(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
東部戦線のソ連製車両
 雨が降ったりやんだりで、3月も半ばだというのに今日15日は、結構寒い日だった。でも再来週には花見の季節となるので、もう少しの我慢だ。というわけで、意味なく今日も呑む。原稿書きにも飽きてきたので、まずスパゲッティーを茹でてからオリーブオイルをかけ、呑む前に胡瓜と玉ねぎ、そしてハムをスパ地マヨネーズで和えればスパサラダが完成する。

 そしてほうれん草とコーンをマーガリンで炒めれば、立派な簡単野菜炒めができるのだ。ほうれん草は美味しいし、体にもいいしね。これにチーズが加わるので、まずは立派なつまみ兼夕食となる。

 さらに食べたければ、餅を焼いてこいつに納豆をかければ美味しい一品が出来上がるぞ。簡単なものばかりではあるが、朝8時過ぎから原稿を書いていればあまり凝ったものは作れない。って、暇でも大したものは作らないんだけれどね。

 最近更新したブルーレイ・レコーダーDIGAは、すこぶる調子がよい。確実にダビング時間も減っているし、前のDIGAは再生専用機としたのでファイナライズを必要とせずにAVCRECフォーマットのDVDを見ることができるので、ダビング中も退屈することはない。BD-Rを見ることはできないが、再生専用機があるのでこれも問題なしだ。かなり貧しくはなったけれどね。

 さて今回は、アーマーモデリングの別冊「東部戦線のソ連軍車両」を紹介しよう。そのタイトルからもわかるように、ドイツ軍と対峙したソ連の戦車と自走砲をカラー側面図でずらりと並べており、ソ連戦車ファンは嬉しくなる本だろう。

USSRTANK.jpg ソ連の戦車というと、どうしてもグリーンのモノトーンと思われがちだが、丹念に写真を見ていくと様々な迷彩塗装が存在することがわかる。本書はそれを具現したもので、数多い迷彩塗装例を紹介している。

 巻頭には当時のソ連の規定に従った塗装色が紹介されており、印刷ではあるがこれでどのような塗色が用いられていたのかを、視覚で確認することができる。だいたいオヤジは色自体にあまりこだわりがなく、明るいグリーンの部分が暗いグリーンだと困るけれど、それらしいグリーンならば問題なしだ。

 その昔厚木基地で見た、F-4Jの列線を思い出す。当時アメリカ海軍機の上面色はライトガルグレイなのだが、見事に同じ色の機体はなく退色などにより濃淡がバラバラになっていたのだ。しょせん色なんてそんなもの。連邦規格のFSカラーチップは単なる参考と考えればよく、要はらしければよいのだ。

 掲載されたカラー側面図はなかなかの仕上がりで、ウエザリングも施されキット製作の参考になることは間違いない。巻末には部隊の識別法と参考資料が掲載されており、ソ連軍の戦車が好きなモデラーなら購入をお勧めしたい一冊だ。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/126-7a055abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック