(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国に展開したF-106A
 今日8日は久しぶりに朝から晴れ、少々湿度は高いもの気温は手頃で気持ちのよい日となった。例によって例のごとく、朝8時からコーヒーを飲んでから、ブログを書いている次第。他にやることないのかって感じだよな。

 あとは4時前につまみを作って、4時からウイスキーを呑むだけだ。その間は、本を読んだり映画を見たりと、まったく非建設的な過ごし方ではある。昨日は卵が食べたくなったので、急に予定のレシピを変更して、インチキかに玉を作った。

 なぜインチキかというと、蟹缶ではなくカニカマを使ったからだ。蟹缶は2個あるにだが、何かに備えてこれは温存している。だから今日は、昨日予定していた春雨とツナ、ピーマン、玉ねぎう、そして残ったもやしを入れた炒め物を作ろう。これで夕食も一緒に摂れるというものだ。

 さて今回は、前回のJu388の続きではなくプエブロ号事件に際して韓国に派遣された、F-106Aに関して少し調べてみよう。まあ調べるっていっても、単に先回紹介したシッファー出版のF-106に掲載されていた記述を、要約しただけなんだけれどね。

PuebloNP-Headline
 プエブロ号事件とは、ベトナム戦争さなかの1968年1月23日に元山沖の海上において、電子情報(ELINT)収集の任に就いていた情報収集艦プエブロ(AGER2、バナー級2番艦)が、北朝鮮に拿捕された事件であり、これを重く見たアメリカは直ちに空母機動艦隊を日本海に展開させたが、それに呼応してF-106Aを日本に派遣したのである。

 これは伝聞ではあるが、夕方横田基地に降りる機体のエンジン音が、それまで聞いたことがない音だと思いながら翌日基地の撮影ポイントに赴くと、なんだF-102かと思いながらよく見ると、垂直尾翼の上が切れている、おっF-106Aじゃないかと話題になったそうな。

 北朝鮮側は領海侵犯だと言い、アメリカ側は公海上だと譲らず、結局現在に至るまでその審議のほどは明らかにはされていないが、まあこれは今回に話とは関係ないことだろう。

 この横田基地に飛来したF-106Aは、メリーランド州アンドリュー空軍基地をホームベースとする95FISだが、それ以前に日本に飛来した機体も存在する。それがワシントン州マッコード空軍基地に展開していた第318迎撃飛行隊の所属機で、事件の翌日である29日に韓国の派遣が決まり、30日には移動準備が整ったものの実際にフレッシュ・ストームの作戦呼称で移動が命じられたのは2月8日のことで、この日18機のF-106Aがハワイ州ヒッカム空軍基地へ向かって旅立った。

 そして11日には、18機のF-106Aとともに400名の地上要員を乗せた複数のC-141Aが沖縄の那覇基地に到着し、臨時に太平洋航空軍(PAGAF)の指揮下に入って、休息と整備を終えた2月18日には那覇空軍基地から韓国の烏山空軍基地に移動し、到着して3時間後には4機のF-106Aが5分待機のアラート任務に就いている。

PuebloNP-Headline もともとF-106は、北米大陸の防空データリンク・システムである半自動地上管制機構(SAGE)と組み合わせることで真価を発揮する機体なので、韓国に派遣されても単なるマッハ2級の迎撃機としてしか機能しないのだが、おそらく新鋭機を派遣することによる、北朝鮮への圧力がその背景にあったのだろう。

 また当時韓国の装備する防空機材は、大戦型で旧式な人力操作式40mm機関砲しかなかったので、F-106Aの有する防空能力に期待がかけれれたこともまた事実であろう。実際に試験では、防空能力に関してF-4ファントムIIを凌駕することが判明していたのだ。

 この318FISの韓国派遣は短期間に終わり、換わって6月6日に48FISの要員がC-141Aで烏山基地に派遣され、続いて10日に第2陣の要員がアメリカを出発し、318FISの機材を使用して7月11日からアラート任務に就き、その後7318FISの要員は順次アメリカに帰還している。(以下次回)

 

 
スポンサーサイト
Junkers Ju 388: Development, Testing And Production of the Last Junkers High-altitude Aircraft
 今日6日は朝から雨が降ったりやんだりで、午後から図書館に行く予定なのに、はてどうしたことやら。まあ湿度は高いが涼しいので、ひとまずオヤジにはありがたいことではあるのだが…。おっ、昼の天気予報でこれからは雨は降らないとしているにで、これはやはり行くしかないだろう。

 外に出ないと生鮮食料品が買えないし、田舎堤のCOOPは結構高いのでやはり千歳烏山で買うのがべストになるのだ。電車賃を必要とするが、それは図書館と相殺できるので気にはならない。まだPASUMOが残ってるしね。

 今メールが来て、15時から1時間限定でアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーが半額になるとのこと。これも前からほしかった調理器具だけに心が惹かれるが、生活費との兼ね合いが…。困ったもんだな、ホント。

 と妄想していたら、夕方にコロちゃんと呑むことになった。これでヨーグルトメーカーは必然的にあきらめざるを得ない。まあそのうち金が入ったら、買えばいいさと自分を騙すことにして先に進もう。旧交を深めるのは、いつでもいいことだからね。

 さて今回は、以前からほしかったのだが最初は8,000円台、その後1万円前後という価格になり買えなかった本が、いきなり5,000円を切る価格になっていたので、生活費を切り詰めることで早速注文した。それがシッファー出版の「Junkers Ju 388: Development, Testing And Production of the Last Junkers High-altitude Aircraft」で、こいつを紹介しよう。

Ju388 ユンカース社がJu88の開発で目論見ながらも果たせず、続くJu188、Ju288を経てようやく辿り着いた戦闘機を上回る高速爆撃機が、シリーズ最終形態といえるこのJu388だ。しかし実際には、確かに最大速度委は600km/hを超えることに成功したものの、あくまでもこれはクリーン状態での数字であり、爆撃型や夜間戦闘機型は兵装搭載によりこの速度は低下し、さらには当時の連合軍戦闘機の大半がこの速度を上回っていたため、結局ユンカースの夢は頓挫した。

 加えて実戦化は大戦末期だったために生産機数は少なく、ドイツ機マニア以外にはほとんど知られていない機体となってしまった。しかしオヤジは、この悪く言えば変態チックなスタイルが昔から好きで、特にH.R.ギーガーがエイリアンのデザイン・コンセプト検討の際に、頭部の形状に関してJu388の機首からヒントを得たと思うのだがどうだろうか。

 もちろん本機のモノグラフとしては最新かつ最大ボリュームで、408ページもあってずしりと重い。ありがたいことに、同社の他の出版物と同様に上質紙なので印刷も奇麗だ。とにかくこのボリュームなので、寝転んで読むというのは難しいのが残念だぞ。

 刊行は2006年なの位で10年以上前に出たことになるのだが、アイテムがアイテムだけに全く問題はない。つい今しがた届いたばかりので、パラパラとめくったにすぎず、内容に関しては次回回しとしよう。(以下次回)
Lockheed - Vega PV-1 Ventura and PV-2Harpoon その2
 昨日と同様に、今日5日も朝から涼しくて気持ちのよい日ではある。例のごとく何もやることがないので、朝からブログを書いている次第。この状況が続いているので危機感を感じざるを得ないが、これはどうしようもないな。

 少し前に春雨とツナ、玉ねぎ、そしてピーマン炒めを作ったがこれがとても旨かったので、昨日また作った。ただしピーマンが絶えていたため、玉ねぎの量を増やしツナではなく鶏の胸肉を使ったのだが、これがまた旨くよい酒のつまみになった。そういえばこのところ、ご飯を全然食べていないな。

 さてここからは前回の続きで、まずロッキードの双発民間機シリーズから項を起こし、直接的な原型ともいえるロードスターを経てイギリス向け仕様のベンチュラMk.I/II、アメリカ陸軍仕様のB-34/B-37、そして本命のPV-1、PV-2と、多くの写真を挿入しながら実機解説が進められ、ここまでに40ページが割かれている。

 それ以降128ページまでは各国を含んだ配備状況が綴られ、以後182ページまでは取扱説明書の写真や図を駆使したディテール解説に充てられ、最後に簡単なキット解説と民間転用機、最後にPV-2の諸元でまとめている。面白いのはフロッグのキットが無視されており、アメリカにもほとんど流れなかったことを示唆している。

 写真はオフィシャルが中心だが一部には個人提供のものもあり、サイズが小さいという難はあるものの、写真集としてもなかなかのものだろう。もちろんキットの製作にも大いに役立つはずだ。ともはや作れない、いや作らないオヤジが言ってもなあ…。しかし本当に、トライカラー・スキームが似合う機体ではある。

Schiffer-PV-1 残念ながら実機の解説はさほど詳細とはいい難く、そちらに関してはシッファー出版から刊行されている「Vega Ventura: The Operational Story of Lockheed's Lucky Star」をお勧めしたい。今なら2,000円程度で買えるぞ。ファンならばぜひとも揃えたいところだ。って、ベンチュラのファンなんてたくさんはいないよな、きっと。

 こんなことをつらつらと書いていたら、72のキットがほしくなりさっそく調べてみると…、送料を加えてアカデミーと同じ製品であるミニクラフトのキットが、何と4,000円もしてやがった。このところアマゾンの出品者価格はモデラーを食い物にしているものが多く、ほしくとも買わないようにしよう。たとえそのキットがなくとも、他に作るキットはごまんとあるのだからな。こういう悪徳業者を、早く撲滅しようぜ。

 アマゾンで調べてみると、最後の1冊をオヤジが買ったことで出品者しかなく、送料込みで5,250円、USアマゾンでの定価が4.4ドルだが値引きされて37ドル弱、出品者扱いでは18ドルとまあ安いといえよう。ただし日本アマゾンの送料一律257円とは違って、USアマゾンでは送料が2,000近く必要になるため、オヤジはいい買い物をしたことになる。
Lockheed - Vega PV-1 Ventura and PV-2Harpoon
 9月に入っても、いつもは暑い日が続くいわゆる残暑に悩まされるのだが、今年はちょっと違う。何しろ毎日が涼しく、夜中に窓を開けたままだと寒くなるほどだ。暑がりのオヤジにはありがたいことなのだが、野菜に影響が及んで価格高騰になるのは困るな。

 つい最近、アマゾンに本を2冊8,000円弱を頼んでしまったので節約を余儀なくされ、このところいつも家に残っている食材で何とか凌いでいる。ありがたいことに、ウイスキーだけは結構あるので当分困らないのだが、生鮮食料品がないというのはちと辛い。

 しかも野菜は高く、いつも西友で買っている鶏胸肉1kgが480円から570円に値上がりしたのには驚いた。って、もうかなり前からなんだけれどね。鶏胸肉はいろんな料理に使えて、しかも安いというのがありがたい食材なのだが、これでは困ってしまうぞ。

 先頃TVを見ていたら、うさん臭い野郎であるテリー伊藤がこのところの北朝鮮報道により、子供たちが北朝鮮を嫌いになるのは問題だと言っていた。ご節ごもっともではあるが、よく考えてほしい。北朝鮮が、子供たちに日本という国とその国民をどう教育しているかということを。

 これは韓国もご同様なのだが、それをさらに酷くして子供たちに教えているので、北朝鮮が日本を正しく理解するなんてことは、金輪際不可能だろう。日本としても、ハブに可愛いねと手を出して噛みつかれ、死ぬのが落ちじゃないか。もはや対話などできる国ではないことが、どうしてわからないのだろうか。

 互いのベクトルが真逆という今の状態では、歩み寄ることなどは不可能なのだ。だいたい核を持ったから侵略されない国になったと、偉そうに猪八戒野郎は抜かしているが、だったら朝鮮戦争休戦以後にどこの国が北朝鮮を侵略したというのだ。

 国民が餓死し続けているという状況の中で、核とミサイル開発に多大な出費をし、しかも手前ら幹部はいい生活をしながら国民はその実態を知らないままに、世界中を敵に回して喜んでいるという現状では、北朝鮮は地球が生んだ失敗作としか言いようがない。まあ日本にも、かなりの責任があることは事実なのだが…。

 さて今回は、前述した2冊の中の1冊「Lockheed - Vega PV-1 Ventura and PV-2Harpoon」を紹介したい。本書はお馴染みネーバルファイター・シリーズの一環であり、少々前にリリースされたものだがなかなか買えず、そのうち5,000円を超える値段になってしまい、さらに買えなくなっていたのだ。ところが先日、いきなり送料込みで3,000円を切っていたので早速注文し、アマゾン在庫ということで先ほど到着した。

 オヤジはこのPV-1という機体が好きで、その昔にフロッグが発売を発表した際には喜んだのだが、結局日本にはほとんど入らずに終わり、それからかなり時間を経てようやくソ連のNOVO版で入手した次第。フロッグの中でも出来はいい部類だったのだが、結局作らずに終わった。

ReveMonoPV-1 その後にアカデミーからも発売され、さらには48でレベルもキット化したのだが、48は買わずにアカデミーも他のキット同様、押し入れの肥やしとなってしまった。というわけで、今回は本はまったく紹介できず次回回しとしよう。(以下次回)
F-102Bの艦上戦闘機型
 今日28日は、依然として残暑、というよりも夏がまだ続いているような暑さだ。
それでも汗をかきながら、窓の全開と水の摂取で空調を使わずに何とか過ごしている。えらいゾ、オヤジ。なわきゃないか。

 今は2時少し過ぎで、あと2時間もしたら待望の呑みタイム突入だ。今日のつまみは鶏胸肉を解凍していたので、ピーマンと合わせて塩昆布炒めを作ろう。これがかなり旨いのだよ。あとは温奴だな。これもお気になんだ。

 さて先回F-106の新刊を紹介したが、その中に面白い記述があったので、今回はそれを紹介しよう。F-106は単座のA型と複座のB型が生産されたが、机上ではあるがC~F型までの発展型が計画された。これはよく知られていることで、そのうち取り上げることにしてここではタイトルからもわかるように、当初の計画であるB型を母体とした発展型に関することだ。

 前に書いたように、その基本形は原型であるA型とは異なり、すでに基本図面の段階で後の生産型となるF-106Aのスタイルをほぼ確立していた。つまりその完成度は高かったことを示唆している。しかし誤算だったのは、初号機F-106が要求された速度や高度性能を満たせなかったことである。ただしF-102B時代では、当然ながらそんなことは考えられてはおらず、このため当初から派生型も計画されたのであろう。

 それがここで取り上げる海軍向けの艦上戦闘機型であり、1954年3月からF-102B計画がスタートしてからさほど時間が経ないうちに、8型艦上支援戦闘機なる計画呼称で研究が開始された。この計画呼称からもわかるように、防空戦闘機としてではなく、艦船攻撃能力を備える一種の多用途戦闘機として位置づけられていたようだ。

 エンジンにはJ67もしくはJ75の搭載が考えられ、その任務は空対空ミサイルに加えて核爆弾もしくは通常爆弾を機内のウエポンベイに収め、艦上機には欠かせない装備である着艦フックの新設と、外翼及び垂直尾翼上端部への折畳機構の導入などが相違点としてアーチャーげられていた。

 さらに、当時実用化されたばかりのAIM-7スパロー対空ミサイル4発の機内収容のためにウエポンベイが後方に延ばされ、脚周りの強化や車輪径の縮小なども盛り込まれ、加えてAIM-7に換えてオリジナルで計画された無誘導核ロケット弾AIR-2Aジーニー2発の搭載も可能とされていた。

 FCSはオリジナルのMA-1から、データリンク機構などを除いた海軍専用型のアエロ11Bに改められ、海軍兵装局が開発する照準器Mk.16との連動機構が考えられた。そして試算ではあるが、高度10,700mでの最大速度はマッハ2、高度15,250mでマッハ1.75とされた。

 この艦上化計画は955年6月20日付で海軍に提案され、計画を検討した海軍は興味を持ったらしく、1957年初め頃に2機の試作機発注の内定を出した。そして5月には、空母での運用能力向上を目的に、カナード装着や強化型フラペロンと可変形前縁カナードの導入、スパイク形インテイクへの変更などに関する研究が求められた。

 しかしすでに大型かつ最新鋭の空母CVA-59フォレスタルが就役していたこともあり、離着艦能力向上を目的とした主翼の改良はキャンセルされている。また11月には、当時開発が進めらえれていた新型エンジンJ58-P-2への換装が求められ、このエンジン換装により最大速度はマッハ2.5に達するものと試算された。

 しかしこれらの変更に伴い、自重は23,6tに達するものとなり、当然ながらこれに兵装や燃料などを搭載すると最大離艦重量は30tを超えることになり、空母に搭載する戦闘機としては重量過大は明らかで、結局それ以上の段階の進むことなく机上の計画に終わった。まあ賢明な選択ではあるな。でも空母に搭載され、翼を折畳んだF-106もオヤジは見たいぞ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。