(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
RENCH SECRET PROJECTS 1 Post War Fighters
このところ冷え込みがきつくなり、いけないと思いながらも数日前から暖房を入れるようになってしまった。しかし電気代の増加はやはり避けたく、このため急遽アマゾンでスウェットを購入することにした。ありがたいことに、先日の4時前にネット支払いしたら、今日(11月26日)の朝には届いたのにはビックリ。凄いね。

でさっそく着込んでいるのだが、購入前にビューアーのコメントを読んだら、いずれも指定されたサイズとは思えないほど小さすぎるとの声が多かったので、LサイズではなくXLサイズを購入した。しかし届いたのはLLだったので購入履歴で検索したら、なんとXLは最初からないのだ。

ったらサイズに書くなよなアマゾンといいたくなったが、まあ怒ることもないだろうとさっそく着込んだら、これが結構温かくいい買い物をしたと思う。ついでにバスタブで洗濯したら、羽毛がダマになってしまったので破棄した羽毛掛け布団の代わりも購入した。まだ届かないが、これで夜も暖かく寝れることだろう。

今日は少し小銭が入ったので、久しぶりに福屋って隣の西友でウイスキーと肉、そしてその前の木村屋さんで野菜をいろいろ買い込むつもりだ。おっと、その前に図書館に行って、本を返しながら借りてくることを忘れないようにしよう。

さて今回は、先日届いたシークレット・プロジェクト・シリーズの最新刊「FRENCH SECRET PROJECTS 1 Post War Fighters」を紹介しよう。今、紹介と打ったら、最初に変換したのは哨戒と変換された。さすが軍事用語に特化したオヤジのオープンオフィスだけのことはあるな。

そのタイトルからもわかるように、戦後のフランス戦闘機に関する計画機を一堂に会したものだが、当然ながら話の流れとして様々な生産型も登場し、まずはフランスの戦後戦闘機便覧といったところか。

フランス機の資料は、アメリカやイギリス、ドイツ、そしてソ連や日本といった列強各国と比べると極端に少なく、もしフランスで結構な数がリリースされていたとしても、もともとオヤジはフランス語も全く駄目なので読めはしない。GP誌でAMX30を書いた際にフランス語の辞書は購入したのだが、それ以来は当然ながら開いてない始末だ。

まず表紙が凄い。可変翼に加えてグラブ下面に巨大なエンジンナセルを装着したこいつは、ダッソー社が1960年代に提案したマッハ3級戦闘機、MD117-33なそうな。オヤジは全然こんな計画知らなかったぞ。

こんな調子で、第1章のみ戦後のプロペラ機開発にふれた以外は、最後の第14章までズラリとほとんど知られていない各種計画戦闘機、もちろんこれはオヤジの場合なのだが、が多くの写真と図とともに並べられまさに圧巻だ。

とにかく図と写真が多いのでページをめくるだけでも楽しいが、やはり読んだほうがもっと面白い。何よりも英語で読めるというのは実にありがたいことなのだ。
価格も送料込みで4,000円を切っており、279ページの本としては安いんじゃなかろうか。

オヤジは送料込み3,500円足らずで出品者から新本を購入したが、アメリカでのドル価格が45ドルということを考えると、まずはお買い得だった。1ということで当然2が控えているが、これは爆撃機や攻撃機などを扱っており、来年7月の発売とのこと。これも楽しみなところではある。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/112-69a62e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック