(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE DEADLY MANTIS
今日(8月5日)もそれなりに暑いのだが、天気予報によると土曜から1週間ぐらい連日35度超えだという。極力空調の使用は控えているのだが、そうなるとやはり使わざるを得ず、その結果として電気料に絡んでくることになる。

今日もまだ空調は入れていないのだが、温度計を見ると32度で結構暑い。このため昼飯には熱いものは作りたくないし、さりとて一人暮らしなのでそれなりのヴァイタミンは確保したい。

というわけで、今日の昼食は野菜をたくさん摂れるサラダうどんにした。夏は週に一回くらいは作るオヤジの好きな料理で、簡単かつ安いという大きなメリットを持ち、野菜一食で200gぐらいは摂れるというありがたい料理なのいだ。

野菜はまあ、生食ができるものならば何を入れてもよいのだが、最低でもキャベツにレタス、そしてキュウリは押さえておきたいとこころだ。これにアスパラの缶詰やかいわれ大根でもあれば、気分はもう最高!侘しくもあるのだが、それはいいか。

また熱を加えることを厭わなければ、ブロッコリーやグリーンアスパラ、カリフラワーなんかもよい。たんぱく質が足りないと感じたらハムやシーチキン、卵あたりを載せてやれば、さらにバランスがよくなる。夏にはお勧めの一品ですゾ。

さてオヤジは紛れもなく古い世代の人間なので、50年代のSFや怪獣映画が大好きなのだ。昔オヤジが中坊だったころはTVでよく放映していたのだが、そのころは録画装置など家庭用は存在せず、あっても買えないことは間違いなかった。

さらに今では、スカーパーでSF映画を放映するもののいずれも近作ばかりで、まずそんな古い作品はやらない。というわけで、赤貧ではあるがアマゾンで小銭が入った際に、これらのDVDをチマチマと購入することになる。

そんな中から今回は、先頃リリースされた「デッドリー・マンティス」、直訳すれば死のカマキリとなるのだが、邦題は「極地からの怪物 大カマキリの恐怖」という映画の内容をそのまま伝えるタような、大仰なタイトルが与えられている。

実はこの映画、1957年のユニバーサル作品なのだが、日本では公開されずに終わり、同じく未公開でありながら結構TVでは放映した作品も存在する中で、TV放映もないといういわば幻の映画だったのだ。

そのくせに様々な本では本作が紹介されており、同様に巨大化したサソリやタランチュラともども、オーロラ社でキット化されていたのだ。簡単ではあるが一応ディオラマ仕立てとなっており、もちろんその昔オヤジも購入した。

でも作品を見れないということにはなんら変わりがなく、輸入版を購入するという手もあるが、ヒヤリングがワヤなオヤジは指をくわえているしかなかった。しかし、しかしでずぞ! 最近ようやく日本語版がリリースされ、送料無料で1,500円という手頃な価格なので、ようやくオヤジも購入することができた次第。

内容はまあ、タイトルからもわかるように、北極で蘇生した大カマキリがアメリカ各地(というほどでは、まったくないのだが)を襲うという、この時代の怪獣映画に則ったストーリで、これは凄い! とうならせる箇所もないけれど、まずは無難に眺めることができた。

NORAD(北米大陸防衛)提供の実写フィルムでF-94A(B?)が結構出てくるし、わずかではあるがF-86Dも登場する。カマキリもしょぼいといえばしょぼいが、ひどいというほどでもなく十分アップにも耐えられる仕上がりだ。

最近の映画を見慣れた目には駄作と感じるかも知れないが、これはこれでよいとオヤジは思うゾ。万人向けとはいいがたいが、この種の怪獣映画が好きな方ならば、持っていてもいいじゃないかな。
スポンサーサイト
コメント
コメント
B級SF映画ですか…
これらの作品はさすがに私は観た事ないですねえww

映画と言えば、先日『風たちぬ』を観てきましたが、某巨大掲示板では『あれより『かぐや姫物語』の予告編の方が凄い』と紹介されていましたので、こいつもついでに見ましたが…

久方ぶりに『東映アニメ』を観た、って感じでした。
一言で言えば『白蛇抄』や『安寿と厨子王』の頃のそれを現代風にブラッシュアップしたような…

なんとなくB級っぽい雰囲気の方が面白そうな予感がするのは気のせいですかねぇ…

特撮でもアニメでも、現代流のCGゴリゴリの作品はどうもなじめないです。
2013/08/05(月) 18:00:58 | URL | やまちゃん #mQop/nM. [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://mark0041.blog.fc2.com/tb.php/10-be3c4d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。