(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
塗装着前まで進んだエレファント
 昨日9日は、朝から小雨が降ったりやんだりで少々気分がブルーだったが、今日は朝から晴れ気温が15度チと決して高くはないものの、日差しがあるだけ昨日よりは暖かく感じさせてくれる。まあいい一日ということだ。

 しかし今、いつものようにひるおび! を見ていたら、明日は雨でしかも気温は10度と、少しばかり冬に逆戻りしてしまうとのこと。ただし明後日からは回復して気温も日々高くなっていくので、明日だけ我慢すれば春満開ということだ。頑張ろうぜ。

 このところウイスキーが絶えたので酒は摂取しておらず、1週間以上開いた形となっている。これは十分な休肝日だろうし、来週にならないと呑めないので、これは体にとっては間違いなくよいことだろう。別になければないでよいのだ、オヤジは。

 というわけで、昨日は鶏胸肉を解凍していたのでピーマンと合わせて塩昆布炒めを作ってみた。前にも作ったのだが、これはとても旨い料理でピーマンのシャクシャク感や胸肉の旨味など、ご飯のおかずに最適な一品なのだ。

 そして夕食は、とんかつ用のロース肉を解凍しているので、十数年ぶりとなるポークチャップを作ることにしよう。実はこの料理、日本独自のオリジナルで、その昔ポークチョップなる知らない料理名を聞いた料理人が、たどり着いたのが豚肉をケチャップで味付けるという料理法で、オリジナルとは全く異なるのだが、これはこれで旨い。

 今日もまだヴァレンタインの写真が来ないので、昨日に続きエレファントを作っている。その結果、コーティングシールはすべて貼り終わり、マズルブレーキの接合面も整形して、1000番のペーパーでの仕上げも終わった。

 足周りはまだだが、これは塗装後に組み立てるものなので、要は塗装以外ほぼ終了したということだ。しかしエレファントの塗装は、イタリアと東部戦線ともに3色迷彩なので、地色であるドュンケルゲルは缶スプレーで問題ないが、オリーフグリューンとロートブラウンをどうするかということ。

 何しろ実車は吹き付けだし、もはや筆で塗り周囲をシンナーでぼかすなどいう高等技術は不可能だ。って、まるでもう基本塗装まで進むたいにいうじゃないか。まあいうだけだろうけどね。

 それにしても、コーティングシールには少々てこずったが、それ以外はさすがタミヤの新作だけあり、ストレスを感じることなくスラスラと進めることができ、数十年ぶりにキットを半完成状態まで仕上げることができたのは嬉しい。

 最後に完成させたキットが、ハセガワ1/72 XF5Uなのだから、それ以後いかにキットを作っていなかったか、わかる人はわかると思う。

 ただ残念なのは、キットに用意されているデカールがイタリア戦線で機械的な問題で放棄され、アメリカ軍に捕獲されてアバディーン車輌試験場に運ばれた、第653重駆逐戦車大隊第1中隊本部2号車、車輌番号102、製造番号150071の中隊長であるウルブリヒト大尉乗車のみということ。

 これはもう少し考えたほしかった。また指定デカールでは問題ないが、車体側面のコーティングパターンが異なる車輌もかなり多く、製作に際してはリサーチが必要となる。これは2種類を奮発していただきたかったところだろう。

 こうなると、コーティングの必要がない、クルスク戦時のフェルディナントがほしくなる。どうせならば、行動を共にして火力支援にあたったブルムベアもキット化してほしいものだ。あっ、同じくクルスク戦が初陣となったナスホルトとフンメルもね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/130-822d4e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック