(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
今日はのんびりしたかったのに…
ようやく秋らしい日が続くようになり、オヤジも気持ちがよい。昨日(ちなみに今日は9月13日)で抱えていたアメリカ空挺戦車の原稿を書き終え、明日に届くであろう写真のコピーを待っているところだ。これを終えればひとまず完全終了となる。

来月はアメリカの軽戦車を書くのだが、このところドイツものがないので少し寂しい。まあ簡単にいってしまえば、パンツァー・トラクツ誌の新刊待ちということなのだがな。というわけで、今日は何もしないでポォっとしよう。

このところ忙しかったので、まともな料理は何も作ってはいない。まあたいがい17時頃から呑み始めるので、作ろうという気が失せてしまうというのが実態だがな。で今日は何かを作るかといえば、これまた14時から野球中継があるので多分呑むのであろうから、これまた何もしないだろう。

まあ白ご飯と以前紹介したさくらご飯を冷凍しているので、後はソーセージ・エッグかトマト卵炒め、それすら面倒だったらいろいろとレトルト&缶詰もあるでよ。このだれた雰囲気、オヤジは好きだな。

と書いたら、たった今写真が届き、今日の計画はすべて崩れてしまった。これから写真解説に奮闘しなければならなくなったのだ。まっ、そんなものだよな。頑張ろう。オヤジ。

さて今回は、GP誌の原稿用として先頃購入したカゲロウ出版の「Chieftain Main Battle Tank」を紹介しよう。これはすでに紹介した同出版のチャレンジャーと同じシリーズで、なぜポーランドがイギリス戦車を? と考えてはいけない。

実は筆者のロバート・グリフィンは、20年以上イギリス陸軍で様々な戦車の乗員を務めており、すでにクローウッド出版からチーフテンのモノグラフを出している。今回紹介する本書は、そのダイジェスト&追加バージョンともいえる存在なのだ。

開発から構造、各型と本文は基本をしっかり押さえており、本書で初めて前面のみではあるがチーフテンの車体と砲塔の装甲厚が判明した。ただし各型の生産数は明らかにはされてはおらず、これは今後も判明することはないと思う。

この本文が2/5程度を占め、残りは全体およびディテール写真に充てている。この部分の写真はすべてカラーで、ディテール写真は型式が限定されてしまうが、これはいたしかたあるまい。

また巻末で9ページがカラー側面図に割かれ、計18点+表4で2点が用意されているので、合わせると20点ということになる。またMk.3/3とMk.11の1/55スケールの図面もあり、とにかくタミヤのキットを作るに際して、本書が最良の一冊となることは間違いない。

ただし以前にも書いたのだが、タミヤのキットはMk.2の初期生産車なので、製作に際しては色々と調べる必要がある。砲塔Y後部のNBCパックを大型化する程度では駄目なのだ。その際は本書と、オヤジが書いたGP誌2014年10月号をぜひ参考にされたい。

スポンサーサイト
トーストはいかがかな?
ようやく毎日が涼しくなってきた。しかし9月初め(今日は4日)といえば例年は残暑が厳しいのだが、今年はそんなことはなく、せっかく交換してもらったクーラーも恨めしそうだ。まあオヤジは暑がりのため、これは嬉しいことなのだが…。

さてオヤジは、仕事に使う本だけではなく様々なジャンルの本をアマゾンから購入しているのだが、その中でも特に多いのが料理関係の本なのだ。そして月刊誌やシリーズの場合は、コレクター気質ゆえに揃えたくなってしまうという悪癖も備えている。

その結果、過去半年で購入した点数は213点を数え、そのうち50点ほどは食材など本ではないのだが、それでも本は150冊以上を購入したことになる。これじゃ部屋がどんどん狭くなり、それと反比例して財布がどんどん薄くなるわけだよな。

そんな中で、最近購入した「まいにちトースト+だいすき もちもちパン」を紹介したい。タイトルからもわかるようにパンの本なのだが、著者である「たかはし みき」さんは本業がイラストレーターなので、食材や料理は写真ではなくすべてイラストとなっている。

以前は別々の本として販売されていたものを2011年春に合本としたもので、価格も950円+税と安く、さらにオヤジの場合は出品者から購入したので送料込み450円程度で購入できた。

何しろイラストが味があり。なんだか見ているだけでほのぼのとした気分にさせられる。結構な数のレシピが掲載されているのだが、原稿を書いていて昼ご飯に手間をかけられないオヤジにとって、トーストは週4日以上の頻度で登場するブランチとなっている。

だからこの本のように、トーストのレシピが沢山掲載されている本は実にありがたいのだ。とはいうものの、トーストがらみの本は10冊以上持っているんだけれどね。

この本に載っていた、食パンの縁をマヨネーズで囲み中に生卵を割りいれてトースター、実際にはコンべクション・オーブンなのだが、で6分ほど焼き2分程度放置することで、パンはしっかり焼け卵は半熟に仕上がる。完熟が好みならば、時間を調整すればよいのだ。

これは旨かったゾ。それから今日は、マーガリンを塗って焼いてから本に書いてあった練乳をかけて食してみた。甘さがかなり緩和されてしっとりと仕上がり、これもまた旨かった。

この他かなりのレシピが載っているので、たまには違ったトーストを食したいと考えている人には、お勧めの一冊ですぞ。そんなわけで、同じ著者の「はらぺこおとりよせ便」も頼んでしまった。これも送料込みで450円程度なので、赤貧オヤジでも買うことができるのだ。

以上原稿書きから逃げたいオヤジの独り言でした。それでももう70枚は超えたので、あと30枚ほどで仕上がるだろう。もうすぐだね。