(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
是非教えてくだされ
 今日も昨日と同じく快晴で、しかも昨日よりは暖かくてさらに気持ちのよい日となった。今日は恒例の福屋呑み会があるので、昼は簡単にホットサンドを作ろう。具はレタスとハム、そしてとろけるチーズといたってシンプルで、片手で食べられるというのも嬉しいゾ。

 所要があってちょっと2チャンネルを覗いたら、オヤジのことを英語の資料を垂れ流して小銭を稼いでいるという輩がいやがった。まあそのとおりだし、オヤジはこんな蟻んこ野郎、あっご免、こんな輩と比べられると蟻んこも怒るよな、などはどうでもいいのだが、それではひとつ聞きたいことがある。

 なんでもアイテムはよいのだが、それでは書くときにどうしたらいいのか教えてくれ。もちろん英語は駄目なのだからドイツ語やフランス語、そしてロシア語も駄目なんだよな。だったらどうやって書くんだ?

 まあ文字ではないから写真はいいのだろう。としてら実車や実機の解説、そして各型の変遷などは記憶と妄想で書けということなのか。少なくともオヤジは、使用した資料を記載しているし、確かに技術的部分などは流用しているが表現は変えているし、ある場合は他の資料と突き合わせて整合性を追求している。

 そして写真だけを見て書けるのは、ここが違うのあそこが違うということだけで、ではそれがいったいいつ変更されたことなのかとか、どのように開発され何輌が作られたか、さらにはどう配備され戦ったかということを、写真だけで書けるのはせいぜい日時と場所、所属部隊程度しかないだろう。だから聞きたいのだ。

 図面やイラストじゃないんだから、日本の戦車や航空機など第一次資料を見れるものはともかく、外国のアイテムを書く場合はどうすればよいのかそれを教えてくれ。少なくとも日本語で書かれた本は、すべて外国の資料を下敷きとしているぞ。

 オヤジはこんなカス野郎に怒っているのではない。そう偉そうにいうのならば、どうしていいのか教授してくれとお願いしているのだ。もしも万が一これを読んだならば、是非コメント欄にその書き方を教えてほしい。よろしくお願い申す。まあできるならばだがな。



Eduard 1/48 Vought F-8E Crusader Limited Edition 先ほど駿河屋のサイトを眺めていたら、エデュアルドから1/48 F-8Eが5月末頃にリリースされるとあったので、一応カートに入れておいた。キット自体はハセガワそのものだが、エデュアルド製の射出座席と車輪、そしてマスキングシートに加えてカルトグラフ製のデカール5機分がセットされ、これで5,600円強というのは嬉しい。

 しかし日本のサイトでは、いずれも収録されているデカールの飛行隊が不明だったので、海外のサイトを見たら判明した。それはVF-162、VF191、VF-194、VF-211、VMF(AW)-235各飛行隊で、どの機体がセレクトされているかは不明だが、いずれにせよ派手な機体を選んでいるものと思われる。まあこれは願望ではあるが…。

 家にキットはないし、買っておいてもいいかなと思ったのだが、これまた絶対に作れるはずはないし、オヤジは72派なので金銭的な余裕があった場合には購入することにしよう。それより1,000円近く安価な、F-8本は即頼んだのにな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。