(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
サイバーホビーのSH-3H その3
前回でも書いたのだが、このところ寒いので暖房がほしくなる。しかし交換された新型の空調機は以前よりも安くなったとはいえ、やはり結構な電気代となるので、できる限り使用は控えたい。

ということで、遠赤外線のカーボンヒーターがアマゾンで4,000円以下で売っているのを見つけ早速注文した。まだ届いてはいないのだが、まあ明日か明後日には使えるであろう。今日はウイスキーがたっぷり、なんと6.8リットルもあるので当分呑みには困らず、4時半になったら呑みタイムに入ることとしよう。

Sheen君のコメント、なぜ5.5合炊きを4割引きで炊くとご飯が美味しくなるのへの答えだが、もちろんこれは味という数値には表れないもののため、個人差があり一概にはいえない。

ただいえることは憶測ではあるが、炊飯時に釜内部で生じる対流と米粒の隙間が関係すると思う、あまりにも違いすぎるのだが、最大速度が200km/hの自動車をその速度で走らせるのと130km/hで走らせるのでは、おそらく大きな違いが生じるのと似たようなものではないだろうか。

実際オヤジの経験では、IH炊飯器で目一杯炊いたときよりも、3合炊いたときのほうがより美味しかったような気がする。ただ考えてみれば、現在味覚オンチ継続中なので、味云々はあまり関係なかったな。トホホ。

さてここからは前回の続きで、HCコマンドのみが備えているスライトドア下方のステップは、それ以外の型式では存在しないのにもかかわらず、これまた接着せよと指示されている。これはパーツを取り付けなければ済むというものではない。なんとそのための大穴がモールドされているので、これを埋めなければならないのだ。その後で正規の燃料注入口を再現する必要があり、二度手間なのだ。

さらにこれまたHCコマンドと、ウエストランド・シーキングの一部以外では存在しないスライドドア後方の長方形張り出しを切除し、生じた穴を埋めなければならない。また機首左右にモールドされている、意味不明の手すり取付け用の孔を生め、成型することも忘れてはならない。

まだまだ修正は続く。説明書で指定されている新規に作られたエンジンフェアリングだが、これは海上自衛隊のHSS-2A/Bのものであり、SH-3には必要ない。しかも上、側面の排気開口部が深すぎるという問題もあるので、今後登場するであろうHSS-2Bを製作する際にはそれを利用して、中に金属製のメッシュを入れてやりたいところだ。

なお、この部分のランナーにはHSS-2A/B仕様の防氷フェアリングのパーツがモールドされているので、キット化されるのは間違いない。しかし胴体後方の突出式捜索レーダーは、SH-3HのLN66HPではなく日本製のHPS-102なので、説明書を鵜呑みにして接着してはいけない。

ただありがたいことに、SH-3Hでは実際に装着している機体はほとんどないようで、セットされたデカールの機体もすべて捜索レーダー未装備となっており、単に使用しなければよいということなのだ。

SH-3H仕様の特徴でもある、大型化された補助フロートはまあこんなものだろうが、SH-3Dから前後幅が拡大された支柱は再現されていないので、正確を期すならばこれも工作する必要がある。これはコメントをくれるSheen君に教えてもらったことなので、あまり大きなことは言えないのだが…。

もっとも、これが再現されているキットはフジミの旧作しかなく、ハセガワの48も駄目なので案外、鬼門なのかも知れない。反面、キャビン内はしっかりとパーツが用意されており、前方と後方の隔壁の間には各種コンソールとその操作員2名の座席も抜かりはなく再現されている。

加えて、十分樋はいえないもののキャビン内壁にはリブのモールドが新たに用意されており、AQS-13B吊り下げ式ソナーとその吊り下げ装置周りもこのスケールならば十分の仕上がりとなっている。外見の誤りを、これで少しは補おうということなのかな。

そして最後はデカールだ。カルトグラフ製なので発色は問題なく、HS-8、-10、-12、-14の4機分がセットされている。実はこのブログを書くことでわかったことがある。それは、数字や文字のカット角が空軍では45度、海軍では60度というのが常識なのだが、SH-3では45度カットの例がかなり存在することだ。

デカールに選ばれた機体でいうと、HS-14以外はいずれも45度カットだった。でキットはというと、もちろんそんなことはお構いなしに中国人が作図したのだめに、当然ながらすべてが45度カットとなってい

そして本来ならば間違いとなるこの45度カットが幸いし、意図せずにHS-14以外では正しいことになってしまった。ただし胴体側面に記入された無線呼出し番号はHS-10のみ正しいが、HS-8と-14は上下高が長すぎ、反対にHS-12は短すぎるので、残念ながらそのまま使うことはできないのだ。

さらに悪いことに、HS-10と-12の胴体側面に走るマーキングは赤で再現されているが、実際にはマルーン、すなわち栗色が正しい。これはHS-12のみだが実機で確認している。またHS-8では一部マーキングが無視されているが、これは描かれていない時期と考えることにしよう。

あり難いことに、SH-3H以前の補助フロートや短い水平安定版などもそのままセットされており、デカールは使えないがそれ以前のMAD装備改修、つまりH型と同じ補助フロートを装着したD型を製作することも可能なので、アメリカ海軍のシーキングを購入するならば、迷うことなくこちらのキットを選ぶことだ。

ただし作るのはまた別のことで、先に記した問題に加え細かい部分、例えば無視されている主脚柱の肉抜き孔など様々な箇所に手を加える必要があり、本来ならば作らないで済ませるのが一番なのだ。

しかしSH-3は好きな機体なので、ハセガワが新たに72でキット化してくれることを望みたい.。ただしハセガワのキットは基本的に海上自衛隊仕様がベースなので、正しいうアメリカ海軍仕様とする必要があるのだが…。
スポンサーサイト
サイバーホビーのSH-3H その2
立冬になったとたんに、毎日寒い日が続いている。ブログの更新が滞っている間に、衆議院の解散や消費増税の延期など世の中はいろいろ動いている。これに関しては書きたいことがあるのだが、それは次にして先に進もう。

実は悲しいことに、数週間前なんと長らく使ってきた象印のIH炊飯器が御昇天なさってしまった。確かに普通は電子レンジで炊飯しているのどでに困るということはないのだが、オヤジは炊き込みご飯や赤飯も好きなのでやはりないと困る。

ということで、このところ数日間は炊飯器選びに集中していた。前にも書いたと思うが、オヤジは5,000円以下のものだったらあまり気にすることなく即注文するのだが、それを超えるとなると必要以上に時間をかけてリサーチする。まあ単に赤貧ということなのだが…。

まず最初は、これまでどおりIHとするか、それともグレードを落としてマイコンにするかで検討に入った。これはメーカーや機種にもより異なるのだが、概して価格では倍前後の差となる。となると赤貧オヤジならばマイコン式ということになるのだが、やはり味が絡むので単純には決められない。

そして最終的に出した結論は、メーカーは象印で5.5合炊きIH廉価型最新バージョンの NP-VL10-TDとあいなった。一人暮らしで5.5合炊きは大きすぎるのではと考える方もいるだろうが、よりうまい米を炊くには全容量の4割引きとして炊くのがベストなので、3合炊くにはやはり5.5合炊きでなければいけない。

さらにマイコン式では、オヤジが好きな炊き込みご飯は圧倒的に不利となるので、ここは高くてもやはりIHのチョイスとなる。それに赤貧とはいえども、グレードダウンというのはしたくないもんね。

となると、次はどこから購入するかだ。普通はアマゾンとなるのでが、一応価格で調べたら、ムラウチの税・送料込み14,000円が最安値と判断した。アマゾンと比べると1,700円以上安いのだ。というわけで先ほど注文。来週には届くだろう。
さてここからは前回の続きで、まず何度も書いているエンジン・フェアリング後方のオイルクーラー排気口周囲のフェアリングが省略されていること。確かにSH-3A、当初はHSS2と呼ばれていたが、の初期生産機ではこのフェアリングはない。

これはBu.No.とブロック、そして写真で調べた結果、フェアリング未装備で完成したSH-3Aは127機と推定した。ただし以後の生産機はすべてフェアリングを装着して完成しており、未装着機に対してもIRANや改修キットにより装着作業が実施されているので、このパーツがないというのはおかしい。つまりサイバーホビーがセレクトした各型式で、このパーツがないというのは、明らかな間違いなのだ。

一応気がついているようで、今回のSH-3Hの箱絵ではなんと救難ホイストでその部分を隠している! しかしよく見ると、フェアリング上部が描かれているぞ。頭隠して尻隠さずだな、これは。そんな姑息な手段を採るよりも、早くパーツを入れろよ。このあたりは中国人ならではのでたらめさだな。まあ三等国なので仕方ないか。

さらに胴体右側を新規金型としているようで、これまでのキットでスライドドア後方にモールドされていた燃料注入口が姿を消している。これは実機どおりなのだが、だったらスライドトア下方に設けられているHCコマンド以外の各型式の燃料注入口をモールドしろよといいたいゾ。(以下次回)
サイバーホビーのSH-3H
今日から11月。気持ちのよい一日から、だんだん寒い一日へと変わりつつある今日この頃、少し仕事に追われていたら更新が滞ってしまい、まことに相すまぬ。

何か毎日、ド腐れ安部のことでむかついていたら、もうどうでもよくなってしまった。最近は政治と金が話題となっているが、これは政治屋とは切り離せないものであり、単にばれていないというだけでみんながやっていることだろう。

大臣になったばかりの元総理の娘が、大臣職を辞任した。その際に阿部政権に何も貢献できなかったといっていたが、それはとても正しいことだったと考えたほうがよいだろう。

なぜならば、ド腐れ安部を頂点とする自民党がやっていることは、目的ではないにせよその結果は国民を困窮させることであり、これからもさらにそれが強化されるのだから。

消費税を上げることはすでに法律で決定されたといいやがり、しかも増税分は社会保障にすべて充てるといいながら、実際にはもう他に転用していることがばれてしまっている現在、何を言おうがまったく信じることなどできはしない。

だいたい憲法を勝手に変更する集団自衛権はあっという間に決めやがったくせに、手前らが損をする議員定数の削減などはまったく無視していやがる。もう好き勝手に、もはやお馴染みとなったでたらめをやっているとしかいいようがない。

酒のメーカーから嘆願されたからといって、安い発砲酒の税を上げるなんざあ現政府は大企業のためにだけしか機能していないと言って、なんら間違いではないぞ。

まず手前らが交通費だの文書費だのの特権をすべてなくし、年収も350万円程度にしてから、消費税の値上げを論議しろよ。少なくともド腐れ阿部は給料なしで、国民に迷惑をかけたので毎月1千万ほど国に還元してもらいたい。

どうせ何らかの形で企業から裏金が入るのだから、その程度は屁とも思わないだろうよ。とにかく嘘しか出てこないその姿勢にはもううんざりなのだ。早くでたらめ政権は消えてほしい。これはオヤジ以外も同様だと思うのだが、いかがなものだろうか。

さて今月は、サイバーホビーからリリースされた72のSH-3Hシーキングを恵んでもらったので紹介しよう。といっても、例のごとく褒めるわけにはいかないのがチト悲しいぞ。オヤジは。

SH-3Hはシリーズの集大成であり、フロートを大型化して右後部MADを、左後部にマーカーをそれぞれ収め、胴体下面後部にはソノブイを装備するなど、外見的にもそれまでのD型と比べていっそう凛々しいスタイルとなっている。

そこでサイバーホビーのH型だ。基本的にはそれまでリリースされていたキットにH型での変更部分を追加したものだが、特筆できるのはそれまでの対戦型でまったく無視されていたキャビン内の各種コンソールが、完全ではないにせよ追加されたこと。

これはありがたい。もちろん当然ではあるがスパンが伸ばされた水平安定版も正しく再現されている。ただし褒められるのはここまでで、これから先は書いていて悲しくなることばかりとなってしまう。ある程度ならば、オヤジは我慢もするんだけれどね。

今日はここまでで、ウイスキーは絶えたけれどまだ3本ほどビールが残っているので、冷蔵庫に入っているピッツァとチーズをあてにして、呑みタイムに突入しよう。(以下次回)