(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いいぞ、キンドル
 昨日は午後ににわか雨が降ったが、近所のセブンイレブンにアマゾンの支払いに出る時には止んでいたので問題なしだし、今日は気温こそやや低めだが快晴で気持ちがよい日となり、南北にの窓を開いて春を満喫している。

RFM35M1Track かなり古い刊行だが今でも他にモノグラフはなく、しかも送料込みで1,500円程度だったのでModern Combat VehiclesシリーズのThe Scorpion Familyを注文したら、3月25日にイギリスを発ち4月1日には到着した。早いゾ。

 スコーピオン・ファミリーの原稿依頼が来るかはわからないが、まあ先の備えというわけだ。先ほど調べたら出品者価格で6,000円ほどしていたので、かなり得した気分になったぞ。仕事が来ると嬉しいのだが…、まあアイテムがアイテムだけに無理だろうな。

 友人の住職さんから頼まれていたテープ起こしが終わったので、今は何もやることはなく、こうしてブログを書いている次第。まあ読む本はそれこそ文字通り山のようにあるし、撮り溜めた映画も同様なのでお楽しみはこれからだゾ。って不安になるのではあるが…。

 さて今回は、アマゾンが提供している電子書籍キンドルを紹介したい。オヤジはやはり古い世代なので、当然ながら紙の本のほうが好きだし仕事で使うにはやはり本のほうがはるかに使いやすいのだが、何といっても格安で、しかも即手に入れることができるというメリットは捨てがたい。

 というわけで、今PCのHDDには310冊が収まっている。もっともその大半は無料のサンプルで、実際に購入したのはまだ70冊ほどなのだが、今数えて結構購入しているのには驚いた。もっともこの大半は無料のサンプル本なので、実際には60冊程度かな。

 無料本の中には、前からほしかったが店頭販売している店が極めて限られており、入手ができなかった東京都の「東京防災」があって、これは嬉しくなったな。何しろ無料なので、万人に勧めたい一冊だ。

 特にオヤジのお勧めは、以前紹介したディテール&スケール・シリーズで、カラー&マーキング・リシーズ1冊を含んでもう6冊が刊行されている。F2Hバンシーは好きではないために購入はしていないが、他はすべて購入済みだ。

 本シリーズの特徴は、紙版をはるかに上回る250ページ前後というボリュームと1,300円前後という安さ、そして紙版ではなかったカラー側面図が用意されており、未購入の方でもこの内容と価格ならば購入してもいいんじゃなかろうか。

 購入に際しては、コンビニ払いはできないためカードだけかと考えそうだが、実際にはアマゾンのギフトカードをコンビニで購入すればよく、オヤジはこのギフトカードでいつも購入している。こ他にもかなりり安価な本が多く、ぜひチェックしてほしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。