(新)後藤仁のスロー・クルージング
軍事関係図書(洋書中心。自腹で購入!)の書評と日々の雑感
旧ブログ…
ハセガワ1/72 ハリアーGR.7 その2
 昨日は雨が降らず涼しかったのだが、からっと晴れたわけではないので今日15日は朝から洗濯をしている。オヤジは結構豆に洗濯だけはしているのだ。まあこれは、みんな同様だろうな。

 いつもサラダ麺では何だなということで、昨日は笊蕎麦を昼に食し夜は白菜サラダとカレールーをつまみとしてウイスキーを呑み、最後に食パン1枚を食べて夕食を無事う終えた。

 カレーはレトルトだが、TVでレトルトカレーを煮る前に50回振れば格段に旨くなるとやっていたので、実践してみた。確かに分離していた脂分が融合されたが、格段とはいえずまあオリジナルよりはましかなという程度だった。ただし金がかかるものでもないので、これはよしとしようか。

 しかしド腐れ野郎とその詐欺政権は、とんでもない暴挙で治安維持法の再来ともいうべき共謀法を、参院で可決しやがった。数を背景とした独裁政治はもうたくさんだ。これがあいつらが言うところの議会制民主主義なら、自民党は即刻その名を国家社会主義日本労働者党(NSJAP)と改めるべきだ。体質と行動はナチスそのものなのだからな。

 その背景には、早く議題を可決して国会を閉会させ、ド腐れ野郎の竹馬の友が理事を務める加計学園獣医科新設問題を、うやむやのうちに終わらせようという腹黒い下心が見え見えだ。何しろ内閣府挙げてのオペレーション友達なんだからな。

 これでもあなたは、自民党に票を入れるのですかとオヤジは言いたい。なんせ詐欺政権になって以降、日本の将来を大きく左右する各種法案をすべて強行採決などで決めているのだから、こいつらが一部を除き国民のことなど一切考えていないことがわかるだろうが。やっぱり三等国民だな。

 さてここからは前回の続きで、ディテールに関してはインターネットでそれなりに探せるのだが、やはり不足している部分があるのもまた事実だ。しかしふと思い出したのが、以前に購入してそのまま放置したままのイギリス向けハリアーのディテール写真集「HARRIER Inside and Out」の存在だ。

Harrier: Inside and Out 置いてある場所もわかってはいるのだが、家庭内の配置事情から取り出すのが面倒だったので、今朝洗濯物を外に干す際を利用して無事に取り出すことができた。ここで役立つとは思わず、購入しておいてよかったと思う。

 しかし一番知りたかった、エアブレーキ後方のチャフ/フレアー・ディスペンサー部分をカバーする山形のフェアリングに関しては、残念ながら掲載されていなかった。まあ3分割されて、ディスペンサー上部のカバーを任意に取り外すことが可能というスタイルだろうと想像し、これは自作することにしよう。これを再現しているのはエアフィックスのキットだけで、さすが自国の機体だけのことはある。

 さて、ハリアー・シリーズで問題となる前後の排気ノズルだが、やはりハセガワといえども型抜きの関係からこれは不可能だったようで、後方のノズルは実機をイメージ再現しただけのメリハリに欠ける表現となっている。まあこれはいうほうがおかしいのだから、責めるものではない。

 通常の状態である後方に回した場合は、搭載兵装によりほとんど見えなくなるのでそのままでも差支えはないのだが、これまた別売パーツを購入することにしたい。って、1,000円のキットを作るのにいったいいくらかかるんだ。昔ならば何も気にはしなかったのだが、赤貧の今はかなり辛いぞ。(以下次回)
スポンサーサイト
1/72 ハリアーGR.7
 昨晩は雨が降っていたのでが、明け方には止んで今日14日は曇りではあるが、ひとまず雨の心配はないようだ。ただしまだ外が湿っているために、部屋の大型窓を開けるのをためらっている。湿気は本に悪いしね。

 このところ昼には、サラダ麺ばかり食している。サラダうどんやサラダ蕎麦、そしてサラダ中華といったところで、何よりも野菜が摂れるというのは嬉しい限りだ。ただし価格が高いトマトやキュウリは買えないため、具材はキャベツとレタス、そしてハムに限定されるというのはちと辛い。まあ食べられるだけよしとしようか。

GR.7 Hase in Revel Box さてここからは前回の続きで、すでに書いたようにアメリカ海兵隊のAV-8Bシリーズと、イギリス空軍のハリアー・シリーズを共通パーツと一部の差し替えパーツで再現し、その基本をAV-8Bとしていることでイギリス仕様とするには各部に手を加える必要がある (写真はRevell箱だが中身はハセガワ製と同じものである)。

 オヤジが購入したのはGR.7のキットで、AV-8Bのパーツに専用の機首と25mmガンポッド、そしてデカールで再現している。機首はイギリス空軍仕様最初の型式であるGR.5よりも延長され下面にジュース、日本ではゼウスと呼ばれているのだが、ECM機材のアンテナ・フェアリングと一体化されて、正しくGR.7を表現している。

 機首上面には、AV-8B(NA)と同じGECマルコーニ製の前方監視赤外線を収めるフェアリングが設けられているが、その前面に設けられた円形透明部分はデカールで再現され少々実感を欠くので、これは1mm径のドリルで開口し透明ランナーを埋め込んでやりたい。

 また機動性の向上を目的に装着された前縁付け根延長部、いわゆるLERXはAV-8Bのパーツと共通でこれは間違いはないのだが、その形状は当初導入された薄板状の75%LERXなので、その装着部にあたる主翼前縁に開口されたエンジン室への冷却空気取り入れ口が、LERXの上方に見えることになる。

 しかしキットでは、型抜きの関係から省略されているのでこれは開口する必要がある。またGR.5の生産中にこの75%LERXは、より効率が向上した厚翼の100%LERXに換装されており、このパーツはAV-8B(NA)とAV-8B+のキットのセットされているので、必要に応じて部品請求すればよい。

 この厚翼形LERXの装着により、主翼前縁の空気取り入れ口は姿を消すのだが、その代替として上面に2個の小型インテイクが新設され、キットでも正しく再現されている。

 イアン・アラン出版の「HARRIER」によると、GR.5の生産第17号機から厚翼形LERXが導入されたとしているが、実際にはそれ以降に生産されたGR.5とGR.5Aでも旧型LERXが確認できるので、この記述は誤りとなるのだが、後期生産機から導入されたとしか言えないのが辛いところではある。

 また過度期的な例として、旧型LERXの後端部を上方に曲げて、主翼のインテイク部分に開口部を設けたのに加え、上面にも小型インテイクを新設している機体が複数が確認できる。これに関する記述はないので詳細は不明なのだが、そのような機体も存在したと考えられたい。

 いずれにせよGR.7は、34機の新規生産機を除くといずれもGR.5とGR.5Aからの改造機であり、初期生産機からの改修機では旧型LERXが装着されているのに対し、GR.7の新造機とGR.5、5A後期生産機からの改修機では、新型LERXを装着していることになる。またGR.9はすべてGR.7からの改修機で、LERXもGR.7の変化に準じている。

 コクピットは、このスケールではまず十分なものだが、射出座席がイギリス仕様のマーチンベーカーMk12ではなく、海兵隊仕様のステンセルSEU3/Aがそのまま流用されている。形状は似ているものの全く別物なので、気になる方は別売シートへの変更を勧めたい。

 また主計器盤のデカールは、GR.7で採用された右側のMFDが再現されておらず、これまた修正が必要となる。まあさほど見えるという部分ではないので、無視してもよいのだが…。(以下次回)

 
もっと事実を知ろうぜ
 更新が遅れた相すまぬ。先月半ばにWi-Fi月間使用量が制限を超えたので、6月1日までインターネット環境が使用不可となってしまい、使えるようになっても今一つ気分が乗らず、ようやく今日11日に更新しようと書き出した次第。

 梅雨入りしたとたんに晴れが続きしかも暑く、一瞬昨夜は空調を入れようかとも考えたのだが、これはさすがに思いとどまった。今日は朝からさほどの温度ではないので、窓を全開していれば十分涼しく感じるほどだ。ありがたいことだな。

 しかし最近のド腐れ野郎安倍と、その詐欺政権の出鱈目さはいったいなんだ。安倍の金魚の糞を嬉々として演じている茶坊主野郎菅が、怪文書といった文章がようやく再調査されることになったが、これって詐欺を犯した詐欺犯人が、それを自分で調査すると同じじゃないか。単なるポーズ以外何物でもないぞ。

 しかも国民が望んでいるのは文章自体の有無ではなく、ド腐れ野郎が誰が見ても友達オペレーションが明らかな、加計学園の獣医学科新設に関する行政の公平さ追及であるにも関わらず、問題を文章の存在にすり替えて後は国会閉幕でうやむやにしようとする、その根性の汚さが問題なんだよ。

 ド腐れ野郎はそんな事実はないといいやがったが、こいつは根っからの嘘つき野郎なので、それは嘘だと自分で言ったのと何ら変わらないぞ。さらに茶坊主野郎の菅は、すでに御用新聞化している読売新聞を使い前川前文科省次官の私生活をリークし、さらにそれを公式会見の場で抜かすことで誹謗中傷しやがった。

 これは人間性を貶めることで、その証言自体が信頼できないという手法であり、印象操作以外の何物でもないだろう。にもかかわらずド腐れ野郎は、質問に対して印象操作をしていると平気で抜かしたが、情報操作や印象操作を以前からしているのは手前らのほうだろうが。だいたい野党の質問に対して、全く答弁していないじゃないか。にもかかわらずヤジを飛ばす首相って、いったい何なんだ。

 これは大戦前のナチスが好んで使った手法であり、詐欺政権がもはやナチスと何ら変わるものではないことを如実に示す好例であろう。あれだけ好き放題に言い放った茶坊主野郎菅は、今度は文科省の問題だとこれまたすり替えをして、自分は関係ないという姿勢を採るに至り、何とも潔さに欠ける政治屋であることを自ら漏斗した。これでもまた自民党を支持するというのだから、日本国民は三等国民と言って全く問題はあるまい。

 さて今回は、最近数日にわたって夜中に比較的新しいハリアーの本を読んでいたら、なぜかイギリス空軍のハリアーGR.7をいじりたくなり、駿河屋で安かったこともあって注文した。というわけで、購入したハセガワのキットを見てみることにしよう。

GR.7 悲しいかなこのキットは全体形に難があり、一部の合いにも問題があるのだが、イタレリやエアフィックスを作るというのはさらなる手間を必要とするのは必至なので、このキットを選択したのだ。まあ妥当なところではあるな。

 ハセガワのキットは、アメリカ海兵隊のAV-8BとAV-8B(NA)、AB-8B+、そしてイギリス空軍のハリアーGR.5、GR.7との型式分けが当初から考えられており、このためイギリス・バージョンの製作に際しては一部に外見的な修正を必要とするのだが、ここではそれらに主眼をおいて記述を進めたい。

 まあ夜中に本を読んでいただけのことはあって、今まで知らなかった、というより知ろうとはしていなかったイギリス空軍向けのハリアーIIのディテールが解り、これはこれで良いことではあろう。(以下次回)
MITSUBISHI T-2/F-1
 今日は朝から仕事が入ったので、奮起して昼前には無事終わらせた。今日は図書館に本を返しに行くため久々にチトカラるのだが、今日はいつもの福屋ではなく、駅前の「なんで屋」で友人と呑むことにする。これはタクシー代の節約だな。

 昔「なんで屋」は、揚げたての串カツが売りだったのだが、最近では串カツはセットのみとなってしまい、その意味では少々寂しくなったのは否めない。しかし刺身やトンペイ焼きなどがあるので、それはそれで十分楽しめることができるのだ。

 オヤジは料理番組が好きで、ほとんどの番組を見ているのだが、その中にNHKの「あさいち」の中で放映される「解決ごはん」という番組がある。この番組の女性アシスタントが、駒村多恵といい、知っている人も多いと思うぞ。

 オヤジがお気にの、日本TVのアナウンサー水トちゃんが少々年をとったらこうなるのかなという雰囲気で、結構好きなのだこれが。しかしオヤジはまったく知らなかったんだが、実は彼女元アイドルとしてデビューし、何枚かCDも出しているのだ。さすが元アイドルだけあって、今でも十分可愛いゾ。オヤジの目では、不細工な藤田ニコルや大味すぎるアン・ミカなどよりは、なんぼかよいのだ。

T-2/F-1写真集 さて今回は、最近ホビージャパンが刊行を開始した航空自衛隊写真集シリーズ第2弾の、「MITSUBISHI T-2/F-1」を紹介しよう。いずれもすでに退役して久しいが、国産初の超音速機として時代を作り上げた機体でもある。

 本自体が大判なのに加えて、写真も大サイズで掲載されているので迫力溢れる仕上がりだ。ディテールなど1/4程度はモノクロ写真だが大半はカラーで、3ページのカラー側面図と4ページの飛行隊パッチも用意されている。

 また両機ともに飛行隊創立の記念塗装とマーキング、そしてF-1は戦技競技会向けのスペシャル塗装が多いことでも知られるが、本書ではこれらをカラー写真で紹介しており、前述したディテール写真と併せてモデラーに役立つことは間違いない。

 現在では1/72、1/48ともに秀作キットが流通しているので、これを機会に今は姿を消した日本の翼を、机上に再現するというのも一興だろう。その際には本車が恰好の資料となること請け合いだ。お勧めの一冊ではあるな。
フライト・マニュアルのサイト
 昨日は雨で、今日14日も曇りと少々憂鬱な一日だ。特に仕事もないので、例のごとくブログを書いている次第。こうやって日がなダラダラしてから、4時になったら呑みタイムという、実に非建設的な毎日を無為に過ごしている。

 まあ映画と読む本には困ることはなく、昨日はオスプレイ・エアコンバットのEE.ライトニングを、今日はシャクルトン・アットウォーをペラペラと読んでいるのだ。もちろん新作のターザンや、バットマンVSスーパーマンも見たぞ。

 そんなこんなでのんびりしていたため、昨日は冷凍庫から肉を冷蔵庫に移すのを忘れてしまい、今日は缶詰と豆腐、そしてキャベツと白菜を使ってつまみ兼夕食を作らなければならなくなった。あっ、あと卵とカニカマもあるので、インチキカニ玉でも作ろうか。

 しかし世の中には奇特な人がいるもので、ネットサーフィンをしていたらマクドネル・ダグラスで40年仕事をした航空技術者のサイトを発見した。すでに多くの人が知っているサイトだろうと思われるのだが、恥ずかしながらオヤジは初めて知ったのだ。

 このサイトは戦後アメリカ空、海軍機のフライト・マニュアルを中心として収めており、PDFファイルの形でダウンロードしてHDDに保存できるという、とてもありがたいものなのだ。

 そのためには、数百ページあるマニュアルをスキャンするという膨大な手間を必要とするのだが、それを無償で提供してくれるというのには本当に頭が下がる。おかげでオヤジは60冊以上のマニュアルを入手したぞ。

 すでに退役した機体ばかりだが、それでもF-14DやF-15E、そして現用のEF-18Gもあり、わずかではあるがストラクチャー修復マニュアルもあって、これはイラストが豊富なのでモデラーには何かと役立とう。そのタイトルを記載しておくので、是非ご覧いただきたい。Aviation archives