(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
F-102Bの艦上戦闘機型
 今日28日は、依然として残暑、というよりも夏がまだ続いているような暑さだ。
それでも汗をかきながら、窓の全開と水の摂取で空調を使わずに何とか過ごしている。えらいゾ、オヤジ。なわきゃないか。

 今は2時少し過ぎで、あと2時間もしたら待望の呑みタイム突入だ。今日のつまみは鶏胸肉を解凍していたので、ピーマンと合わせて塩昆布炒めを作ろう。これがかなり旨いのだよ。あとは温奴だな。これもお気になんだ。

 さて先回F-106の新刊を紹介したが、その中に面白い記述があったので、今回はそれを紹介しよう。F-106は単座のA型と複座のB型が生産されたが、机上ではあるがC~F型までの発展型が計画された。これはよく知られていることで、そのうち取り上げることにしてここではタイトルからもわかるように、当初の計画であるB型を母体とした発展型に関することだ。

 前に書いたように、その基本形は原型であるA型とは異なり、すでに基本図面の段階で後の生産型となるF-106Aのスタイルをほぼ確立していた。つまりその完成度は高かったことを示唆している。しかし誤算だったのは、初号機F-106が要求された速度や高度性能を満たせなかったことである。ただしF-102B時代では、当然ながらそんなことは考えられてはおらず、このため当初から派生型も計画されたのであろう。

 それがここで取り上げる海軍向けの艦上戦闘機型であり、1954年3月からF-102B計画がスタートしてからさほど時間が経ないうちに、8型艦上支援戦闘機なる計画呼称で研究が開始された。この計画呼称からもわかるように、防空戦闘機としてではなく、艦船攻撃能力を備える一種の多用途戦闘機として位置づけられていたようだ。

 エンジンにはJ67もしくはJ75の搭載が考えられ、その任務は空対空ミサイルに加えて核爆弾もしくは通常爆弾を機内のウエポンベイに収め、艦上機には欠かせない装備である着艦フックの新設と、外翼及び垂直尾翼上端部への折畳機構の導入などが相違点としてアーチャーげられていた。

 さらに、当時実用化されたばかりのAIM-7スパロー対空ミサイル4発の機内収容のためにウエポンベイが後方に延ばされ、脚周りの強化や車輪径の縮小なども盛り込まれ、加えてAIM-7に換えてオリジナルで計画された無誘導核ロケット弾AIR-2Aジーニー2発の搭載も可能とされていた。

 FCSはオリジナルのMA-1から、データリンク機構などを除いた海軍専用型のアエロ11Bに改められ、海軍兵装局が開発する照準器Mk.16との連動機構が考えられた。そして試算ではあるが、高度10,700mでの最大速度はマッハ2、高度15,250mでマッハ1.75とされた。

 この艦上化計画は955年6月20日付で海軍に提案され、計画を検討した海軍は興味を持ったらしく、1957年初め頃に2機の試作機発注の内定を出した。そして5月には、空母での運用能力向上を目的に、カナード装着や強化型フラペロンと可変形前縁カナードの導入、スパイク形インテイクへの変更などに関する研究が求められた。

 しかしすでに大型かつ最新鋭の空母CVA-59フォレスタルが就役していたこともあり、離着艦能力向上を目的とした主翼の改良はキャンセルされている。また11月には、当時開発が進めらえれていた新型エンジンJ58-P-2への換装が求められ、このエンジン換装により最大速度はマッハ2.5に達するものと試算された。

 しかしこれらの変更に伴い、自重は23,6tに達するものとなり、当然ながらこれに兵装や燃料などを搭載すると最大離艦重量は30tを超えることになり、空母に搭載する戦闘機としては重量過大は明らかで、結局それ以上の段階の進むことなく机上の計画に終わった。まあ賢明な選択ではあるな。でも空母に搭載され、翼を折畳んだF-106もオヤジは見たいぞ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
55年といやー
F-6(F4D-1)は現役だったのに
同じインターセプターのデルタ翼か…
懲りずにF106の海軍型って、ちょっとアレですわな(笑)
2017/08/29(火) 15:28:53 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
中にも書きましたが、戦闘機というよりも要撃が可能な超音速核攻撃機、いわゆるバッカニアのアメリカ版と見るのが妥当かと。
2017/08/30(水) 08:40:41 | URL | 後藤 #CETDAfLA [ 編集 ]
ほうほう…
つーことは、それはそれでヴィジランティと被ってそうな…
なんにしても試行錯誤の時代でして、甲板上はオモロイ時代だったことを思い出されますね。
この時期からF/A-18が現れる頃までが一番好きだな~
2017/08/30(水) 11:52:45 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/156-4c92d5dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック