(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
The Dauntless Dive Bomber of World War Two
更新が遅れに遅れて相すまぬ。GP誌のM48を書いて疲れてしまっていたのだ。しかし年の最後の日には何とか間に合わせようと、今日31日に書き出した次第。いろいろ怒りたいことはあるけれど、やはり今年の最後だけは怒らないでおこう。

先日コンベクションオーブンが届いたことは書いたが、今もそれを使ってトーストを焼いて食した。外はカリッと焼け、それでいながら中はしっとりしていてとても旨い。これはいい買い物をした。この優れものが、オーブントースターに毛の生えた値段で買えるというのもまた凄い。

まだフライ関係は作っていないが、鳥のローストやピッツァは作ったし、今後もいろいろと使うことになることは間違いない。それでもって、今日は大晦日ということで、夕方にはネギ豚を作り、夜半頃雑煮のベースを作ってまず年越し蕎麦を食い、残りは明日の雑煮に使う。この2点はオヤジにとって、年始、年末には欠かせない食事なのだ。

それにしても、今年もまたたくさん本を購入した。当然ながらミリタリーものが中心なのだが、料理関係の本も結構買っている。あれは眺めているだけで、作らなくともその気にさせてくれるのだ。

オヤジは悪い癖があって、厚くて価格が安いと購入してしまう。そんな中から、今回はアメリカ海軍機のオーソリティーとして知られるバレット・ティルマンの「The Dauntless Dive Bomber of World War Two」を紹介しよう。

刊行が1976年と古いのだが、やはりドーントレスの戦史に関しては今でも最良の一冊であることは間違いない。実は最初にハードカバーを購入したのだが、6ページほど印刷されていないページがあり、交換するのも面倒なのでペーパーバック版を購入した。

最初に開発の経緯を書いているがこれは添え物に過ぎず、部隊配備、そして真珠湾における初陣から始まり、後継機のヘルダイバーにその座を譲るまで本機の戦いぶりを詳しく追っている。

ただしその記述はアメリカ海軍と海兵隊に限定されており、他国での使用例に関してはふれていない。といっても、実際にある程度の機数を運用したのはニュージーランドだけなので、これはまあよしとしよう。

同じ筆者の手になる「第2次大戦のドーントレス‐部隊と戦歴」が日本語版で刊行されているが、その内容は本書のミニ版というものであり、英語を読むことを厭わなければ本書のほうがはるかに内容が濃い。

真珠湾攻撃の際に日本機に撃墜された事例や、空母同士の初対決となった珊瑚海海戦、日本海軍が完敗したミッドウエイ海戦、そして南太平洋海戦(アメリカ側ではサンタクルーズ海戦と呼んでいる)をメインとし、ガダルカナルやソロモン方面における陸上機としての戦いぶりを克明に記述している。

先ほど調べたら、新品のペーパーバックで2,000円程度なので、ドーントレスの戦歴に興味を持つ方ならば購入をお勧めしたい。といっても、そんな人ならもう買っているか。

まあ今年もいろいろとありましたが、まずはよいお年を。そして来年もまた素晴らしい年になりますように。

スポンサーサイト
届いたぞ! コンベクションオーブン
年末ということもあり、今年最後の調理器具購入に走った。というのも、以前からほしかったSIROCAのコンベクションオーブンが、カートに入れたときの8,000円弱から何と6,050円に下がっていたからだ。

要は電気オーブンなのだが、油で揚げることなく唐揚げや豚カツができるというところが決め手だった。最近CMでよく見かけるフィリップス製のノンフライヤーも考えたのだが、25,000円前後というのはやはり高すぎる。

さりとて中国製のパチものを購入するのもいやだし、しばし熟考の結果こいつに決めたのだ。単体価格1,000円を超えるレシピ本もついてくるし、500円近い魚焼きグリル石、さらにさらに、ピッツァ・プレートもセットされてこの値段ならば、お買い得として間違いあるまい。

メーカーは日本でも製造は中国なのだが、SIROCAの製品はすでにブレッドベーカリーで十分問題なしと判断していたので、その面での不安はない。というわけで、今日12月20日に届きましたよ。製品が。嬉しいねこりゃあ。

思っていたよりも箱が大きくて驚いたのだが、中を開けてみるとオーブントースターの1.3倍増し程度のサイズで、今まで使っていたオーブントースターを降ろしたところに無理なく載せることができ、すでに配線も通電も完了した。

というわけで、今晩は何かオーブン料理を作ろうと昨夜冷凍庫から鳥の胸肉を出して解凍している次第。このあたりは手際がいいんだ、オヤジは。でも購入すると安心してか、そのまましばらく放っておくという駄目な部分もあるんだナ。これが。

オーブントースターでも当然ながら作れるのだが、せっかくだからグラタンでも作ってみようか。このところ寒いし、今日は雨が降っているし、ハバネロソースをたっぷりとかけたグラタンなんて、最適じゃないか! 昔から好きなんだ、グラタン。

さほどのサイズでもないのにパンは4枚同時に焼けるし、餅焼き用の網がセットされているというのもこれまた嬉し。それでもって、明日は揚げない豚カツだな、多分。

それにしても、これだけのものが6,000円程度で買えるというのは凄いことじゃないのか。これって35の戦車に毛が生えた程度の価格なので、クリスマス・プレゼントに使うのもお勧めだ。

おそらくこれが、本年最後の調理器具購入ということになろう。それでもって、来年はアマゾンのキンドルファイアを購入する計画を立てている。アプリが少ないだのいろいろいわれているが、かなり安く本をダウンロードできるのだからこれはもう買うっきゃない。

少なくともスマートフォンに切り替えるより、オヤジには何倍も役立つと思うぞ。先ごろオヤジが訳したDACO出版のF-16本も発売されたことだし、このぐらい買っても問題はあるまい。考えてみると、散財がオヤジの趣味かも知れないな。
中国の防空識別圏設定について考えよう
まだ12月になったばかりだというのに、毎日寒い日が続いている。電気代削減のためにオヤジはまだ暖房を入れていないので、16度前後というのはチト辛い。さていつまで頑張れることやら。

またぞろ隣の三等国が、くだらないことをしやがった。長い間、日本の防空識別圏として認識されている中に、勝手に自国の防空識別圏を設定したのだ。当然尖閣列島がらみのことなのだが、たいがいにしろよ。

自国の領土というならばその証左を見せろといっても、絶対に出そうとしない。いや、それは違うな。出そうと思っても無いものは出せない。例によって武力を背景とした、恫喝以外の何ものでもないのだ。

そういう国が、よく日本のことを右傾国家だとか軍国主義の復活だとかいえたもんだ。だいたい超独裁全体国家なんだから、さすが自国の国民を3千万人以上殺した幼児偏愛爺いの毛沢東が支配し、その悪弊だけが残された国だけのことはある。

そんな国が日本の企業に中国進出を求めるというのは、どういう神経なのだろうか。握手をしながら、反対側の手で殴るというその常軌を逸脱した根性には辟易した。

もはや国家の体をなさず、日本ハム論のこと世界中に迷惑をかけまくっている三等国なのだから、いっそうのこと春秋時代に戻って国内で殺し合いでもやっていたらいかがだろうか。それが一番お似合いだとオヤジは思うぞ。

先頃アメリカのTVインタビューの中で、子供が中国人はみんな死んでしまえばいいと発言したことで、在アメリカの中国人が抗議行動で大騒ぎしたが、それはオヤジもわかる。そんなことを平気で流したTV局が悪いのだ。

しかし反対に考えると、あんたらのやっていることはそれよりもはるかに酷い事なんだぜ! 昨年日本のスーパーなどが襲われたという事実を忘れる日本人はいない。そんな奴らが何を言ってももはやカス以下だ。

最近では煤煙を垂れ流し、しかもそれを直そうとすることが技術的には無論のこと、国家として問題視していないんじゃないかという気配さえ十二分に感じさせてくれる。その漂う煤煙が大挙して飛来するのが、この日本なんだぜ。

確かに中国は人口が多いから儲けもあると日本の企業は考えるのだろうが、やはりここら辺で矜持を正し、これからの付き合い方を真剣に検討する時代が来たんじゃないだろうか。約束は無論のこと、平気で契約を破ることに何ら罪悪感を感じない国民性なのだから。

前にも書いたが、中国人が日本人はいなくなればいいといった。よろしい。それならば中国人は地球から消えてくれとオヤジは言いたい。国家も国民も常識というものない国は、存在意義もないはずなのだから。