(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
THE LAST OF PHANTOMS
 このところ少し暑い日が続いており、やる気を削いでくれること甚だしい。しかも悪いことに、昨日でウイスキーが絶えたので、今日から必然的に呑まない日が続くことになる。まあ体にはいいことではあるが、今度は夕食を考える必要が出てきた。まっつまみを作るのも、夕食を考えるのも大差ないことではあるが…。

 さて今回は、18日にイギリスを旅立ち今日25日に届いた、「THE LAST OF PHANTOMS」を紹介しよう。8日間で届いたのだからこれはかなりの素早さであり、さすがは愛用しているワールド・ブックスさんだけのことはあるぞ。

LastOfPhantoms 著者イアン・ブラックは、イギリス空軍でライトニング、ファントム、そしてトーネードと乗り継いできたパイロットで、退役後は民間に移って今はエアバスA340の機長を務めており、その経歴を背景に数多くの空撮をものにしてリリースされた写真集も多い。その中でも正続2冊の「LAST OF LOGHTNINGS」は、ライトニング写真集としてピカ一の存在で、オヤジもいちゃんと持っていっるのだ。

 今回紹介する本は、タイトルからわかるようにファントムIIをテーマとしているが、当然ながらイギリス空軍が運用してFGR.2と海軍から移管されたFG.1、そしてアメリカ海軍から借用したF-4J(UK)に限定されている。つまりイギリス空軍ファントムII写真集というわけだ。

 性格上、写真は空撮が中心だが、フライトラインや滑走路で撮影されたものも散見できる。ディテール写真はなく直接的にキット製作に役立つという本ではないものの、少なくとも士気高揚には役立つはずだ。来年には、エアフィックスからキットも出るはずだしね。

 実機の解説は最小限にとどめて、各章をファントム・ライダーの回想記に割いており、この中にはフォークランド諸島への派遣や、F-4J(UK)搭乗記もあり読めばそれなりの知識を得ることができる。

 オヤジは送料込みで3,100円強で購入したが、本書がリリースされた2002年換算では4,700円ほどしたので、まあいい買い物だろう。今アマゾンで調べてみると、出品者価格で送料込み5,400円弱と、結構高くなっていた。
スポンサーサイト
大冊 SUKHOI Su-24
 去る3日には、5月の連休恒例となっている福屋呑み会で盛り上がった。中川さんはRB-47Hを作っているし、Sheen君は製作中のPB4Y-2を持ってきて座を盛り上げてくれた。オヤジも頑張らねばと思うのだが、なんせ本が山積みという環境では難しいのがちと辛い。

 そして今日5日は朝から晴れ、しかも暖かくて夏の訪れを感じさせるような日となった。もう仕事がすべて終わったのでやることはなく、朝からブログを書いている次第。何とも締まらない話ではあるが、これも致し方あるまい。

Sukhoi Su-24: Famous Russian Aircraft さて今回は、Sheen君に購入してもらったFAMOUS RUSSIAN AIRCRAFTシリーズの、「SUKHOI Su-24」を紹介しよう。エフレム・ゴルドンとドミトリー・コミサロフの共著であり、2016年に刊行された新刊で352ページという大冊でもある。



Sukhoi Su-24 Fencer (Aerofax) すでにゴルドンは、2005年にエアロファックス・シリーズから同じタイトルでSu-24のモノグラフをリリースしているが(写真:左)、今回紹介する本はそれから11年を経てまとめられたことで、そのページ数からもわかるように情報量は倍以上となっている。そこで旧作を本棚から引っ張り出し、その違いを見てみることにした。

 カバー裏表紙の記述によると、写真は660点、カラー側面図は120点以上とこれまた前作をはるかに上回っている。そして肝心の記述だが、当然ながら同じ機体なので重複はあるものの文章自体の流用はなく、まっさらの書き下ろしとなっている。

 そして当然ながらその記述は、最新のデータを基として旧作ではわずかな記述しかなかった部分にも詳しい解説が盛り込まれている。例えばまったく記述がなかった中期寿命延長計画の具現であるM2型や、イラン向けMK型のアップグレードなど、さすが最新の本だけのことはある。

 また写真も、当然ながら流用されているものも存在するが前述したようにその点数は多く、もちろん細部写真も数多くが掲載されているので、キット製作には欠かせない資料となろう。

 さらに配備状況に関しては、完全とはいかないまでも旧作よりはるかに詳細な記述となり、さらに巻末には事故機に関する情報が7ページを割いて記述され、刊行された時点で114機を失ったとされているので、その1,500機以上という生産機数から考えると、結構な損失率となっていることがわかった。

 また旧作では、配備状況に実戦の関する記述を含めて30ページで解説していたものを、実戦に関して別章を設け22ページで記述している。ページ数で見ると減ったように感じるかも知れないが、旧作では半分以上が写真で占められていたし、ソ連空軍への配備に関してもふれられていたので、実質的な戦闘に関する情報量ははるかに増えたことになる。

 というわけで、旧作をお持ちの方でもSu-24のファンならば、ぜひとも購入をお勧めしたい一冊だ。ただ問題となるのはその価格で、アマゾンで調べたら7,820円だった。ただし出品者扱いでは、送料を含んで5,100円強なのでこちらのほうがよいだろう。

 出品者扱いというとどうしても古書かと考えがちだが、確かに古書もあるものの大半は新品であり、もちろん本書も例外ではない。これはアマゾンで調べればすくわかるはずだ。
今日も生きています
いつもコメントをくれるSheen君から、上海はフリーソフトであるとのコメントをいただいた。オヤジもそのぐらいは知っているが、やはり昔取った杵柄というわけではないものの、上海はあのマッタリ、かつ人をなめきったようなBGMが流れないと駄目なんだよね。

それでPCの場合は座らなければならず、何事も寝転んでやるのが好きなオヤジとしては、やはりゲーム機じゃなければ…、というわけで購入した次第。赤貧でも2,000円ぐらいは捻出できるしね。

しかし驚いたのが、画面の荒さ!TV自体が高精度になってきたので、昔のゲームソフトでは対応しきれないんだな、きっと。32inを1mぐらいで見ているのでさほど小ささは感じないが、絵牌は確認しづらいのが困るぞ。

そうですか、やまちゃん殿はDQ7をプレイしたんですか。やはりあの往年のBGMが嬉しいよね。かなり長く楽しめそうなソフトでありながら、400円を切るというのは実にありがたいことなのだ。これも老化防止にはなるしな。

オヤジは始めたばかりで先に進みたいんだけれど、また今月のGP誌が終わっていないので我慢している。といってもオヤジが悪いのではなく、解説の元となる写真がまだ届かないのでいかんともしがたい。

この写真解説が終わればひとまず今月半ばまでの仕事は終わるので、もう少しの辛抱だ。見る映画は一杯あるし、読む本にも事欠かない。まあ楽しみはいくらでもあるということだな。

とここまでは2月10日に書いた分だが、書いているときに写真解説分が届き早急に書かなければならなかったので、ブログはいったん中断した。そして今日15日から再開した次第。本文と合わせて210枚ほど書いたので、結構な量となった。今月も頑張ったな。

ようやく今月分が終了したので、今日は久しぶりに福屋で姫と住職さんに逢おうとしよう。3日間呑んではいないので、ちゃんと休肝日もとったしね。さらに福屋にはPS2も届いているし、アマゾン注文分の支払いもできるし、ありがたいことだ。

このところその日の原稿が終わると、DQ7をプレイしている。送料込みで400円以下だというのに、これから先も十分楽しめることは間違いなく、まったくいい買い物をした。実はオヤジ、スーファミ以降DQはプレイしたことがないのだよ。

PS2が届いたので嬉しくなり、早速DQ8も頼んでしまった。これとて込みで500円強なので、これなら赤貧のオヤジでもOKさ。それで数ヶ月間は楽しめるのだから、まったく安いものだ。呑みにも行かなくもなるし、ゲームも面白いしネ。

いろいろと新しい本を購入したので紹介でもしようかと思ったのだが、今回はダラダラとどうでもいいようなことを書いてしまった。ゆるしてたもれ。まあ本を読んだり、映画を見たりと、ひとまず楽しい毎日を過ごしているのだ。ということで今回はおしまい。次回に期待されよだ。
Kagero出版のHeinkel He219 Uhu その2
先回に阪神のことをヤクザ球団と書いたら、友人から抗議のメールをいただいてしまった。オヤジとしては昔から巨人ファンの間だけで言ったいたことを書いたのだが、それで気を悪くしたのにはここで謝意の意を表する。

もちろん阪神は巨人の良きライバルだと思っているし、球団や選手、そして関係者諸氏を嘲ったり、馬鹿にしたり、ましてや非難しているわけではなく、単に書いてしまったというだけだ。

もちろん文章は言葉と同じで取り消すことはできないから(物理的には可能であっても)、ここは反省するということでお許し願いたい。ごめんなさい。

今日は誕生日うということで、例によって福屋でコロコロと住職さんと一緒に呑むことにあいなった。ひとまず仕事はすべて終わったし、次の仕事の材料がまだ届かないので中休みということでちょうど良い。

最大の欠点は原稿料が入る前日ということで、ほぼ赤貧状態ということだ。昔からそうだったんだよね。こればっかりはどうしようもないか。まあ呑み代はともかく、呑めば足がワヤになり、帰りのタクシー代3,500円が結構辛いんだよね。

まあ明日に備えて野菜なども買えるから、まあいいか。しかしこのところの葉物野菜の値上がりは厳しい。気象条件に大きく左右されるというのは十分わかっていても、やはりレタスが300円前後というのには二の足を踏まざるを得ない。

だからこのところ昼のホッオサンドはお休みで、6枚切りの食パン1枚にマーガリンを塗り、オーブントースターで焼いてから食すという侘しい昼食が結構続いている。まあ慣れているので、どうということもないのだがナ。

さてここからは前回の続きで、VoL.IIの本文はVol.Iよりも短く、2年にも満たない本機の実戦記録に限定して記述されている。ページ数で見れば写真だけのページを含めて29ページなので、総ページ数110ページの1/4強といった程度だ。

写真も当然用意されているが大半は見たものばかりで、しかもほとんどが破壊されたり、戦後連合軍が撮影したものであって、生きている写真は極めて少ないが、これはいたし方あるまい。そんな状況下の機体なのだからして。

本書の売りはやはり詳細に作られたディテース・イラストなのだが、写真では今ひとつわかりにくかった部分も作者が判断して作っているため、その情報量は写真よりも多く、キット製作には必ず役立つはずだ。

例えば後席の上枠に照準器を装着し、前席の枠上に反射鏡を装着したシュレーゲムジーク用の照準装置など、本書でようやくその詳細が判明したほどだ。またレーダー機材や脚周り、内部構造などに加え、Ta154を2枚含んだ全体イラストも12ページ用意されている。

惜しむらくはタミヤのキットで、A-7のサブタイトルということで実機ではFuG202レーダ機材を廃止したというのに、後席に廃止前と同様2種のレーダー機材を搭載するという過ちを犯しているのだが、本書も残念ながらその状態で作っており、FuG202用の機材を降ろした図がないのは残念だ。

He219はオヤジの好きな機体ベスト10に入ってはいるのだが、さすがに32となると大き過ぎて持て余すことは確実なので、ハセガワが72、造詣村が48で新キットをリリースしてくれることを切に望んでやまない。

まあこれまでの推移を考えると造詣村からはリリースされそうだが、ハセガワは無理かな。でもオヤジの本命である72のキットが(って、もはや作らないだろうにもかかわらずだが)いずれも問題だらけなので、やはり新キットは欲しいよな。

F-4B VF-51 NL100/150456 後日談
仕事も一段落したし、新しいPCの構築も完了したので、今日(8月2日)は3時頃から飲み始めることにした。先日ビア350ccなりを48本購入したし、さっきセブンイレブンから焼酎一升が届いたので、当分飲み物には困らないのだ。2リットルのお茶も3本あるしね。

つまみを作るのも億劫なので、今日は簡単にキムチとひねり揚げといこう。やる気が出てくればハムもソーセージもあるので、簡単ではあるがそれなりには作れるのだ。いやあ、充実した一日だな。

それでもって、昨日と同じように巨人が勝てばもういうことなしだ。ありがたいことにちゃんと阪神は負けてくれてるしね。今日もビアがうまいぞ。って、仕事しろよな、仕事を。とコロからお叱りを受けそうだが、まっ、いいか。

とここからは、3日の昼飯前に書き始めた。窓を開けていれば結構風が入って、まずは気持ちのよい状況なのだ。しかし昨日はわが軍が負けてちょっとがっかり。あげくのはてに、解説が使えない川籐何たらというのでさらにむかついた。

この年中酔っ払っているようなおっさんは、って見るからに爺さんなのだが、実際はオヤジよりひとつ上に過ぎないというのも凄い、記録はないし記憶にも残らないようなプレーヤーだけに、まともな解説は何一つできない。

にもかかわらず、公共の電波で阪神を応援しているとしか見えない意味のないくちゃべりなので、さらにむかつく。こんな爺さんは大阪以外で解説をやらすというのが間違いなのだ。ホントにうざいゼ。早く消えてくれ!

さてここからは本題で、VF-51のCAG機に関しては前回で終わりにしようと思っていたのだが、書き忘れていたことがあるのでもう一度お付き合い願いたい。

ベトナム・クルーズを終えて本国に帰還したVF-51は、しばらくの間以前のマーキングを残していたが、海軍のお偉方があの派手なマーキングはまずいんでないんかいと判断したのか、胴体を飾っていたマーキングの使用禁止が通達された。

その結果、形状からスーパーソニック・カンオプナー(超音速缶切り)と称されていたマーキングは姿を消すことに相なった。前述のミグキラーであるハウストン少佐は、このマーキングについて次のように語っている。

“自分が思うに、あのマーキングはF-4各飛行隊の中でも出色のものだが、ミラマーの連中に言わせると、飛行中に見ると薄汚れて伸びきったアライグマの尻尾がはためいているようだっていうゼ”とのことである。

そしてVF-51は1973年3月9日から、F-4Bによる二度目、そして最後のベトナム・クルーズを実施したが、その際のマーキングは垂直尾翼を黒く塗り、テイルレターのNLは飛行隊色の赤を用いたアウトラインのみ、そしてラダー周囲をレッドで縁取り、中央に3本のストライプをこれまたレッドで引くという、極めて地味なスタイルに変更された。

そしてBu.No.150456は以前と同じくCAG機に指定され、本機のみラダーに引かれた3本のストライプに変えて上から順にレッド、オレンジイエロー、ブルー、オレンジ、ブラック、グリーンの飛行隊色を用いたストライプが引かれたが、昔日の面影はもはやなかった。なおこのクルーズでは、同隊所属機の数機が厚木基地に飛来している。

しかしさすがにこのマーキングではしょぼく、しかもレターも読みにくいと考えられたのか、レターは白縁に改められてストライプも垂直尾翼前端まで延長された。そしてこのマーキングは、そのままF-14にも踏襲されている。

そしてCAG機は、1974年10月8日よりノースアイランド海軍施設においてN型への改修作業に入り、N型改修No.88として変身した。その昔1/72でこの派手な時代のミグキラーCAG機を作ったが、アカデミーの1/48キットでも作りたい機体ではある。