(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
Lockheed - Vega PV-1 Ventura and PV-2Harpoon
 9月に入っても、いつもは暑い日が続くいわゆる残暑に悩まされるのだが、今年はちょっと違う。何しろ毎日が涼しく、夜中に窓を開けたままだと寒くなるほどだ。暑がりのオヤジにはありがたいことなのだが、野菜に影響が及んで価格高騰になるのは困るな。

 つい最近、アマゾンに本を2冊8,000円弱を頼んでしまったので節約を余儀なくされ、このところいつも家に残っている食材で何とか凌いでいる。ありがたいことに、ウイスキーだけは結構あるので当分困らないのだが、生鮮食料品がないというのはちと辛い。

 しかも野菜は高く、いつも西友で買っている鶏胸肉1kgが480円から570円に値上がりしたのには驚いた。って、もうかなり前からなんだけれどね。鶏胸肉はいろんな料理に使えて、しかも安いというのがありがたい食材なのだが、これでは困ってしまうぞ。

 先頃TVを見ていたら、うさん臭い野郎であるテリー伊藤がこのところの北朝鮮報道により、子供たちが北朝鮮を嫌いになるのは問題だと言っていた。ご節ごもっともではあるが、よく考えてほしい。北朝鮮が、子供たちに日本という国とその国民をどう教育しているかということを。

 これは韓国もご同様なのだが、それをさらに酷くして子供たちに教えているので、北朝鮮が日本を正しく理解するなんてことは、金輪際不可能だろう。日本としても、ハブに可愛いねと手を出して噛みつかれ、死ぬのが落ちじゃないか。もはや対話などできる国ではないことが、どうしてわからないのだろうか。

 互いのベクトルが真逆という今の状態では、歩み寄ることなどは不可能なのだ。だいたい核を持ったから侵略されない国になったと、偉そうに猪八戒野郎は抜かしているが、だったら朝鮮戦争休戦以後にどこの国が北朝鮮を侵略したというのだ。

 国民が餓死し続けているという状況の中で、核とミサイル開発に多大な出費をし、しかも手前ら幹部はいい生活をしながら国民はその実態を知らないままに、世界中を敵に回して喜んでいるという現状では、北朝鮮は地球が生んだ失敗作としか言いようがない。まあ日本にも、かなりの責任があることは事実なのだが…。

 さて今回は、前述した2冊の中の1冊「Lockheed - Vega PV-1 Ventura and PV-2Harpoon」を紹介したい。本書はお馴染みネーバルファイター・シリーズの一環であり、少々前にリリースされたものだがなかなか買えず、そのうち5,000円を超える値段になってしまい、さらに買えなくなっていたのだ。ところが先日、いきなり送料込みで3,000円を切っていたので早速注文し、アマゾン在庫ということで先ほど到着した。

 オヤジはこのPV-1という機体が好きで、その昔にフロッグが発売を発表した際には喜んだのだが、結局日本にはほとんど入らずに終わり、それからかなり時間を経てようやくソ連のNOVO版で入手した次第。フロッグの中でも出来はいい部類だったのだが、結局作らずに終わった。

ReveMonoPV-1 その後にアカデミーからも発売され、さらには48でレベルもキット化したのだが、48は買わずにアカデミーも他のキット同様、押し入れの肥やしとなってしまった。というわけで、今回は本はまったく紹介できず次回回しとしよう。(以下次回)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/157-756f0fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック