(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
ハセガワ1/72 ハリアーGR.7 その2
 昨日は雨が降らず涼しかったのだが、からっと晴れたわけではないので今日15日は朝から洗濯をしている。オヤジは結構豆に洗濯だけはしているのだ。まあこれは、みんな同様だろうな。

 いつもサラダ麺では何だなということで、昨日は笊蕎麦を昼に食し夜は白菜サラダとカレールーをつまみとしてウイスキーを呑み、最後に食パン1枚を食べて夕食を無事う終えた。

 カレーはレトルトだが、TVでレトルトカレーを煮る前に50回振れば格段に旨くなるとやっていたので、実践してみた。確かに分離していた脂分が融合されたが、格段とはいえずまあオリジナルよりはましかなという程度だった。ただし金がかかるものでもないので、これはよしとしようか。

 しかしド腐れ野郎とその詐欺政権は、とんでもない暴挙で治安維持法の再来ともいうべき共謀法を、参院で可決しやがった。数を背景とした独裁政治はもうたくさんだ。これがあいつらが言うところの議会制民主主義なら、自民党は即刻その名を国家社会主義日本労働者党(NSJAP)と改めるべきだ。体質と行動はナチスそのものなのだからな。

 その背景には、早く議題を可決して国会を閉会させ、ド腐れ野郎の竹馬の友が理事を務める加計学園獣医科新設問題を、うやむやのうちに終わらせようという腹黒い下心が見え見えだ。何しろ内閣府挙げてのオペレーション友達なんだからな。

 これでもあなたは、自民党に票を入れるのですかとオヤジは言いたい。なんせ詐欺政権になって以降、日本の将来を大きく左右する各種法案をすべて強行採決などで決めているのだから、こいつらが一部を除き国民のことなど一切考えていないことがわかるだろうが。やっぱり三等国民だな。

 さてここからは前回の続きで、ディテールに関してはインターネットでそれなりに探せるのだが、やはり不足している部分があるのもまた事実だ。しかしふと思い出したのが、以前に購入してそのまま放置したままのイギリス向けハリアーのディテール写真集「HARRIER Inside and Out」の存在だ。

Harrier: Inside and Out 置いてある場所もわかってはいるのだが、家庭内の配置事情から取り出すのが面倒だったので、今朝洗濯物を外に干す際を利用して無事に取り出すことができた。ここで役立つとは思わず、購入しておいてよかったと思う。

 しかし一番知りたかった、エアブレーキ後方のチャフ/フレアー・ディスペンサー部分をカバーする山形のフェアリングに関しては、残念ながら掲載されていなかった。まあ3分割されて、ディスペンサー上部のカバーを任意に取り外すことが可能というスタイルだろうと想像し、これは自作することにしよう。これを再現しているのはエアフィックスのキットだけで、さすが自国の機体だけのことはある。

 さて、ハリアー・シリーズで問題となる前後の排気ノズルだが、やはりハセガワといえども型抜きの関係からこれは不可能だったようで、後方のノズルは実機をイメージ再現しただけのメリハリに欠ける表現となっている。まあこれはいうほうがおかしいのだから、責めるものではない。

 通常の状態である後方に回した場合は、搭載兵装によりほとんど見えなくなるのでそのままでも差支えはないのだが、これまた別売パーツを購入することにしたい。って、1,000円のキットを作るのにいったいいくらかかるんだ。昔ならば何も気にはしなかったのだが、赤貧の今はかなり辛いぞ。(以下次回)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/143-1e5019db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック