(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
THE RF-101C VOODOO OVER SOUTH EAST ASIA 1961-1970
更新が遅れてまことに相すまぬ。このところ単行本と翻訳の締め切りが重なって、ブログを書けなかったのだ。生きていくためには、仕事は大事だしネ。といいながらも、ちゃんと週に一回は呑みに出ているのだ。トホホ。

このところ消費税の引き上げ是非を問う有識者とやらの討論会が開かれているが、オヤジに言わせれば、あんなものポーズ以外の何者ではない。何しろ消が上がっても、まったく困らない奴等ばかりというのが笑かしてくれる。

消費税が上がってデフレもなくなり、給料も上がって万々歳と腐れ政府は言いたいのだろうが、おい! 給料なんて上がらないレイバーは一杯いるんだぜ。オヤジだってこの20年間以上原稿料か上がっていないぞ!

まったく手前らの都合がいいことしか考えていない政府って、いったいどうしたらいいのだ。何しろ大企業を助けることで、手前らに入ってくる金を何とか増やそうとしている政治屋ばかししかいないというのは、どういうことなんだ。

東京電力のでたらめ振りといい、ド腐れ政府といい国民のことなんか何ひとつ考えちゃいない。そんな中でも税金を払い、住民税を払わなければならないのだから、もはや未来などどこにもないな。

と怒ってばかりいてもなんだか呑みたくなってくるので、ここで話を変え最近購入した「THE RF-101C VOODOO OVER SOUTH EAST ASIA 1961-1970」を紹介しよう。

タイトルからもわかるように、東南アジア、すなわちベトナムを中心としたRF-101Cの作戦史で、断片的には伝えられてはいるものの、単行本の形でリリースされたのは本書が最初じゃないだろうか。というわけで、見つけたので早速買ってみたゾ。

オリジナルは、マックスウェル空軍基地の歴史センターで1979年3月に発表された研究論文であり、2006年に公開が認可されて2012年に本の形で出版されたものだ。ということは目にふれる機会がなかったかも知れず、それはそれで貴重なものだろう。

タイトルからわかるように、ベトナム戦をハイライトとして1961年から1970年まで東南アジアに展開したRF-101Cに関して綴られている。このため後期に登場した、戦闘機から改造された偵察型G/Hに関してはほとんどふれられていないのは残念だ。

これまで知られていなかった、ベトナムにおける活動状況が詳しく語られており、最初のベトナム展開は南ベトナム政府から航空ショーへの参加を申し込まれ、当時沖縄に展開していた第15TRS(戦術偵察飛行隊)所属のRF-101Cが3機、タン・ソン・ニュット空軍基地に派遣されたのが最初だという。

そしてショー自体はキャンセルされたものの、南ベトナム政府が建物や駐機ランプなどを用意し、沖縄からも支援用の人員や各種写真解析機材などを送り込み、パイプ・スティーム(パイプの幹)の呼称でそのまま居ついてしまったという。

この調子で、後継のRF-4Cに座を完璧に明け渡した1970年までの作戦行動が描かれており、各種偵察カメラなどの機材後進に関しても詳しく記述されている。研究論文なので、その表現も比較的平滑だ。

また巻末には被撃墜機リストも掲載されており、併せて作戦中に35機を失ったことがわかる。これに作戦中の事故機3機が加わり、同時期に活躍した海軍・海兵隊のRF-8GA/Gの損失数が32機なので、RF-101Cが悲劇の女王と呼ばれていたことも理解できよう。

先ほどアマゾンで調べたら、1,692円で出品者からは1,369円+送料250円だが、キンドル版だと935円と若干安くなっている。122ページと大冊ではないが、購入して損はしないと思うゾ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
RF-101Cって
RF-8やRF-4と違い、戦闘機型が派遣されていない(もし派遣されていたとしても少数だったろう)から、ベトナム側とすれば格好のターゲットだったでしょうね。
しかもT尾翼に起因する機動の制限…
パイロットも大変だったと思います。

そんな本機のプラモは2度、ハセガワ72(これしかない!)で組みましたが…
二度目は追加パーツが入っていたことに驚きました。
古いキットですが、割合組みやすい(垂直尾翼周りの工作が面倒だが)ので、一度は組んでみて良いのではと思います。

ただ、不思議なのは今に至るもハセガワはなぜに戦闘機型を出さないのか…
謎といっちゃ謎ですね。
2013/09/12(木) 17:31:53 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
やる時はまとめて投稿ですか~。
こっちを見落としました。

僕もセンチュリーシリーズは104を除いて大好きなんですが、中でも101は単座、複座、リーコン版問わず惚れ込んでる機体です。
ハセのキットも筋彫りを入れてベト迷で作りましたがカッコいいんですよねこれ…。
今定番落ちしてますけど、やっぱ売れないのかな~。
空軍なんでブログじゃやらないですけど、現在マイクロの91TFSにしようとノーズを工作中~
2013/09/14(土) 13:13:30 | URL | Sheen #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/18-a0628288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック