FC2ブログ
(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホビージャパンNEXT 「英国特集2017」
 なにか毎朝、天気番組で今年一番の寒さが…と言っているが、今は冬なんだからそんなことは当たり前だろうが。これからどんどん寒くなるので、なんかどうでもいいような気がしてならない。どうせ明日は、今日よりも寒いのだからな。

 このところ連日、相撲取りの暴行事件が取り上げられているが、オヤジからすれば馬鹿みたいとしか思えない。なぜならば、オヤジが同じことをやったら即逮捕されることは間違いないだろうに、書類送検だなんだかんだと手抜きとしか言いようがない。

 もともと利権団体である相撲協会は隠し通したかったのだろうが、それを良しとしない貴乃花親方の被害届で公となり、それを何とか取り繕うという姿勢が見え見えだ。もともとが893と手を取り合う組織なのだから、それもしょうがないのか。だからオヤジは、相撲が嫌いなのだ。言っておくが、日本には正式な国技などというものは存在しない。だから相撲を国技だなどとは思わないように。

HJ-NEXT01
 さて今回は、ホビージャパンの別冊新シリーズであるNEXTの最新刊「英国特集2017」を紹介したい。この種のムックとしては、200ページ越えという結構なヴォリュームで、イギリスに関する軍用の陸海空を多角的な視点でまとめている。

 実物では、ボービントン戦車博物館と王立戦争博物館ダックスフォード別館、の展示物が紹介され、さらに様々な各種キット紹介や数多くのコラムなどで、イギリスに関する情報を展開しており、通常の模型誌とは一味違う内容に仕上げられている。

 昔ボービントンもダックスフォードも訪れたのだが、ボービントンではその時にはなかったエレファントとティーガーIIが展示されており、アバディーン戦車博物館から借り受けていることが判明した。またダックスフォードでは、シービクセンや五式戦など、以前よりもはるかに充実した展示物に驚かされたぞ。

 掲載されている作例も陸海空ともにそれぞれ充実しており、そのアプローチもこれまた数多い模型誌とは異なり、独特の視点で解説され必見の価値があろう。こういうのを見ていると、無理とはわかってはいても、作りたくなっちゃうんだよね。次回は「北欧に行こう」ということで、フィンランドやスウェーデンあたりが中心となるんだろうな。きっと。
スポンサーサイト
コメント
コメント
体育会系のノリはよく理解してる僕にすると、まぁどっちもどっちですな→相撲。
先輩が話中にスマホ弄るのもダメだし、だからといって即刻暴力で制裁というのも…

これも一種の『コミュ障』世代のなせる業~ですかね(苦笑)

しかし、師匠~天気予報にまで噛み付くこたーないですよ~
年末年始くらい笑って過ごしましょう。
2017/12/19(火) 13:33:03 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/164-0325217d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。