(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
久々のパンター本
このところの台風襲来で、突然の豪雨により録画中の番組が電波障害により映らなくなるという問題が生じている。まあ何度も放映するのでそれはいいが、録画した番組をよく確かめないでBD-Rに落とし、それを見たときに録画不能に気づくという悲しい状況が発生してしまった。結局その番組は削除しなければならず、BD-Rの容量が減るのが少々悲しいゾ。

まだまだ暑い日が続いているが、夜更けにゴミを捨てに行くと結構風が冷たくなってきており、季節の移ろいを肌で感じることができる。今年の夏はかなり暑いといわれていたのだが、オヤジとしてはさほど暑さを感じず、空調の温度設定も25度で十分涼しく感じている次第。

このところド腐れ野郎阿部とその詐欺政権の保守派と呼ばれる連中が、日本の核武装を検討している。これがド腐れ野郎の最終目的なので、先頃の核拡散条約も批准せずに棄権しやがった。

しかもありがたいことに、五等国の中国や国家としての体をなさない北朝鮮の奴らの行動が、知らず知らずのうちに国民が核武装もありかなと考えてしまうという危うさを生み出している。本当にどうなることやら…。

さて今回は、急遽注文した「PANTER EXTERNAL APPEARANCE & DESIGN CHANGES」を紹介しよう。いまさらパンターをと思うかも知れないが、本書は生産工場別の塗装とツィメリットコーティングに関する記述が用意されており、これまでほとんど語られなかったことだけに興味を持った次第。

ただしいつものようにアマゾンではなく、たまに利用させていただいているPANZER BOOK.COMから購入した。何しろアマゾンでは扱っておらず、しかも全世界で2,000冊という限定出版なので、買い逃すと後がないと思ったからだ。

このため価格は8,800円と高めだが、USアマゾンで検索したが取り扱っていないので、選択肢はなかった。ただし阿漕に価格を上げるというような業者ではなく、アメリカで他の業者を調べたら約80ドルだったので、まずは納得できよう。オヤジが最後だったようで、先ほど見てみたら品切れとなっていた。嬉しいぞ。

著者はアルデンヌ戦におけるSS第1装甲師団の、局地的戦闘を描いた「霧の中の対決」シリーズを3点リリースしており、加えてナッツ&ボルツのMartin Blockとパンツァー・トラクツのメンバーが協力するという豪華な陣容となっている。

結構大判で、ページ数も286と厚いのに加えて、大半の全体写真は1ページ1点とされ、しかも上質紙なのでディテールがよくわかるというのはありがたい。また未発表写真の意外に多く、さらにはディテール図とカラー図が随所に配されている。

本来ならばもう少し詳しく記述しなければいけないのだろうが、何しろ情報量が極めて多く、拾い読みでもかなりの時間を必要とするため、その詳細に関しては次回回しとさせていただこう。なお取り上げられている型式は生産型のみで、1輌の試作のみのパンターIIや、生産車が完成していないと思われるF型に関しては一切触れられていない。(以下次回)
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/02(金) 12:43:57 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/107-13a678fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック