(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
MITSUBISHI T-2/F-1
 今日は朝から仕事が入ったので、奮起して昼前には無事終わらせた。今日は図書館に本を返しに行くため久々にチトカラるのだが、今日はいつもの福屋ではなく、駅前の「なんで屋」で友人と呑むことにする。これはタクシー代の節約だな。

 昔「なんで屋」は、揚げたての串カツが売りだったのだが、最近では串カツはセットのみとなってしまい、その意味では少々寂しくなったのは否めない。しかし刺身やトンペイ焼きなどがあるので、それはそれで十分楽しめることができるのだ。

 オヤジは料理番組が好きで、ほとんどの番組を見ているのだが、その中にNHKの「あさいち」の中で放映される「解決ごはん」という番組がある。この番組の女性アシスタントが、駒村多恵といい、知っている人も多いと思うぞ。

 オヤジがお気にの、日本TVのアナウンサー水トちゃんが少々年をとったらこうなるのかなという雰囲気で、結構好きなのだこれが。しかしオヤジはまったく知らなかったんだが、実は彼女元アイドルとしてデビューし、何枚かCDも出しているのだ。さすが元アイドルだけあって、今でも十分可愛いゾ。オヤジの目では、不細工な藤田ニコルや大味すぎるアン・ミカなどよりは、なんぼかよいのだ。

T-2/F-1写真集 さて今回は、最近ホビージャパンが刊行を開始した航空自衛隊写真集シリーズ第2弾の、「MITSUBISHI T-2/F-1」を紹介しよう。いずれもすでに退役して久しいが、国産初の超音速機として時代を作り上げた機体でもある。

 本自体が大判なのに加えて、写真も大サイズで掲載されているので迫力溢れる仕上がりだ。ディテールなど1/4程度はモノクロ写真だが大半はカラーで、3ページのカラー側面図と4ページの飛行隊パッチも用意されている。

 また両機ともに飛行隊創立の記念塗装とマーキング、そしてF-1は戦技競技会向けのスペシャル塗装が多いことでも知られるが、本書ではこれらをカラー写真で紹介しており、前述したディテール写真と併せてモデラーに役立つことは間違いない。

 現在では1/72、1/48ともに秀作キットが流通しているので、これを機会に今は姿を消した日本の翼を、机上に再現するというのも一興だろう。その際には本車が恰好の資料となること請け合いだ。お勧めの一冊ではあるな。
スポンサーサイト
Dieppe Through the Lens of the German War Photographer
 昨日も暑かったが、今日12日はもっと暑くなるとのこと。ところが明日は一転して雨になるという。でも今日は、少し暑いものの気持ちよい一日を楽しむことにしよう。もちろん窓は全開さ。

 今日の昼は6枚切りの食パン1枚と侘しかったので、夜は白菜サラダと鶏の胸肉とブロッコリー、それに玉ねぎを加えたケチャップ炒めを作ろうかと考えている。ちょうど鶏肉の解凍も終わったことだしね。

 ここ3日間は物理的な問題から酒を抜いていたが、昼前にセブンイレブンからウイスキーが届くので、今日はいつものように4時から呑みタイムといこう。このブログを書いてから呑みタイムまでの間は、撮り溜めた映画を見ようか。

 しかし北朝鮮と、全身これ毒まみれの豚野郎にはもう辟易した。直接攻撃するというのは駄目だけど、その昔に台頭した民族自決主義に委ねたらいかがだろうか。つまり人道主義的な見地から、各国が送っている米や医薬品などをもう送らないことだ。

 それで国民がどうなろうと、豚野郎にために死ぬといっている人間達なのだから、本望ではないだろうか。ミサイル開発に多額の金を投入し、自分の享楽のために浪費する豚野郎が存続する限り、もはや国自体が地球には必要ないのだからな。

 さてあんな豚野郎は放っておいて、ここからは前回の続きで「Dieppe Through the Lens of the German War Photographer」を少し詳しく紹介しよう。横長本で、ページ数は64ページとさほどのボリュームなので、寝転んで読みにもちょうどよい。

 本書は先回に記したように、1942年8月19日にフランスのディエップ海岸における、カナダ第2歩兵師団カルガリーを主力とした連合軍の上陸作戦ジュベリーの顛末を、ドイツ側の写真で追ったもので、その中核として最終的に海岸に累々と無残な姿をさらした、チャーチル歩兵戦車Mk.I/II/IIIの姿が並べられている。

グランドパワー 少し前にGP誌で、チャーチル歩兵戦車を記述した際に本書があったならば、もう少し深い解説ができたと思うが、その時はアマゾンでの取り扱いはなかったのだ。残念ではあるが致し方ない。

 本書の10~11ページと最後のページには、イギリス空軍のスピットファイア偵察型が撮影した俯瞰写真が配されており、個々の戦車の写真ではわかり難かったその位置関係を、一目で見ることができる。

 最初の7ページで作戦の背景と上陸訓練中の写真を配してから、後は海岸の各所に放棄された車輌と、それらを運んできたものの、これまた放棄されたLCTの写真で綴っており、LCT各艦に搭載されたチャーチルそれぞれのニックネームと、戦車乗員の階級と氏名をまとめた表が用意されている。

 イギリス戦車ファンには少々酷かもしれないが、資料的な価値は非常に高く、古い本ではあるが今でも色褪せることはない。何しろ送料無料で550円で買えたということが、オヤジは嬉しいゾ。なお今日の価格は、3,000円前後となっている。

 しかし本書があまりにもマニアックすぎたのが、残念なことに2冊で刊行は終了したようで、以後新刊の姿を見ることができなくなったのは残念だ。復活を強く望みたいシリーズではある。
いいぞ、キンドル
 昨日は午後ににわか雨が降ったが、近所のセブンイレブンにアマゾンの支払いに出る時には止んでいたので問題なしだし、今日は気温こそやや低めだが快晴で気持ちがよい日となり、南北にの窓を開いて春を満喫している。

RFM35M1Track かなり古い刊行だが今でも他にモノグラフはなく、しかも送料込みで1,500円程度だったのでModern Combat VehiclesシリーズのThe Scorpion Familyを注文したら、3月25日にイギリスを発ち4月1日には到着した。早いゾ。

 スコーピオン・ファミリーの原稿依頼が来るかはわからないが、まあ先の備えというわけだ。先ほど調べたら出品者価格で6,000円ほどしていたので、かなり得した気分になったぞ。仕事が来ると嬉しいのだが…、まあアイテムがアイテムだけに無理だろうな。

 友人の住職さんから頼まれていたテープ起こしが終わったので、今は何もやることはなく、こうしてブログを書いている次第。まあ読む本はそれこそ文字通り山のようにあるし、撮り溜めた映画も同様なのでお楽しみはこれからだゾ。って不安になるのではあるが…。

 さて今回は、アマゾンが提供している電子書籍キンドルを紹介したい。オヤジはやはり古い世代なので、当然ながら紙の本のほうが好きだし仕事で使うにはやはり本のほうがはるかに使いやすいのだが、何といっても格安で、しかも即手に入れることができるというメリットは捨てがたい。

 というわけで、今PCのHDDには310冊が収まっている。もっともその大半は無料のサンプルで、実際に購入したのはまだ70冊ほどなのだが、今数えて結構購入しているのには驚いた。もっともこの大半は無料のサンプル本なので、実際には60冊程度かな。

 無料本の中には、前からほしかったが店頭販売している店が極めて限られており、入手ができなかった東京都の「東京防災」があって、これは嬉しくなったな。何しろ無料なので、万人に勧めたい一冊だ。

 特にオヤジのお勧めは、以前紹介したディテール&スケール・シリーズで、カラー&マーキング・リシーズ1冊を含んでもう6冊が刊行されている。F2Hバンシーは好きではないために購入はしていないが、他はすべて購入済みだ。

 本シリーズの特徴は、紙版をはるかに上回る250ページ前後というボリュームと1,300円前後という安さ、そして紙版ではなかったカラー側面図が用意されており、未購入の方でもこの内容と価格ならば購入してもいいんじゃなかろうか。

 購入に際しては、コンビニ払いはできないためカードだけかと考えそうだが、実際にはアマゾンのギフトカードをコンビニで購入すればよく、オヤジはこのギフトカードでいつも購入している。こ他にもかなりり安価な本が多く、ぜひチェックしてほしい。
TWENTIETH-CENTURY ARTILLERY
 世間ではもう連休がスタートしているのだが、毎日が連休みたいなオヤジには何も関係ないことだ。しかし今日5月1日は天気がよく、気持ちのよい日ではある。ただし夕方から雨になると予報されているので、アマゾンの支払いにセブンイレブンに行く時とだぶらないことを切に願いたいものいだ。

 5月3日には静岡から坂西君が出てくるので、例の3人組が福屋に集うことになるのだが、今回は名人として知られる中川氏と、長らく連絡がとれないでいた天丼君も参加するので、結構な所帯になる。西友で買い物もできるしね。

 少し前までは、プラモデルの購入を年3個に制限すると偉そうに書き、実際それに従っていたのだが、このところそれが大きく崩れて今年はもう10個以上買ってしまった。特に駿河屋の存在を知ったことで、購入数が増えたのは間違いない。さらに例のごとく、アマゾンで本も購入しているので生活はさらに困窮することになる。ホント、阿呆だな。

20's Artillery そんな中から今回は、「TWENTIETH-CENTURY ARTILLERY」を紹介しよう。そのタイトルからもわかるように、20世紀に登場した各国の火砲を一堂に会したもので、著者は火砲では定評のあるイアン・ホッグ氏だ。

 まず火砲の歴史を簡単に紐解いてから、野砲と重砲、対空火器、対戦車火器、軽支援火器、地対地ミサイル、対空ミサイル、列車砲、自走砲、ロケットランチャーの各カテゴリーに分け、それぞれ口径順に各国の火砲類を1ページ1アイテムで記述している。

 オヤジは仕事の関係上ドイツとアメリカ、そしてイギリスの火砲に関する本は結構なボリュームの本を持ってはいるのだが、いずれも第二次大戦時に限定されており、その意味でこの本は貴重な一冊だろう。

 ただしサイズが小さいので、当然ながらその記述量は簡素となるのは致し方あるまい。それでも、いずれともにカラー側面図と基本データが用意されており、主原稿に火砲類に関する何らかの記述を加えたいときには、何かと役立つはずだ。

 自走砲とロケットランチャーの一部は、他書からの記述と側面図が流用されているが、全体の流れとしてはさほど気にはならないと思う。その収録アイテムは300点とかなりのものだが、結構抜けていたりして完全版とはいえないのがちと辛い。

 しかし先ほどアマゾンで価格を調べたら、出品者価格で送料を入れて828円とかなり安く、あまり火砲に興味のない方でもこれならば持っていても何かには役立つと思うぞ。
東部戦線のソ連製車両
 雨が降ったりやんだりで、3月も半ばだというのに今日15日は、結構寒い日だった。でも再来週には花見の季節となるので、もう少しの我慢だ。というわけで、意味なく今日も呑む。原稿書きにも飽きてきたので、まずスパゲッティーを茹でてからオリーブオイルをかけ、呑む前に胡瓜と玉ねぎ、そしてハムをスパ地マヨネーズで和えればスパサラダが完成する。

 そしてほうれん草とコーンをマーガリンで炒めれば、立派な簡単野菜炒めができるのだ。ほうれん草は美味しいし、体にもいいしね。これにチーズが加わるので、まずは立派なつまみ兼夕食となる。

 さらに食べたければ、餅を焼いてこいつに納豆をかければ美味しい一品が出来上がるぞ。簡単なものばかりではあるが、朝8時過ぎから原稿を書いていればあまり凝ったものは作れない。って、暇でも大したものは作らないんだけれどね。

 最近更新したブルーレイ・レコーダーDIGAは、すこぶる調子がよい。確実にダビング時間も減っているし、前のDIGAは再生専用機としたのでファイナライズを必要とせずにAVCRECフォーマットのDVDを見ることができるので、ダビング中も退屈することはない。BD-Rを見ることはできないが、再生専用機があるのでこれも問題なしだ。かなり貧しくはなったけれどね。

 さて今回は、アーマーモデリングの別冊「東部戦線のソ連軍車両」を紹介しよう。そのタイトルからもわかるように、ドイツ軍と対峙したソ連の戦車と自走砲をカラー側面図でずらりと並べており、ソ連戦車ファンは嬉しくなる本だろう。

USSRTANK.jpg ソ連の戦車というと、どうしてもグリーンのモノトーンと思われがちだが、丹念に写真を見ていくと様々な迷彩塗装が存在することがわかる。本書はそれを具現したもので、数多い迷彩塗装例を紹介している。

 巻頭には当時のソ連の規定に従った塗装色が紹介されており、印刷ではあるがこれでどのような塗色が用いられていたのかを、視覚で確認することができる。だいたいオヤジは色自体にあまりこだわりがなく、明るいグリーンの部分が暗いグリーンだと困るけれど、それらしいグリーンならば問題なしだ。

 その昔厚木基地で見た、F-4Jの列線を思い出す。当時アメリカ海軍機の上面色はライトガルグレイなのだが、見事に同じ色の機体はなく退色などにより濃淡がバラバラになっていたのだ。しょせん色なんてそんなもの。連邦規格のFSカラーチップは単なる参考と考えればよく、要はらしければよいのだ。

 掲載されたカラー側面図はなかなかの仕上がりで、ウエザリングも施されキット製作の参考になることは間違いない。巻末には部隊の識別法と参考資料が掲載されており、ソ連軍の戦車が好きなモデラーなら購入をお勧めしたい一冊だ。