(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
CIVIL AIRCRAFT
 少し暖かい日が続いたかと思いきや、今日3月2日は寒くなり、おまけに雨まで降ってくるという少々春からは遠ざかってしまった感がある。去年までならば布団に潜り込んでいたのだが、今年からは座っているので寒さを感じてしまう。さりとて暖房は入れられないしな…。

 このところ大阪の森友小学校問題で、ニュースが炎上している。だいたい幼稚園児に教育勅語を暗記させ、差別を平気で行うことに何ら恥じることがないという籠池理事長は、あの極右組織である日本会議の一員ということからも、とんでもない屑野郎ということがわかるだろう。

 もっとも、こいつを敬愛するド腐れ野郎安倍と、その詐欺政権のトップである茶坊主の麻生を始めとして、閣僚の多くが日本会議に入っているのだ。こんな詐欺政権に日本を任せるということは、将来はお先真っ暗ということになる。

 この森友小学校の問題を引き金に、ド腐れ野郎安部が退陣し詐欺政権が粉砕されれば本当に嬉しいのだが、何しろ三等国民だけに今でも安倍を支持する人間がいるというのが現状なので、果たしてどうなることやら。

 とにかく国会での出鱈目な返答を聞いているだけでも、腹が立ってくる。早く日本を駄目にし、国民に苦労を強いらせる安倍とその詐欺政権は消えてほしい。よくあれだけ嘘をこけるもんだ。厚顔無恥という言葉は、こいつのためにあるんだな。

 さて今回は、先回紹介したアビエーション・ファクトファイル・シリーズの「CIVIL AIRCRAFT」が届いたので、紹介しよう。書き忘れたのだが、オヤジはこのシリーズのヘリコプターも持っていたので、あと冷戦期の軍用機と複葉/三葉機を買えば、シリーズすべてを入手することになる。少し阿保なのか?

 基本的なレイアウトは前回紹介した「CONCEPT AIRCRFT」に準じており、見開き2ページで1機を解説し、カラー側面図と同級機との比較もそのまま踏襲されている。

 民間機ということで、コンセプト機やヘリコプターとダブっている機体も結構あるが、もともと民間機の資料が少ないオヤジなので特に気にはならない。もちろんすべての民間機が網羅されているというわけではなく、なんでこの機体がないのと言いたくなる部分もあるのだが、まあ主要な機体はほぼ揃っている。

 総ページ数は448ページとシリーズの他の本よりも200ページ近く多く、収録機も220機以と結構な数になるので、ちょっと得した気分にさせられる。これならばダブっていること、あまり気にしなくとも済むというものだ。

 ハード、ソフト両版がリリースされており、当然オヤジは安いほうのソフト版を購入したのは言うまでもない。アマゾンで調べると、ハード版はなくソフト版の出品者価格は送料込みで2,000~3,000円強と、オヤジが購入した最安値よりわずかではあるが高くなっている。もちろん喜ぶほどの額ではないのだが…。

 もちろんこれで何かを書けるというものではないが、代表的な民間機が一堂に会し、基本的な情報を得るには十分なものがある。視覚的にも整っているし、民間機ファンならば持っていてもよい本と思うが、強くお勧めするというものでもない。念のため。

スポンサーサイト
コメント
コメント
欲しいんだよなぁ~
その本…
今度見せてもらって考えますか…

安倍さんやばいっすね、さすがに…
彼や自民を支持してるわけじゃないけど、師匠、『詐欺!詐欺!』って、具体的に何を期待して、なにを裏切られたのか?
興味津々です…
2017/03/02(木) 21:03:10 | URL | 楠木 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/121-1e4ac1b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック