(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
冗談じゃないぞ
 困ったことになった。愛用しているパナソニックのDIGAブルーレイレコーダーが1か月ほど前から不調となり、ブルーレイのフォーマットが不能となったのに加え、ブルーレイ・ディスクへのダビングもできなくなってしまったのだ。

 おまけに、ダビングしたブルーレイ・ディスクにノイズが発生するようになって、ひどいものはノイズだらけでとても見れないものとなってしまった。もちろんディスク面の清掃や、レンズクリーニングも実施しているので、もう駄目かとそのディスクはゴミ袋行と相成った。

 しかし例によって夜半に本を読んでいたら、ふと閃いてゴミ袋から回収し再生専用のブルーレイ・プレーヤーに入れてみたら、何とノイズなどはなくとても綺麗に見えるではないか。これでDIGAのブルーレイ・ドライブ故障ということが判明した。

 修理に出すと3万円前後が必要になるし、どうせなら新規購入のほうが良いよなと価格.comで探したが、その背景には先頃刊行された別冊の原稿料が入るという目算があったのだ。これは当然のことだよな。

 そして振り込まれた原稿料見て唖然。何と源泉1割込みでわずか15万円だったのだ。オヤジとしては400枚以上書いたので、まあある程度は入るよなと信じて疑わなかったのだが、これでは原稿用紙1枚400円以下じゃないか。

 これは何かの間違いだろうと、早速担当編集者に連絡すると、予算不足から15万円で申請したとのこと。ひどい! ひどすぎる。これですっかり計画が崩れてしまい、死活問題にまで発展した。

 武士の情けで出版社名は書かないが、わかる人はわかると思う。最初に確認しなかったオヤジも悪いのだろうが、その旨をちゃんと連絡するのは編集者の勤めじゃないだろうか。オヤジの培った知識が、女子高生のバイト料半分以下というのは、あんまりだゾ。オヤジは便利屋じゃないのだ。オヤジも長らく原稿を書いてきたが、1枚1,000円以下というのは初めての経験となった。

 そんなわけで、今回は本の紹介などを書く元気はなく恨みつらみに終始してしまった。今後の生活が本当に心配になってきたぞ。果たして生きていけるのか。トホホですな。

 
スポンサーサイト
オヤジは怒っているぞ
ちょっと暇だなと思っていたら、急な仕事が入って昨日ようやくすべてが終了した。まあクロコダイル火炎放射戦車の原稿も残っているのだが、これは11月一杯にあげればいいので、少しの間は撮りためた映画と本を楽しむことにしよう。

実は3日前にインターネット環境がクラッシュしてしまい、アマゾンすら見れないという悲惨な状況に陥ってしまった。さてどうしたものかと考えたが、少し前にもしもを考えて無線LANアダプター2個セットを購入していたことを思い出した。

まず数年前に水をこぼして、内臓無線LANが壊滅していたMSI製のネットブックを引っ張り出し、アダプターを装着して各種設定をしてやったら、おお何と快調に動くではないか。これは嬉しかったな。

これに味を占めて、当初は仕事に使っているノートブックは文字打ちに専念させる予定だったのだが、これにもアダプターを差し込んで新しいネットワークで設定したら、これまた問題なくインターネットへの接続ができ、ちょうど暇になったこともあり久々にブログを書くことにした。

少し書かないでいたら、このところ豊洲だ、オリンピックだと利権がらみの奴らが横行して、連日の報道で世の中を騒がしている。だいたいオヤジは、オリンピックの誘致などには反対していたのでどうでもいいのだが、組織委員会の長に歴代の首相でも稀有な低脳野郎の森を置いたことが最大の問題だな。

こんな奴に決定権を持たせるのが間違いで、バッハを初めとするIOCの利権野郎達とタッグを組んで、ここぞとばかり互いに裏金をせしめようと画策しているとしか思えない。しかもスポーツエゴ野郎達も、大きな新しい施設で競技したいなどといいやがる。

その気持ちはわからないでもないが、その金を出すのは誰なんだよ! そういうのならせめて、建設費用の0.1%ぐらいは出すとでもいえっていうんだ。大きな施設を作っても、その後はほとんど使われずに維持費だけを浪費していくのは、これまでの例で明らかだろうが。

TVなどでは名誉毀損で訴訟される危険性があるので誰もいわないが、だったら老い先短いオヤジがいってやろう。チョー低脳野郎の森が組織委員会の長になったのは、こんな状況があったのではないだろうか。

森:なあ阿部君よ、ここらが潮時なのでオリンピックで何か荒稼ぎをしたいんで、何とかならんかな。
安部:えっ、(またこの爺い、まだ私服を肥やしたいのかよ。ホントに困った野郎だな。でも待てよ、ここで恩を売っておくのも悪くないな。どうせ俺の腹が痛むわけではないし、金を払うのはド腐れ裏金政治屋の集団である自民党に票を投じる馬鹿な国民だしな、俺のほうにも入るだろうし…)。わかりましたよ、森さん。組織委員長にしましょう(しかもありがたいことに、馬鹿な枡添えがせこい公金流用で辞任することになり、ちょうどと知事もいないんで都合がいいや)。

とオヤジは考えている。もちろんこれは脳内妄想に過ぎないのだが、あの金に汚い自民党野郎達ならば、それぐらいやっても当然だと思うぞ。だいたい開催都市の意向を無視する、利権集団IOCもとんでもないド腐れ野郎達なんだから。

いっそのこと、オリンピックなんざ棄権して蹴飛ばしてしまえばいい。大手企業の談合や、自民党と都連の裏金稼ぎの手段でしかない豊洲への市場移転もやめてしまおう。もっともっといいたいのだが、あまり怒っていても体にはよくないので、今日はこのぐらいにしておこう。パンター本は次回だな。
スターチャンネルが値上がりだ!
送るといったにもかかわらず、クロムウェルの写真がまだ届かない。写真がないのでは何も書くことができず、こればかりは致し方ないのだ。実のところ、本文よりも写真解説のほうが手がかかり、あたりは様々な資料で散らかってしまう。

それを片付けてから、呑みタイムに突入するというのは結構面倒な作業なのだ。
ひとまず何もやることがないので、このブログを書いている次第。それでいいのかといいたいぞ、オヤジは。といっても、何もならないのだが…。

今月はスターチャンネル・プレゼントということで、3チャンネルを無料で追加することができ、おかげでオヤジのコレクションが増えることになる。ブルーレイとDVD合わせて1,500枚以上あるのだが、その処理には困ってしまう。何せコレクター気質だからにして。

ありがたいことにこのプレゼントのおかげで、「アナと雪の女王」をコレクションに加えることができたし、今日12日は、「ウッドストック・ダイアリー」を放映しており、しかも日本版として販売されているディスクでは字幕がないのに、放映ではちゃんと字幕が用意され、これは実にありがたい。曲はともかく、べしゃりの部分が助かるのだよ。

と喜んでばかりはいられない。今日スターチャンネルから手紙が届き、何と10月から値上げとのこと、オヤジはスターチャンネル3点とセレクト5を契約しているのだが、合わせて615円も値上がりしてしまうとのこと。少ない額だが、収入が少ないオヤジには辛いところなのだ。

そんなに仕事が増えるわけはないし、もちろん原稿料が上がることなど考えられない。というわけで、減らすのは食費ぐらいになってしまう。そういえば、このところ肉といえば鶏の胸肉しか食べていないな。10年前と比べると、ホントに貧しくなったものよ。

ありがたいのはセブンイレブンのミールサービスで、500円以上購入すれば配送料は無料、かつ支払いは月末締めの翌月20日払いなので、何とか今のオヤジにとっては欠かせないウイスキーを購入できるというものだ。

ただし浮かれて頼むと、翌月の支払いに困ることになるので、極力抑えて注文している。オヤジは煙草は吸わないし、ギャンブルもやらないので、この点だけは助かっている。それと、家にあるもので何とか料理が作れるというのも、まあありがたいことだな。生きるためだ、侘しいなどとは言ってられない。

本来ならば、最近購入したオーナーズ・マニュアル・シリーズの「WESTLAND SEA KING」を紹介しようと考えていたのだが、そうなると長すぎてしまうので、今日はここで止めておこう。それにしてもシーキングって、知名度は高いにもかかわらず、本当にモノグラフがリリースされていない稀有な機体だよな。

だから模型誌でサイバーホビーのシーキングを取り上げても、まともなことが書けないのか。いや違うだろう。それはモデラーの資質なのだ。昔は飛行機が好きな人間が模型を作っていたのだが、最近は模型造りが好きだからキットを作るというモデラーが主流になってきたような気がする。

それは個人の好みなのでどうでもいいのだが、少なくとも商業誌に記事を書くのならば、それなりの準備が必要なのではないか。こんなことを言うのも、オヤジが歳をとったということなのか、うーん考えてしまうぞ。
前回の続きです
梅雨の合間ということか、昨日と今日14日は曇りではあるが、まあ穏やかな天気ではある。昨日までは暇だったのだが、70車種ほどのAFV解説が発注されたことで、昨日から9時から仕事を初めて4時の呑みタイムまで作業に勤しんでいる。

そしてこのところ毎日世間を騒がしている、ド阿呆野郎舛添の追及をBGVとして聞き流しているのだが、本当にこの野郎は稀代の詭弁男で、嘘の玉手箱としかいえない答弁を繰り返している。何しろまともに答えたものはほとんどないのだから、まったくおそれいる。

手っ取り早い逃げである辞任などさせずに、百条委員会でその嘘を暴いてもらいたい。そして政治資金規正という、政治屋が損をしないで済むような筒法を早く是正してもらいたいものだ。

政治屋といえば、ド腐れ野郎阿部が5月16日の議会で、私は立法府の長だからといいやがった。この発言は、このド腐れ野郎が常日頃から三権分立などという考えは全くなく、ヒトラーと同じようにすべて俺のものという考えが背景にあることは間違いあるまい。

いいか! 確かに長ではあるが手前が権力を握っているのは行政府だけなんだよ。このボケ野郎。今度の参院選で、こんな野郎の詐欺政権である自民党に入れることだけはやめてほしい。しかも挙句の果てに、この発言は公式記録である議事録では行政府と直されている。こんな出鱈目をまかり通す詐欺政権は、早く消えてほしい。

アベノミクスの失敗を認めようとはせず、大企業とアメリカの茶坊主となって、国民をさらに困窮させようとするのにはもううんざりだ。日本でわずか2%しかない大企業の減税措置と、株価の操作を何とかしろよ。

この減税措置をなくせば、ひとまず取りやめとなった消費税10%の必要がなくなるんだ。消費税の値上げは保障の充填とこのド腐れ野郎はいっているが、これまでを見てきた限りまずそんなことはありえない。

東日本大震災の義援金と同様に、わけのわからないうことに使われて、いつの間にかその大半が霧散するであろうことは明らかだ。現実には、介護保険には厳しい認定が必要となり、年金も支給額が下げられているにもかかわらず、保険料と年金は値上げが続いているという現状を、そろそろ国民は考えるべきであろう。

さてこれからは前回の続きで、ヘッツァーの新刊を紹介しよう。写真は基本的に1ページ1枚だが、一部には2~3枚というものもある。また前回で記事は車内操作式機銃のみと記したがこれは過ちで、クーアラントで第731駆逐戦車大隊第1中隊でッツァーの車長としてソ連軍と戦ったカール・ハインツ中尉の手記が、4ページにわたって掲載されていた。これは数少ない、ヘッツァー乗員の生きた声である。

前回にも記したように死んだ車輌が大半ではあるが、やはりヘッツァーのファンならば押さえておきたい一冊であろう。シリーズなので次に何が出てくるか、今から楽しみなところではある。



スロークッカーのレシピ本
寒い日と暖かい日が交互に訪れていたしばらく前とは違って、ようやく気持ちのよい穏やかな日が続くようになってきた。この時期と10月頃って、オヤジは一番好きなのだ。何しろ空調を必要としないので光熱費が安くなる! ありがたいことだな。

今GP誌のチャレンジャー戦車に取り組んでおり、結構忙しいのではあるが少し気分転換をとブログを書くことにした。結構読む資料が多いので、1日10枚ぐらいしか書けないのだが、労力的にはかなりのもので夕方になるとやはり疲れてくる。って、これを書いているのはまだ仕事にかかる前の朝(4月19日)だけれど…。

以前スロークッカーを購入したことはもう書いた。しかしアマゾンで検索してみると、レシピ本はNHKのもの1冊しかなく、しかも2,000円を超えているので手が出ない。ということで、図書館で調べたのだが世田谷区にはない。

どうしたものかと蚤の頭で考え…、そうだ! スロークッカー大国のアメリカならとアマゾンで調べると、あるはあるは、しかもキンドルの場合は無料や100円程度の本がかなりあり、早速無料本4冊と100円台のサンプル2冊をダウンロードした。

PCの取り込んでおくと、一括してタブレットに配信できるので便利なのだ。料理本は万人向けということで、調理用語でわからないものもあるが概して比較的すらすらと読むことができる。しかもタブレットならば、夜中に寝転んで読むことができ、頭の中にはさらなる妄想が広がるのだ。

ただし戸惑ったのは、アメリカと日本では計量スプーンやカップの呼称と容量が異なること。そこで調べてみたら、至極簡単なものであり、小さじはティースプーン、大さじはテーブルスプーンといい、容量にほんのわずかな違いはあるものの、ほぼ5グラムと15グラムと考えればよく、つまり日本と同じということなのだ。

またカップの呼称は同じだが、1カップの容量が240ccと日本の倍以上なので、この点は注意されたい。そしてあと、ほとんどのレシピに登場する1オンスの重量が、30グラムということだけ忘れなければ、簡単にスロークッカー料理を楽しむことができる。

今回もまた、ジョー・レイクの「トムキャット」本を書こうと思い、本は出していたのだが、こんなどうでもいいことで今回もまた終わってしまった。ごめんなさいですね。