(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Vought F-8 Crusader: Development of the Navy’s First Supersonic Jet Fighter
  11月に入ると、途端に寒い日が続くようになり、今日15日も結構寒い。まあ暦の上ではもう冬なので、それも当然か。こうなると昼めしは、何か温かいものが食べたくなるぞ。

 朝からいつものようにネットサーフィンをしていたら、突然firefoxがおかしくなり、やむを得ずアンインストールしてから再度ダウンロードすることで復旧した。今までそんなことはなかったのになあ。まあ治ったからよしとしよう。

 先日TVで「シン・ゴジラ」を放映したので、やっと見ることができた。まあよくできた作品とは思うが、やはりオヤジの脳内ではオリジナルのゴジラを超えることはできなかったな。これは比べるほうがおかしいのだろうが…。

 放映時間は1時間59分だが、TVでは1時間53分と6分間短くなっていた。これはエンドロールを削ることで時間の調節が行われたものと思われ、加えて不祥事を起こした小出恵介の出演シーンを6秒間カットしただけにとどまり、ほぼオリジナルのままで放映されたことになる。まずはありがたいことだ。

 政治がらみの話は腹が立ってくるので今回はやめて、さっそく新刊の紹介といこうか。さて今回は、8月に刊行されたばかりの「Vought F-8 Crusader: Development of the Navy’s First Supersonic Jet Fighter」を紹介しよう。

 以前紹介したF-106本と同じクレシー出版からのリリースで、タイトルどおりオヤジが大好きなF-8クルーセイダーのモノグラフだが、本書の特徴は運用面や飛行隊関係をほとんど無視して、開発と派生及び発展型計画に主眼を置いていることだ。

 このため、これまでの出版物ではさほど詳しい記述ではなかった開発の実態が詳細に解説されており、実大モックアップで当初機首左右に設けられていたエアブレーキが、後に垂直尾翼をスタビレータ-の間に移動し、最終的に胴体下面に落ちいたことが写真を交えて記述されており、計画時には機首左右にエアインテイクを備える案もあったことが判明した。

 さらにクル-セイダーIIIの複座型計画や、機首切り離し脱出機構案、F-8のスタイルを踏襲したままの攻撃型案、そして究極ともいえる可変翼型等、これまで知られることのなかった記述が随所に散りばめられ、もちろん写真や図を交えてた多角的に解説されている。

 もちろん偵察型や複座型、近代化改修型に関しても解説されており、外形のみ偵察型仕様に改めた改造機のカラー写真は初めて見たぞ。また1機のみが改造された複座型の事故詳細にも触れられており、とにかくF-8ファンならば間違いなく手元に置いておきたい一冊だろう。

 今アマゾンで調べたら、価格は5,200円弱、出品者価格でも送料込みで4,900円とそれなりの価格だが、薄い2,000円台の本2冊を買うよりもはるかにコスパは高い。オヤジは1,000近く安く買えたので、嬉しいぞ。

 

スポンサーサイト
コメント
コメント
>薄い2,000円台の本2冊を買うよりもはるかにコスパは高い

すいませんねぇ(笑)
2017/11/17(金) 16:30:40 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/162-2b3af9a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。