(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CONCEPT AIRCRAFT
 今日26日はとても穏やかな日曜で、ほどほどの温もりがありのんびりとするには最適の日だろう。もっとも、オヤジはいつものんびりなのだが…。例によって、今日も4時から呑むので2時半に水を入れたボトルを冷凍庫に収め、3時半には豆腐の水切りをしよう。これも毎日変わらないルーチンだ。

 昨日冷凍庫から冷蔵庫に肉を移すのを忘れたため、今日は昨日に居酒屋で食べ残したキャベツサラダと串揚げを持ち帰ってきたので、温奴とチーズ、そして煎餅とつまみは十分なのだが、少々盛り上がりには欠けるので近くにできた7:11で何か買おうかと考えている。明日の引き落としに備えて入金の必要があるので、行かなければならないのだから…。

 さて今回は、2005年に刊行された「CONCEPT AIRCRAFT」を紹介しよう。本書はアヴィエーション・ファクトファイルの一環であり、オヤジはすでにこのシリーズの第二次大戦機とアメリカの軍用機、それに現代の軍用機を購入しており、もう少ししたら民間機も届くだろう。

 タイトルこそ異なるものの、このシリーズは共通のコンセプトでまとめられており、2ページで1機を紹介し最初のページで写真と初飛行などのアウトラインを収め、次のページで機体解説とカラー図を配している。

 また基本データも用意され、さらには同種の機体との比較が図版を用いて解説されており、さほど詳しい解説でははないが手軽な機体便覧としてはなかなかのものだろう。もちろんこれで何かの原稿が書けるというものではないがな。

 テーマであるコンセプト機とは、試作機や研究機、そして少数生産機を指しており、シリーズの中でも少々特異な存在ではあるが、オヤジは結構気に入っているのだ。ただし手軽に読めるとはいっても、版型は大きく総ページ数256ページと厚いので、寝転んで読むにはちと重すぎるきらいもある。

 本書に取り上げられている機体はそれこそ千差万別で、メーカーをアルファベット順で並べているので、最初に飛行船スカイシップが出てくるという面白さで、最後はYaK141となる。

 ただし計画機類は一切なく、実機が製作され飛行した機体に限定されている。もちろん収録されている機体は試作機や研究機すべてというわけではないが、それは当然のことだろう。それでも120機以上が収められ、お買い得感もある。

 オヤジは本書を送料込みで出品者から2,200円ほどで購入したのだが、先ほど調べたら3,000円を超えており、少し得した気分。定価が20ポンド、今のレートでだいたい2,800円ほどなので、まあオヤジとしてはいい買い物だと思っている。

 万人向けの本ではないが、その種の機体に興味がある方ならば持っていても損をすることはあるまい。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/120-0f0b97ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。