(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
Junkers Ju 388: Development, Testing And Production of the Last Junkers High-altitude Aircraft
 今日6日は朝から雨が降ったりやんだりで、午後から図書館に行く予定なのに、はてどうしたことやら。まあ湿度は高いが涼しいので、ひとまずオヤジにはありがたいことではあるのだが…。おっ、昼の天気予報でこれからは雨は降らないとしているにで、これはやはり行くしかないだろう。

 外に出ないと生鮮食料品が買えないし、田舎堤のCOOPは結構高いのでやはり千歳烏山で買うのがべストになるのだ。電車賃を必要とするが、それは図書館と相殺できるので気にはならない。まだPASUMOが残ってるしね。

 今メールが来て、15時から1時間限定でアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーが半額になるとのこと。これも前からほしかった調理器具だけに心が惹かれるが、生活費との兼ね合いが…。困ったもんだな、ホント。

 と妄想していたら、夕方にコロちゃんと呑むことになった。これでヨーグルトメーカーは必然的にあきらめざるを得ない。まあそのうち金が入ったら、買えばいいさと自分を騙すことにして先に進もう。旧交を深めるのは、いつでもいいことだからね。

 さて今回は、以前からほしかったのだが最初は8,000円台、その後1万円前後という価格になり買えなかった本が、いきなり5,000円を切る価格になっていたので、生活費を切り詰めることで早速注文した。それがシッファー出版の「Junkers Ju 388: Development, Testing And Production of the Last Junkers High-altitude Aircraft」で、こいつを紹介しよう。

Ju388 ユンカース社がJu88の開発で目論見ながらも果たせず、続くJu188、Ju288を経てようやく辿り着いた戦闘機を上回る高速爆撃機が、シリーズ最終形態といえるこのJu388だ。しかし実際には、確かに最大速度委は600km/hを超えることに成功したものの、あくまでもこれはクリーン状態での数字であり、爆撃型や夜間戦闘機型は兵装搭載によりこの速度は低下し、さらには当時の連合軍戦闘機の大半がこの速度を上回っていたため、結局ユンカースの夢は頓挫した。

 加えて実戦化は大戦末期だったために生産機数は少なく、ドイツ機マニア以外にはほとんど知られていない機体となってしまった。しかしオヤジは、この悪く言えば変態チックなスタイルが昔から好きで、特にH.R.ギーガーがエイリアンのデザイン・コンセプト検討の際に、頭部の形状に関してJu388の機首からヒントを得たと思うのだがどうだろうか。

 もちろん本機のモノグラフとしては最新かつ最大ボリュームで、408ページもあってずしりと重い。ありがたいことに、同社の他の出版物と同様に上質紙なので印刷も奇麗だ。とにかくこのボリュームなので、寝転んで読むというのは難しいのが残念だぞ。

 刊行は2006年なの位で10年以上前に出たことになるのだが、アイテムがアイテムだけに全く問題はない。つい今しがた届いたばかりので、パラパラとめくったにすぎず、内容に関しては次回回しとしよう。(以下次回)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/159-45f2ca68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック