は誕生日うということで、例によって福屋でコロコロと住職さんと一緒に呑むことにあいなった。ひとまず仕事はすべて終わったし、次の仕事の材料がまだ届かないので中休みということでちょうど良い。

最大の欠点は原稿料が入る前日ということで、ほぼ赤貧状態ということだ。昔からそうだったんだよね。こればっかりはどうしようもないか。まあ呑み代はともかく、呑めば足がワヤになり、帰りのタクシー代3,500円が結構辛いんだよね。

まあ明日に備えて野菜なども買えるから、まあいいか。しかしこのところの葉物野菜の値上がりは厳しい。気象条件に大きく左右されるというのは十分わかっていても、やはりレタスが300円前後というのには二の足を踏まざるを得ない。

だからこのところ昼のホッオサンドはお休みで、6枚切りの食パン1枚にマーガリンを塗り、オーブントースターで焼いてから食すという侘しい昼食が結構続いている。まあ慣れているので、どうということもないのだがナ。

さてここからは前回の続きで、VoL.IIの本文はVol.Iよりも短く、2年にも満たない本機の実戦記録に限定して記述されている。ページ数で見れば写真だけのページを含めて29ページなので、総ページ数110ページの1/4強といった程度だ。

写真も当然用意されているが大半は見たものばかりで、しかもほとんどが破壊されたり、戦後連合軍が撮影したものであって、生きている写真は極めて少ないが、これはいたし方あるまい。そんな状況下の機体なのだからして。

本書の売りはやはり詳細に作られたディテース・イラストなのだが、写真では今ひとつわかりにくかった部分も作者が判断して作っているため、その情報量は写真よりも多く、キット製作には必ず役立つはずだ。

例えば後席の上枠に照準器を装着し、前席の枠上に反射鏡を装着したシュレーゲムジーク用の照準装置など、本書でようやくその詳細が判明したほどだ。またレーダー機材や脚周り、内部構造などに加え、Ta154を2枚含んだ全体イラストも12ページ用意されている。

惜しむらくはタミヤのキットで、A-7のサブタイトルということで実機ではFuG202レーダ機材を廃止したというのに、後席に廃止前と同様2種のレーダー機材を搭載するという過ちを犯しているのだが、本書も残念ながらその状態で作っており、FuG202用の機材を降ろした図がないのは残念だ。

He219はオヤジの好きな機体ベスト10に入ってはいるのだが、さすがに32となると大き過ぎて持て余すことは確実なので、ハセガワが72、造詣村が48で新キットをリリースしてくれることを切に望んでやまない。

まあこれまでの推移を考えると造詣村からはリリースされそうだが、ハセガワは無理かな。でもオヤジの本命である72のキットが(って、もはや作らないだろうにもかかわらずだが)いずれも問題だらけなので、やはり新キットは欲しいよな。

スポンサーサイト
コメント
コメント
タミヤのチョンボか否か?
大戦末期の混乱状態で作られた…しかも少数生産の飛行機ですから、A-7であっても前バリエーションから流用したパーツを付けたという事にしてはどうでしょうかね?

それにしても阪神…
順位が決まったら妙に元気なようなww
今のジャイアンツの主要スタッフはあの野村ヤクルトの門下生が揃ってますからなぁ…
阪神をひねるのは造作もないか…
CSに向けて山田コーチ頑張ってチョ。
2013/09/24(火) 19:13:01 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/22-1c388637
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック