(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
キューバ・クライシスにおけるRF-8A その2
今、日本映画専門チャンネルが、11月から2014年1月まで空戦映画特集と題して、東宝の空戦シーンが登場する映画をずらりとラインナップしている。ハワイ・マレー沖海戦や加藤隼戦闘、そしてオヤジが反戦映画と思っている雷撃隊出動など、計14本を放映するのだ。

もちろんすべて観てはいるのだが、ブルーレイディスクに収めておけるというのはありがたい限りだ。まだBDディスクも70枚以上残っているし、昨日50枚セットを発注したので当分録画には困らないゾ。

これに加えて毎月100枚DVD-Rを購入するので、こりゃあ赤貧になっていくよな。まあいいか、好きなものだし夜間出撃も今は週1回行くか行かないかだしね。

さてここからは先回の続きで、キューバ・クライシスに際しては海軍のVFP-62と海兵隊のVMCJ-2が選ばれて、それぞれ分遣隊を作戦開始前にあたる1962年10月13日に、フロリダ州のセシルフィールド海軍基地に展開した。

すでに当時は海軍、海兵隊ともに3個ずつのRF-8Aを装備する偵察飛行隊が配備されており、空軍のU-2A偵察機が高高度からの偵察を担当するのに対し、RF-8Aは低空におけるより詳細な偵察任務に供されることになった。

そしてキューバに対する偵察飛行は、前進基地であるフロリダ州キーウエスト基地をベースとして、ブルー・ムーンの作戦名で10月23日から開始された。ただしキーウエスト基地はあくまでも前進基地であり、撮影後はセシルフィールド基地に戻り、そこでフォルムの現像や解析が行われた。

というのは、当時RF-8Aが撮影した写真の現像などを行う艦隊航空写真ラボ(FAPL)が、キーウエスト基地にはなかったからだ。そしてセシルフィールド基地でフィルムを降ろした後は、再びキーウエスト基地に移動して次の作戦に備えるという、少々面倒な方式が採られた。

映画では13日間(正しくは14日間なのだが…)となっているが、実際にRF-8Aが偵察作戦に従事したのは6週間を超えており、その間に撮影したネガの枚数は16万枚を超えたといわれる。

映画同様に実際偵察は2機を一組として行われ、その最初の作戦となった1962年10月23日には6機が3箇所の目標に向けて発進した。以下25日10回、27日14回、29日2回、11月1日2回、2日2回、3日2回、5日6回、6日2回、7日4回、8日4回、9日6回、10日4回、11日4回、12日4回、13日6回、15日2回と継続して行われた。

その間に失われた機体は1機もなく、通常60mから300mという低空をその作戦空域としていたことを考えると、これは特筆に価しよう。

映画では同隊の隊長エッカー中佐の乗機であるGA910/146871と、機首にマーキングを描いたGA906/146886しか登場しないが、いずれもBu.No.を正しいものに書き直しており、機首下面の前方カメラを収めたフェアリングもそれらしく再現しているのは立派だ。

クルーセイダー・ファンならばこの部分を見るためだけに、DVD購入してよいかも知れない。ただし残念ながら、RF-8の特徴である胴体背面のフェアリングまでは改修されてはおらず、ブルパップ空対地ミサイル誘導用のフェアリングのままというのはチト悲しいが…。

アカデミーではRF-8のキット化まで視野に収めていたのだが、残念ながら未だ形にならないままだ。派手なマーキングも多いことだし、強くキット化を望みたい機種なのだが、果たしてどうなることやら。ファンのひとりとしては悲しいゾ。


スポンサーサイト
キューバ・クライシスにおけるRF-8A
前にも書いたと思うが、気持ちよい秋の日がほとんどないままいきなり冬に突入し、毎日寒い日が続いている。オヤジは電気料節約のために暖房をまだ使わないので、部屋の中でも今日11月18日では17度と結構寒い。

だから仕事で原稿を書いている以外は、日がな布団に入り本を読むか映画を見るという日々が続いている。まったくもって非建設的なのだが、これも生活費の節約ゆえ致し方ない。といって、本を買うのはやめないんだよな、これが。

朝TVを見ていたら、横浜の市議が1日の交通費をその使った額に関係なく、3,000円支給するということで問題になっていた。そこでインタビューに出てきたのが、とんでもない市議野郎だった。それを聞いて、オヤジは怒ったゾ。

それには伏線がある。先頃横浜市は、それまで無料としていた障害者の市バどうスを年額1,200円とすることを決めた。これもむかつくことなのだが、それを同考えているのかとの質問に、このとんでもない野郎はどう答えたか。

年額1,200円ならば月にすればわずか100円なのだから、そのぐらいは負担して当然と抜かしたのだ。それだけを聞けばそうかと思うかも知れない。しかしその前に知的障害社へのインタビューも行っており、施設における簡易作業の賃金は月額3,000円とのこと。それから考えると、100円は決して安くはないゾ。

そこでこのド腐れおっさんだ。こいつがもらっているのは月額85万円の給料と、これまた50万円を超える活動費だ。合わせて月140万近くなる手前がもらう金を考えろよ。お前らこそ交通費ぐらい自己負担とするのが当然じゃないのか! 

まあ見た目というものは個人差があるのだが、オヤジのイメージでは胡散臭く人品の卑しさが顔に出る典型みたいな面をしてやがる。まあそういう奴は得てして自民党と相場が決まっているのだが、無論このおっさんも自民党だった。

こんな野郎が大手を振って歩いているんだから、横浜市は即刻対処を考えろといいたい。オヤジが住んでいる川崎市も問題だらけだが、まあそれに関してはそのうちおいおい書こう。

さて今回は、先日ようやくキューバ・クライシスをテーマに扱った映画「13デイズ」を見たので、そのキューバ・クライシスとRF-8Aについて調べてみた。これまでにほとんどかかれることがなかった史実だしね。

映画では国防総省の協力が得られなかったため、当時フランスとともにF-8を運用していたフィリピン空軍の協力で、RF-8の登場と相成った。同空軍ではF-8Hを運用しており、画面でもVFP-62のマーキングで登場するのだが、2機のみちゃんとRF-8A風に改修されていたのは特筆できよう。

戦闘機型の20mm機関砲フェアリングは外されて平板で塞がれており、右側面2箇所、左側面1箇所のカメラ窓も塗装ではあるが正しく再現され、加えて当時の機首マーキングも正確に描かれており、よほどの好き者がいたようだ。(以下次回)
祝 復活パンツァートラクツ誌!
このところ食品偽装が問題になっている。阪急阪神デパートを皮切りに、出るわ出るわ、偽装オンパレードといえるまで発展してしまった。オヤジは赤貧なので関係ないが、ブランドを信じて高い金を払った方はご愁傷様です。

でもそんなこといったら、安部のド腐れ政府がやって嘘のほうがはるかにひどいぞ! なにしろ復興予算からまったく関係ないところに、1兆3,000万も流用し、あげくの果てにはばれたらしょうがないなといわんばかりの態度。これこそ怒るべき問題だろうが。

物価が上がったと喜んでいるが、オヤジを始めとして給料は上がらず、それでいて物価は上がるは、公共料金は上がるは、とどめは来年からの消費税増大ときたもんだ。大企業を優遇し、貧乏人は苦労しておとなしく税金を払えばいいという姿勢が見え見えだ。

先頃、自民党の山本議員が天皇に直訴したことで色々と賑わっていたが、まあマナー知らずのアホと思えばいい。しかし何かは忘れたが、その際に世が世ならという言葉が出てきたことには驚いた。

これでは天皇制を認め、挙句の果てにその復古を願っているとしか考えられない。戦争に勝った方が負けた方を裁くということ自体が大間違いなのだが、それは別にしてオヤジの頭の中で昭和天皇は、超々A級戦犯としか思っていない。

それをいった奴は、また言論の自由などまったくないあの時代に戻りたいのかといいたくなるゾ。アメリカの民主主義の負の部分ばかり受け継いだ日本ではあるが、それでもあの時代よりはましなのだから、何が世が世ならばだよ、この虚け者めが!

さて怒りはこのくらいにして、今回はパンツァートラクツ誌の新刊「BERGEPANTHER」を紹介しよう。同誌を主催するトーマス・イエンツ氏の死去により刊行が危ぶまれたものの、新たにルーカス・フリードリ氏を加えて再出発とあいなった。

このルーカス・フリードリ氏は、「リペアリング・ザ・パンツァー」Vol.1 /2の著者であり、これに図面師のヒラリー・ドイル氏がタッグを組んで、これからも新刊を刊行するとのこと。ひとまず安心したぞ。

オヤジは以前ベルゲパンターに関して記事を書いたことがあり、その際には当時入手可能な資料をほぼ揃えて記述したのだが、やはり不明な部分が多かったことは否めない。

そんな不明な箇所を、本書は一気に明らかとしてくれた。詳しくはそのうちグランドパワー誌に掲載するはずなのでそちらをご覧いただくとして、一番驚かされたのは、車内にウインチを搭載しリアパネルに駐鋤を備えて完成したのは1944年3月からで、それも当初は月産数輌がウインチ装備で完成したということ。

そんなこと全然わからなかったよ。さらに1944年7月からは、前線から戻されてきたパンター各型の車体から砲塔を外し、その開口部の周囲に低い円筒形パーツを溶接し、上端に前方が後方に開くハッチを備えた金属板で塞いだベルゲパンター改修車が登場したことも初めて知った。

これは一番最初に生産されたウインチや駐鋤などを備えず、単なる牽引車として完成したベルゲパンターD型42輌とまったく同じで、能力的には後退したわけだが、前線で大重量車輌の回収が可能な牽引車を求めたことがその背景にあったのだろう。

いずれにせよ本書の登場で、ドラゴン(サイバーホビー)からベルゲパンターがキット化されることはまず間違いあるまい。これまでベルゲパンターのキットとしては、間違いだらけのイタレリ製しかなかっただけに大いに期待したいところだ。