(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
タミヤのチーフテン
昨日はブログを書いて少しポーっとしていたら、呑みタイムになってしまった。だからこのブログを書いているのは、日付が変わってからなのだ。といいながら、この部分は同日に書いているんだけれどね。

それでもってここからは、1日飛ばして日曜日に書いている。つまり昨日は何もせず、日がな無為に過ごしていたのだ。まっ、オヤジはそういうのがまったく嫌いじゃないからいいか。動物園人間の檻に、ユッキーかベキ子、もしくはトリンドルかクリステーンとツガイで入りたいというのがおいらの夢なのだから…。

昨日はチトカラった際に、いろいろと食糧を買い込んできたし、土曜に冷凍の豚バラを冷蔵庫に移したので、今晩のツマミ&おかずには事欠かないのだが、問題は果たして呑んだ後に、何かを作る気力が残っているか否かなのだ。なんせオヤジは、水飴のような意思だからな。

さて今GP誌向けとしてチーフテンを書いているのだが、士気高揚と立体的資料としてタミヤのキットを購入してみた。発売が1975年ということで今から39年前のキットであるが、35では以後のキットは存在せずこのため現在でも現役を保っている。

最初はモータライズで発売され、その後ギアなどを廃止したMM版に改められたが、当然ながら床板の開口部などはそのままだ。しかしその古さとは裏腹にモールドはとてもしっかりしており、最近のキットほどの繊細さはないものの十分な仕上がりだ。

最大の欠点は、型式をMk.5としておきながら、実際にはMk.2の生産中頃までのスタイルとなっている。このため続くMk.3やイギリス向けの最終生産型Mk.5にしようと思うと、かなりの難作業が求められるのだ。

というのは、Mk.3の生産中に登場したMk.3/3から砲塔後部のNBCフィルター部を、それまでの小型で右側に装着していたMk.2 から、ほぼ砲塔後部の幅一杯まで拡大された強化型Mk.6に変更し、Mk.5もそれを踏襲したというのがこれまでの定説となっていた。

むろんこっれは誤りではない。しかしさらに大きな改良が加えられていたことが今回判明した。それは機関室後部の空気排出グリル部分に関するもので、似てはいるがまったくの別物に改められているのだよ。

これは写真を見ていて気づいたのだが、最新の資料として購入したカゲロウ出版の「Ghiftain MBT」で、Mk.3からこの新しいスタイルに変更されたとの記述が見られる。

これは、それまで3分割されていた開閉式ではなく取り外し式の中央部分が、重いために利便性に難があるとの指摘を受け、左右のグリルの幅をやや縮小したうえで2分割に改め、中央部分をわずかに嵩上げしたうえで、左右部分をそれまでの水平からやや下方に傾斜した形状に変更し、併せてリアパネルの形状もこの変化に揃う形状に変更した。またマフラーに装着されたトラベルクランプも、新型に換わったのも見逃せない変化だ。

しかし実際には、これは写真を見ていてわかったのだが、Mk.2の生産中頃に完成した車輌からの改修車であるMk.10(正しくはMk.6、Mk.9への改修を経た後だが)で、すでにこの変化が確認できるのだ。

考え方によっては改修に際して機関室後部も改めたのではという声も聞こえそうだが、この部分すべての溶接部を剥がしてリアパネルも切除するという作業が行われたと考えるのは、あまりにも不自然ではないだろうか。

まあ、アメリカの原子力空母のように核機関交換に際しては、その部分を飛行甲板から格納庫甲板まで切断して交換作業終了後、再び溶接するということはあるが、戦車の場合はイスラエルのアイシャーマン各シリーズぐらいではないだろうか。

それも既に完成している車輌だから装甲板の切除を行う必要があったからで、どう考えても生産中に変更が行われたと見るほうがはるかに合理的だ。実際には変更箇所はこれだけではないのだが、それに関してはGP誌10月号をごらんいただきたい。

ということで、タミヤのキットをこのスタイルに改造するのは、後部グリル部分をすべて改めたうえで、砲塔後部のNBCパックを大型化する必要がある。さらに車輌によっては、主砲の前部に砲口照合装置(MRS)を自作する必要もあるが、これはチャレンジャーの砲身を流用すると楽だろう。ただし試したわけではないのだが…。

またキットには、スカートを外して弾薬を車内に収める際に用いる開閉式の円形扉がモールドされているが、これは左側のみなので右側のモールドは削る必要がある。

実車を取材したのだから左右にあったという可能性もあるが、右側部分のバスケット床上には各種機材が置かれており壁面はまったく見えない状態だし、写真でもないことが確認できるのだ。

砲塔を後方に回した状態での搭載も考慮してのではないかとの考えもあるだろうが、防御上から極力開口部はないほうがベターなので、いまひとつ受け入れ難いものがある。

もちろん修正を要する部分はこれだけではないが、そのリリース時期を考えるととても素晴らしいキットだとオヤジは思うぞ。しかも送料込みで48MMキットと大差ない価格で買えたのだから、それも嬉しい。今度小銭が入ったら、チャレンジャーも買っておこう。今回は少し長かったね。まあいいか。
スポンサーサイト
サイバーホビーのF6F-3 その2
原子力規制委員会が、何を血迷ったのが実際には日本一危険な原発ではと広く囁かれている鹿児島の川内原発を、安全基準に合致しているから再稼動は問題ないとの見解を出しやがった! これはますますド腐れ安倍を喜ばすだけじゃないか。

何しろ基本である半径30kmの住民避難に対する計画が何一つなく、それでよく安全だと抜かしやがったな。お前らは規制委員会じゃなくて、寄生委員会と名を変えたほうがいいぜ。そんなに安全ならば東京にでも作ればいい。議員会館の付近がベストだな。

でもって、与党の議員連中の庭には安全だといい続けている核廃棄物を収めたドラム缶を、少なくとも1本置けばいい。それが国民のための公僕だろうが。ってことはできっこない。国民がどうなろうが、手前らだけがよければいいという奴らなんだからにして。

さて今日は18日。にもかかわらず来月の10日ぐらいが締め切りのチーフテン原稿を6枚近く書いてしまったぜ。なんて偉いんだ、オヤジは。って馬鹿なことを言っていないで、そろそそハイボールタイムにでも入ろうかと思ったのだが、まだ4時前なのでそれはないだろう。

というわけでこのブログを書いている次第。やはり呑みタイムは5時を過ぎなきゃね。一応オヤジもある程度の常識はあるのだ。にもかかわらず、花火大会の陣取りとして、河川敷にスプレーで名前や囲みを吹きつけるド阿呆が生息しているというのはどういうことか。

しかも悪いことに、罪悪感がまったくないこと。これじゃ日本もどんどん三等国への途を辿ることになるな。歩きスマホや危険な自転車、そして許せない脱法ハーブなどなど、とにかく非常識な劣悪人が多すぎるゼ。

オヤジとしてはこんな奴らはひと括りにして、カンボジアにでも人間地雷処理器材Mod.0として送り込みたいぞ。少なくとも今よりは人の役に立つのだからな。逝った後は、鳥の餌にもなるしいいと思うよ。

さてここからは、一回飛ばしたサイバーホビーのF6F-3といこう。気になる箇所は前回に書いたところだけではない。まずコクピット後方の小窓の前後長が短すぎて、実機らしさがまったくないこと。さらに3型と称していながら、風防が5型のものとなっていることも気になる。

確かに3型でも、1ヶ月ほど5型と並行生産していたために一部の機体ではキットと同じ風防を使用した例も存在する。しかし数十機にも満たない少数生産のため、まったく一般的ではない。

また3型の生産中に姿を消して入るが、やはり3型とするのならばカウリング側面排気口の下に設けられている、小さな小判型のフェアリングもセットしてほしかった。組立て説明図には描かれているというのにネ。

というわけで、このキットを手をかけずに組むとするのならば、どこかでデカールを調達し5型として製作するのが一番だろう。無論デカールは山ほどあるしね。

素性としては決して悪いキットではないのだが、やはり中国製のキットだけあって愛を感じることができない。この問題を克服することが、中国のメーカーにとって一番大切じゃないのかな。

ぜんぜん余談になってしまうが、先頃モデルアートを読んでいたらSH-2Fシースプライトをミッドナイトブルーで塗るとの記述が見られた。おいおい、朝鮮戦争じゃないんだぜ!

確かに説明書ではそのような指示がなされていたが、それに従うことはないだろうよ。あの色はエンジングレイといい、それが半艶になるとシープレーングレイ、艶消しになるとダークゴーストグレイと名を変えるが、いずれも青みなどまったくないダークグレイなのだ。

それが艶ありのため、空の青を反射してダークブルーかのように写真には写るのだが、そばで見れば青みなどまったくないのだ。というか、解説を書くのならば少なくとも当時の塗装規定を調べる必要があるだろう。

まあ今のモデラーの多くは、機体を作るのではなくキットを組むのが好きなんだろうな。そんなことを怒るオヤジのほうがいけないということなのか。わからんゾ。
何でそう書くのかな?
先回のブログに対し、数を背景とするのは議会制民主主義で当然のこととのメールを頂戴した。そのくらいのことはオヤジも承知している。だからといってやっていけないことと悪いことがあるだろう。

そんな明らかな憲法違反をやったのが、ド腐れ安倍を頂点とする自民党なのだ。国民不在のままなんでも勝手にやる詐欺政権だけに、そのボス猿をミニ・ヒトラーと呼ぶのは至極当然のことだと思うゾ。

7月6日の各党の議員達による集団自衛権がらみのTV討論を見ていたら、ド腐れ安倍の腰巾着であるド阿呆2号の石破の野郎が、他党の発言の際に終始薄笑いを浮かべていやがったのもとてもむかつく。

どうせならば事故でも起こし、足が不自由になれば見た目だけでも少しはゲッペルスに近づくと思うのだが…。国民に詐欺を働き生活を困窮させる安倍と自民党はもういらない! これからさらにひどくはなっても、よくなることなど金輪際ありえないのだから…。

ここで話はころりと変わる。先頃ガリレオ出版からリリースされた別冊「センチュリオン」はオヤジが本文を書いたのだが、アマゾンの書評で酷評れてしまった。まあ個人の感覚なのでそれは一向に構わないのだが、事実誤認が多く一方的に言われっぱなしというのもなんなので、言い訳ではないがここで一言書いておく。

まずイスラエルのセンチュリオンと、南アフリカのオリファントに関する記述がほとんどないといわれるが、それはそのとおりだ。しかし最初からページ数が決まっており、掲載された分を書いたところでこれ以上は掲載不能と判断されてしまった。オヤジとしては、各種派生型と実戦記を書く予定だったのだが、それはもはや不可能となってしまい、片手落ちの感さえある。

そんな状態でどうやって、独自の改修が非常に多いイスラエルのセンチュリオンを書けるのだろうか。それだけで紙面半分近くのスペースを要するのだから、どう考えてもそれは無理だろう。

またオリファントも、センチュリオンをベースとしたエンジン換装型のオリファント1ではなく、装備などに大幅に手を入れたオリファント2を求めていると思うのだが、これも前述の紙数制限に加えてあまりにもセンチュリオンからかけ離れているので、簡単な記述にとどめた次第。

それを求めるのは、チーフテンの解説で機関系や装甲、サスペンションなどまったく異なるものの基本的にはチーフテンの発展型であるチャレンジャーも同列に載せて書けというのと同じことだ。それは何か違うだろう。

さらに2006年に掲載された記事のコピーかのような記述があるが、それはまったく違う。確かに資料としては同じ本、というか2005年にクロウッド出版から刊行された「CENTURION TANK」を下敷きにしているが、さらにより新しい資料も加えて記述しており、新しい情報も伝えたつもりだ。それをコピー呼ばわりされるのはまったく解せない。多分、いや間違いなく読んでいないのだろう。

ただし、取り上げているのが同じ戦車なので、同様のことが記述されているのはやむをえないことだ。勝手に装備品などを実車から変えるわけにはいかない。これはしょうがないことだな。

さらに1980年にリリースされた本と比べて、30年以上何をしていたかとも書かれていたが、同書はおそらく1975年にリリースされたイアンアラン社のモダーン・コンバット・ヴィークルズの「CENTURION 」を下敷きにしていると思う。

それと比べてはるかに正確かつ詳細な情報を載せたというのに、進歩がないというのはどういうことなのか? ただしこれは本文のみであり、写真や図版に関してはオヤジのあずかり知らぬこと。でもこれは2006年の本誌版も同じだが、取扱い説明書の図版が多数収められており、それらはどうでもいいやとでもいうのだろうか。

まあ何をいわれてもほとんど気にしないのでかまわないのだが、正しい評価がなされないというのはちょっと残念な気がする。というわけで、今はGP誌10月号の特集チーフテンを調べているところだ。

これまでまともに解説されたものは日本では皆無の状態なので、チーフテン好きの方に喜んでもらえるような解説をしたいと思うゾ。本来ならばサイバーホビーのF6F-3を書くはずだったのだが、脱線してしまった。あいすまぬ。

サイバーホビーのF6F-3
昨日(7月3日)は結構黒ラベルを呑んだのだが、ちゃんと豚バラとキャベツの塩炒めを作ったぞ! 結構美味く、って今は味覚をあまり感じなくなっているのでそんなものだろうという程度なのだが…。

そんでもって、昨日はイトーヨーカドーのネットスーパーでひき肉を買ったので、まず昼間にモヤシと炒めてカレーラーメンの上に載せ、夜は麻婆豆腐でも作ろうかと考えている。それよりもオヤジは、これから呑むか呑まざるべきかを腐心しているのだ。

体のことを考えると1日ぐらいは抜いたほうがいいのだが、この時間(今は5時少し過ぎ)になると、なぜか毎日のことなので呑みたくなってくるのだ。もうお米は研いだし、豆腐も水切りにかけているので、まあ呑んでも麻婆豆腐くらいならば問題なく作れるだろう。

でもつまみがポテチぐらいしかなく、これが問題だ。明日は住職さん達と柴崎で呑むので、この際に100円ローソンで何か購入しようと考えているのだが、それよりも今日をどうするかだ。う~ん、くだらないことで悩んでいるな。

さて今回は、先頃サイバーホビーからリリースされた72のF6F-3を紹介しよう。もっとも新キットではなく、既発売のキットに飛行甲板のパーツを追加したもの  なので、新味には欠ける。でもオヤジは初めて手にしたので関係ないのだ。

どうもわが国ではヘルキャットの人気が低いようだが、オヤジは昔から好きな機体なのだ。性能が悪いだの贅肉が多いだの好き放題言われているが、だったらそんな駄作機にコテンパンにやられた日本機はどうなのよ、といいたくなってしまう。

結局日本機を相手にするのならば、あの程度の性能で十分だったのだ。でも撃墜王の岩本徹三に言わせると、F6FだろうがF4Uだろうが零戦に乗っていれば何も怖くはなかったとしているので、乗員の質もある程度は関係するのだろうな。

キットを手にとって見ると、スケールに見合った筋彫りでパネルラインが表現され、主翼も折畳み状態で完成させることも可能だ。そしてコクピットや脚収容室なども十分に再現されており、一見すると素晴らしいキットかのように思える。

しかし世の中そんなに甘くはない。見ていくと結構気になる箇所も散見できるのだ。まずカウリングの正面形。この部分はF6Fの外見的特長のひとつでもあるのだが、下部中央のオイルクーラー、およびその左右の中間冷却機用インテイクの形状がどうにも似ていない。もっとも、この部分を正しく再現しているキットは皆無なので、まあ我慢するしかないだろう。

また5型との共通化のために主翼上面には両型のパネルラインがモールドされており、それは致し方ないことなのだが説明書で不要なラインを埋める指示がなく、これは片手落ちだろう。また左翼下面のみの着陸灯が、右側にもモールドされているのには笑わせられた。

さらにエルロンが別パーツとなっているのはいいのだが、エルロンの固定タブと作動タブが5型のものとなっており、これは修正しなければならない。というか両型の混同により5型として組んだほうがよいのだが、それに関しては次回としよう。(次回に続く)

タミヤ48 M10アキリーズ
今日(7月3日)は雨で巨人-広島戦が中止となってしまい、何を見ながら黒ラベルを呑もうか迷ってしまう。映画を見たら途中で意識が飛ぶので駄目だし、TV番組では何も面白いものが無いので、日曜日に録画した「シルシルミチル・サンデー」の続きでも見よううか。

結構日本中の知らないことを教えてくれる番組なので、オヤジは好きなのだ。ただし言葉が汚く顔面打撲の北斗 晶が出ていないという条件付なのだが…。とにかく出ていると無性に腹が立ってくる。

あの女は、いとうあさこ、西川史子、神田うの、千秋ともども、そばにいると殴りたくなるほど嫌いな存在なのだ。もっとも、北斗の場合は足が不自由となった今、いやその前でも勝てそうも無いな、きっと。

今日は夕飯に先回ちょこっと紹介した電子レンジ・カレー鍋を使おうかと思い、朝から豚ばら肉を解凍していたのだが、ジャガイモがややワヤになっていたので急遽豚バラとキャベツの塩炒めに切り替えることとした。

ただしこれはまだ呑む前の正しい頭での考えであり、呑んでしまったらどうなるかはわからない。昨日も食事はつまみだけで終わってしまったしな。ホント、根性の無いオヤジだぜ、まったくもって。

さて今回は、紹介用として送付してもらったタミヤの新製品、1/48 M10IICアキリーズを紹介させていただこう。実はこのキット、まっさらの新製品というわけではなく、数年前にリリースされたM10中期生産車のバージョン換えなのだ。

ただし単なるバージョン換えでなどではない。オヤジは手にとるまでわからなかったのだが、普通3in砲から17ポンド砲への換装に伴う主砲に関連するパーツの交換かと思っていた。しかしこれがまったく違っていたのだ。

というのは、弾薬などを含めた主砲関連パーツは当然のことだが、砲塔後面のカウンターウエイトを荷物入れを兼ねた新型に変更し、これに併せて砲塔後面の形状を改めた新金型が用意され、M10後期生産車の仕様となった。

変更箇所はこれだけではない。車体も側面と後面に設けられていた増加装甲板装着用の座金とボルトが姿を消した、後期生産車仕様の新金型に差し替えられ、この変化に合わせて車体前面の鋳造部分もより傾斜角の強い専用のものに変更されている。

さらに転輪が2種類用意されているのは前作と変わらないが、なんと起動輪も新型2種がセットされ、装着例は少ないものの車体前面の増加装甲板までパーツで用意されている。つまりかなりの部分が新規金型となっているのだ。

これには驚いたゾ。何かタミヤのやる気を見せつけられた感がある。このキットが登場したことで、前作と組合わせればアメリカ軍の後期生産仕様車と、アキリーズの中期生産仕様車を労せずに製作することが可能となった。

オヤジはM10がマユユと同じくらい好きなのだが、何しろAFVクラブ、アカデミーともども問題だらけだし、いにしえのタミヤ製は1/32なので論外だ。ということで、スケールはともかく現在入手できるM10のキットとしては、文句なしに最良の製品といってなんら過言ではない。缶スプレーで塗れることだし、オヤジも少し作りたい気になった。

何しろできはいいし、タミヤ印なので組立ても問題ない。そしてこのサイズならばディテールアップの必要も感じないので、ストレート組みで十分楽しむことができるからだ。早速アマゾンに塗料でも注文しようか。でも今は何も無いので、かなり高くつくのが気になるところ。う~ん、考えてしまうな。
恐竜の本はいかがかな?
古くからの友人であるSheen君にコメントで突っ込まれてしまったが、結局国民の声や野党などをまったく無視し、数を背景に手前らだけで勝手に憲法違反としかいえない集団自衛権を閣議決定してしまいやがった。これってヒトラーと何も変わらないじゃないか!

ド腐れ安部がいい人間でも悪い人間でもそれはどうでもいいこと。大事なことは日本を率いる総理大臣としての資質があるかないかだろう。もちろんド腐れの安倍などには、資質などまったくないのだが…。

政権が安倍を傀儡頂点とする自民党に換わって、恩恵を被る人は確かにいるかも知れないが、それはごくわずかだろう。国民の大半は阿倍の野郎のおかげて苦労しているというのが現状だと思うぞオヤジは。

デフレは解消されたが、その代わりに生じたのは消費税の増税と、物価の値上がりだ。給料が上がったといってはいるがそれは一部のそのわずかで、反対に下がったままという人のほうがはるかに多いだろう。

統計というのは好きに数字を操作できるので、鵜呑みにすることなどはできない。給料が上がったというのならば、少なくとも日本の会社の半分から数字を出してほしい。って、そんなことをしたらほとんどの会社では、上がってなどいないことが明るみに出るのでできはしないだろう。

さて怒ってばかりもいれないので、30日に届いた黒ラベルのウイスキーは夕方から飲み始めるとして、今回は最近購入した「THE COMPLETED ENCYCLOPEDIA OF DINOSAURS & PREHISTORIC CREATURES」を紹介しよう。

そのタイトルを訳すと、「恐竜および先史時代の生物たち」となり、これでどんな本かはもうおわかりになると思う。そう、オヤジは餓鬼のころからずっと恐竜が好きなのだ。まあこれは、多くの人に共通すると思うのだけど…。

本書の売りは、B5版変形サイズで512ページという結構なボリュームがあり、1,000種の恐竜と生物をそれぞれ解説しているのに加え、2,000点にもおよぶイラストや写真、地図でタイトルに関係する様々な情報を提供していることだ。

まず最初の63ページで生物達の分類やその生活背景、各地勢における生物達の状況などが記述され、著名な恐竜学者についても2ページではあるが簡単に解説されている。そして64ページ以降からは、それぞれの生物に関する記述が進められる。

その記述は、デボン/カンブリア/ペルム各紀、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀、第四紀に分けて進められ、その最後は人類の祖先であるアウストラロピテクスパランスロプスで締めくくられている。

わずかな例外を除いて基本的には1ページを上下に分け、それぞれの生物達をイラストとその基本的な情報を記述している。そして加えるコラムの形で化石発見地や分類、ラテン語名の意味、命名年月、生息時期、全長、食性、発見者名が用意されているのもありがたい。

ただしその記述は脊椎動物に限定されており、カンブリア大爆発で登場したいずれもユニークな無脊椎動物と原脊椎動物に関してはまったく触れられておらず、これは残念なところだ。

2011年の刊行なので情報も新しく、といっても最近ではDNA鑑定により無弓類ではないと判明したが、本書では依然として無弓類に分類されているのはご愛嬌か。

当然ながら羽毛恐竜も結構登場するが、惜しむらくは少なくとも羽の一部は黒であったということが判明したアルカエオプテリクス(始祖鳥ですな)は、昔同様にカラフルな色となっている。

まあ化石からの判断なので、極めてわずかな例外を除きその色は不明だし、形状も化石以外なにもデータがないためイラストレーターの感性にしか過ぎないが、それはどの本でも同じことだろう。

いずれにせよそのコスト・パフォーマンスはといても高く、先ほど調べたら送料込みで2,091円と、その情報量から考えると格安だろう。恐竜のファンならば、持っていたい一冊だ。